« 新自由主義と教育基本法 | トップページ | 教育基本法の精神 »

2006.04.13

教育基本法をもう一度

教育基本法をもう一度見てみましょう。
(教育の目的)
第1条 教育は、人格の完成をめざし、平和的な国家及び社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値をたつとび、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない。

つまり第1条に「教育の目的」を持ってきて、「人格の完成」を第一義にしています。
「個人の価値をたつとび」と続きます。
そして第2条に「教育の方針」が謳われます。

(教育の方針)
第2条 教育の目的は、あらゆる機会に、あらゆる場所において実現されなければならない。この目的を達成するためには、学問の自由を尊重し、実際生活に即し、自発的精神を養い、自他の敬愛と協力によって、文化の創造と発展に貢献するように努めなければならない。

教育に於ける「直接責任制」です。
主語は「我々」なのです。
行政による支配を禁止、教師、保護者、子どもによる教育への宣言です。
それはさらに第10条で明らかになります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(教育行政)
第10条 教育は、不当な支配に服することなく、国民全体に対し直接に責任を負って行われるべきものである。
2 教育行政は、この自覚のもとに、教育の目的を遂行するに必要な諸条件の整備確立を目標として行われなければならない。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
さて、
新自由主義教育改革において一番パージしたいものは、ズバリ
憲法13条です。
〜〜〜〜〜〜〜〜
第13条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
個人の尊厳が守られ、個人の幸福を求める権利を謳った13条。
この項目がなんとも邪魔な新自由主義にとって、
教育基本法も同じ理由でパージの対象です。
本音を隠して、
「学校崩壊」や「犯罪の低年齢化」、さらにはニート、学力問題、またライブドア事件などを
楯にして、教育基本法を攻めてきます。
しかし、もう一度言いますが、
教育基本法は、「規範」であって原理確認法です。
時々の計画行政の拠り所となる政策指針法ではありません。
基本法を政策指針法にひきずり下ろしたことに問題があるのであって、
基本法そのものにはなんら罪はありません。
それどころか、憲法と共に厳然と日本国民を照らす理念を謳っている誇り高い法律です。

|

« 新自由主義と教育基本法 | トップページ | 教育基本法の精神 »

コメント

こんばんわぁ
こちらをまたリンクさせてください。

投稿: かぜ | 2006.04.13 20:31

教育基本法は、憲法との関連で考えなければならないのではないかと思います。前文で「日本国憲法の精神に則り」と語っている教育基本法は、法律には珍しく理想を謳っているものだと思います。

理想というのは、現実には実現されていない・しかも実現が難しいものだからこそ「理想」と呼ばれます。憲法は、国家建設の理念を語るものですから、理想を掲げるにふさわしいものだと思います。

『国家の品格』では、理想を語るアメリカの憲法に対し、現実のアメリカが不平等であり、理想が実現されていないことを非難していました。これは現実の批判であれば当然ですが、現実に合わないから理想を下ろせというのは、本末転倒ではないかと思います。

憲法が現実に合わないのであれば、現実を批判すべきであって、理想を批判すべきではありません。もし理想が批判されるなら、それは理想としては弱いと判断されたときに批判されるべきでしょう。

教育基本法も、憲法と同じように、理想を掲げるところが、現実主義者にとっては気に入らないのではないかと思います。

ただ、法律は憲法と違って、理想だけを語るのは有効性を失いますから、理想実現のための具体的な手段はもっと盛り込んだ方がいいと思います。

「人格の完成をめざし、平和的な国家及び社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値をたつとび、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な国民の育成」を目指すなら、愛国心を押しつけてくるような、主体性を奪う教育は排除する、としなければなりません。

愛国心教育をしたい人たちは、現行の教育基本法の裏返しで、自分たちの理想を実現させたいということなのだと思います。だから、この争いは、どちらの理想の方が普遍的で全人類の平和と発展に寄与するかということではないかと思います。自らの国を愛するということが、独善的な方向に流れていかないかを議論しなければならないと思います。

投稿: | 2006.04.14 08:49

かぜさん。
秀さん。
こんにちは。
コメントありがとうございました。

なんだか世の中騒々しくなってきています。
後半国会の焦点とも言える憲法や教基法。
崖っぷちです。
なにしろ向こうは「数のある今のうちに、、、イケイケドンドン」です。
多くの、多くの人が知らされていない実態というのも無視できません。
なにしろマスコミは「乗っ取られている」のかと思うくらいこのニュースは伝えません。
私たちに出来ることは声を出すこと、と強く思う昨今です。
これからも書き続けたいと思います。
どうぞこれからも支えて下さいね(^.^)


かぜさん。
広島、、、、うううう↓↓↓です^^;
そうそう先日はナビスコ、清水戦でしたね。
ありがとうございました。
今度の日曜日は磐田です、、、、うわっ〜〜〜〜です。
清水は調子がいいですね。頑張って下さいね。
では、、、


秀さん。
>この争いは、どちらの理想の方が普遍的で全人類の平和と発展に寄与するかということではないかと思います。自らの国を愛するということが、独善的な方向に流れていかないかを議論しなければならないと思います。

全くその通りです。
未だ国民の間での討論議論はなされていません。ましてや納得はしていません。
それなのに、手続きだけドンドン進めていくやり方、本当に怖いです。
憲法にしても教基法にしてももっともっと話あい、国民の合意を得て欲しいものです。
まず知らされていない人々に伝えていくことから始めなければ、、、と思う私です。

投稿: せとともこ | 2006.04.14 17:35

私のココログ、4月14日号で教育基本法問題特集しました。
http://yamashika.cocolog-nifty.com/chiki/2006/04/post_06ee.html

投稿: 山中鹿次 | 2006.04.15 10:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/9566877

この記事へのトラックバック一覧です: 教育基本法をもう一度:

» 愛国心・アイデンティティー・忠誠心 [罵愚と話そう「日本からの発言」]
 “愛国心”の話題は、帰属意識の話題かと思う。自分が、どのグループに帰属しているのかの、アイデンティティーの問題といいかえてもいい。アイデンティティーに起因する帰属意識が、そのグループに対する忠誠心を生み出して、自己犠牲の精神や行動を引き出す、という製造工程をイメージすると理解しやすい。  『アイデンティティー → 帰属意識 → 忠誠心 → 自己犠牲』をモデルにして、危ういケースは、それが一世紀前の軍国主義の再来になってしまう恐れだ。国家への帰属意識が統治政権や統治するイデオロギーへの忠...... [続きを読む]

受信: 2006.04.14 04:31

» 教育基本法改正、「愛国心」条項に一言 [新・だんなの屋根裏部屋]
教育基本法改正案、「愛国心」をめぐる表現で自民党と公明党の主張が激突しましたが、 ようやく表現において与党内の合意がとれ、改正案が見えてきました。 私は、戦後の日本人には欠けているとしか思えない「国を...... [続きを読む]

受信: 2006.04.15 20:13

« 新自由主義と教育基本法 | トップページ | 教育基本法の精神 »