« 美しい沖縄の海に滑走路はいらない | トップページ | 教科書特殊指定廃止 »

2006.04.11

市場化テスト

ここにきて注目を浴びてきたのが市場化テスト(官民競争入札)
市場化テストと言う耳慣れない言葉に対して規制改革・民間開放推進会議は次の様に定義します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
これまで「官」が独占してきた「公共サービス」について、「官」と「民」が対等な立場で競争入札に参加し、価格・質の両面で最も優れた者が、そのサービスの提供を担っていくこととする制度です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
つまり、
公共サービスの担い手を、民間に開放して競争入札で決めるという法案です。
競争入札による「不断の見直し」を通じ、行政が行う必要のないものは「廃止する」と基本理念で謳い、公共サービスを切り捨てようとする法案。
知らないうちにドンドン公共サービスが切り捨てられていきそうです。
法案では、行政機関と民間事業者の間で、また、民間事業者の間で競争を行い、「質の維持向上と経費削減」を図ると言っています。
つまり競争原理が先に来ています。
質の向上を図るというが、そうすれば経費は上がり、経費が削減されれば質は落ちる。
しかし民間に競争、競争させて質も経費も維持するとなれば、
そのしわ寄せは当然、その民間企業で働く労働者にきます。
行政サービスや公共サービスに民間が入り、競争させて得をするのは断然競争に勝った企業だけです。
決して、住民も労働者もハッピーにはなりません。
それどころか、公共サービスと言われていたものが民間の手に渡ることで、それはもう公共だはなくなり、誰もが公平にサービスを受けることは出来なくなります。
「お金」のみが幅を利かせます。
と、言うのも実は、法案の基本理念や国、自治体、民間事業者の責務の、どこをさがしても
「福祉の増進」と言う文言が出てきません。
命と健康、安全を守るという基準も当然ありません。
一方「競争」という言葉は150回以上(法案要綱)も出てくるのです。
また、責任の所在も曖昧になります。
国と自治体の責務の中に、国と自治体の「関与その他の規制を最小限のものとする」と明記しているだけです。
建築基準法の規制緩和がもたらした「罪」をついチョット前に私たちは見てきました。
それは政府の役人や政治家も同じです。
にもかかわらず、
市場化テスト導入の目的が、「民間のビジネスチャンスの拡大」にあると今も言っています。
平成18年度実施事業についてについてはハローワーク(公共職業安定所)関連と社会保険庁関連です。
現実には、ハローワークの事業を落札した企業には、人材派遣企業が並びました。
また、国民年金保険料の徴収業務では、なんと流通最大手系のクレジット会社が100%出資している企業が受託しています。
そして規制改革・民間開放推進会議が社会保険庁に意見を出しているのですが、
その内容は実に驚くべきものです。
〜〜国民年金保険料の徴収業務にあたり、「クレジットカードによる支払いの可能性を追求」するよう〜〜
おいおい、、、
クレジットカードで年金を払うというのかい???
ううう〜〜〜〜んんん。
そして法案でも、
国民年金保険料の徴収業務を信販会社ができる仕組み。その場合、延滞者に「カードでお支払いいただけます」と勧め、カードローンで支払わせることも法案では禁止されていません。
カードで保険料を支払えるようにする裏には勿論見え隠れするクレジット業界。
クレジットは大きな罠を持っています。
「つい買いすぎてしまう」と言う罠です。
また支払いが滞ったときの計り知れない利息も怖いものがあります。
そう言うわけで甘いクレジットにはみんな気をつけています。
実際、業界はみずからを「利息による利益を上げるビジネスをベースにして経営する企業であり、延滞者に対する債権回収管理業務はビジネスの最大の柱の一つだ」と堂々と言っています。
個人がクレジットに対して使用するしないは自由です。
しかし、今問題になっていることは、
公共料金や保険なども「カードで支払わせる」と言うことです。
そして今まで国や自治体の債権だったものが民間に移り、
高い金利で取り立てられる危険が増えると言うことです。

なんだか信じられない、、、
信じたくないような法案の提出が今国会で行われているのです。

勿論、民主党も大事なのかもしれませんが、
小泉さんの次の総理も大事かもしれませんが、
「国民」不在の政治とそれを煽るマスコミの裏で、
実は国民からたんまり取ろうとする法案が目白押しです。
しっかり、
しっかり、見ていかなければなりません。

|

« 美しい沖縄の海に滑走路はいらない | トップページ | 教科書特殊指定廃止 »

コメント

 頸椎捻挫と言ってましたが、針灸院、整形外科でも駄目で、やっとカイロプラテイックで原因が解りました。
 私は25年間筆文字を書いてましたので、右の肋骨が上がって頸椎を圧迫しているそうです。ですから、矯正によって直していけば元通りになるらしく、今後に希望が出てきました。
 少し腕の方が楽になってきましたので、何とかパソコンの前へ座って(マウスは左手ですが)、ボチボチやっていこうと思います。
 コメントはまた後ほど・・・・・。
 ご心配を掛けて申し訳ありません。ではまた。


投稿: hitoriyogari | 2006.04.11 17:22

hitoriyogari さん。
こんにちは。
コメント頂けてとても嬉しく思いました(^.^)

そうですか、、、、頚椎の圧迫ですか。
でも矯正で元に戻るとは、本当に良かった!!!
気持が楽になると体も軽くなりますね、、、
よかった、よかった。
ただご無理だけは決してなさらないように。
どうぞご自愛ください。
では、また。

投稿: せとともこ | 2006.04.12 15:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/9535346

この記事へのトラックバック一覧です: 市場化テスト:

« 美しい沖縄の海に滑走路はいらない | トップページ | 教科書特殊指定廃止 »