« 旧安保条約 | トップページ | 不思議 »

2006.04.28

SOS教基法

教育基本法改正案を閣議決定、継続審議の可能性もと言うニュースを読みながら私には、
もう永田町界隈が歪んで見えます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
政府は28日午前、教育基本法改正案を閣議決定した。午後、国会に提出する。改正案は「公共の精神」や「伝統と文化」を尊重する態度を身につけることを求めており、審議の焦点は、いわゆる「愛国心」の表現や、教育における「不当な支配」の排除に関する条文などだ。小泉首相は6月18日までの会期を延長しない考えを示しており、与党は会期内の成立をめざす。だが、与野党が対立する争点を含む重要法案だけに審議が長引くことが予想され、会期を延長してでも成立させるか、継続審議とするか、国会の最終局面まで調整が続くことになりそうだ。

(上記ニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

自民党は特別委員会の委員長に、森山真弓元文相をすえる方針。
森山真弓さんねぇえ〜〜〜〜
思い出すのはやはりあの言葉かぁ、、、
「死刑は日本の文化」
その他女性の権利に関する法律の数々にもか関わってきた森山さん。これに関しては今回はここでは述べません。
さて、その他にはあの森喜朗前首相がいます。
モリさんねぇ〜〜〜
なんともはや。
教育勅語の“復活”を主張している方です。
 
ところで、以前もここで書きましたが、
教基法が改正、愛国心が、、、云々と巷には流れるのですが、
その本当のところは知られていない、という現実をしっかり把握しなければなりません。
検討会はマスコミにも一切非公開。
議案書は毎回すべて回収。
「一つひとつ議論の中身が外に出て行くと、ハチの巣をつついたような騒ぎになって望ましくない」(馳浩文科副大臣)というのがその理由。
これってどういうこと???
ハチの巣をつついたような騒ぎ???
うううう=====んんん。
つまり、
つまり、
自ら、この改正が本来の民主主義教育と相容れないものであることを露呈しているモノと言えます。
実は、こうした密室協議は与党内でも不協和音を出しています。
改憲右派団体の日本会議と連携する国会議員らの中には、「公明党に妥協しすぎだ」などの不満の声が依然くすぶっているということです。
国民もかやの外。
議員もかやの外。
では誰が知っているのか?
誰の思惑で進んでいるのか???
いずれにしても次代の子どもたちに譲るものには今の私たちが責任あるという事をしっかりと認識して、
今後の動き、と言っても緊急に見ていく必要があります。
聞こえてくる。
教基法の叫びが、、、


以前の記事の一部です。
お時間がありましたらご覧ください。
教育基本法をもう一度
教育基本法の精神
科学教育と教育基本法

|

« 旧安保条約 | トップページ | 不思議 »

コメント

最近の情勢はファシズム指向のようです。

与党のリーダーが「自民党をブッつぶす」と大衆に迎合したようなことを言って票を掠め取る。

映像、テレビ等をふんだんに使い感性的、扇情的に人々を誘導し、人々の理性を眠らせるような愚民化政策を強めて来ている。

一応、形だけ民主主義を取りながら議会では多数という暴力で、論議もそこそこに、国民を抑圧する法律を矢継ぎ早にゴリ押しし作って来ている。

抗議したり、反対する者達には、強大な権力と莫大な金を使って硬軟両用の抑圧手口を使って攻撃を加えて来ている。

特に国民の先頭に立って闘っている人達には謀略、懐柔、デマ宣伝も含めて、ありとあらゆる非人間的なやり口を辞さず、激しく襲いかかって来ている。

一人一人の主権者がその存在意義を掛け値なく厳粛に問われる時代に突入したのではないでしょうか。自分の未来は国民の未来として、国民の未来は自分の未来として、お互いが力を合わせて切り開く以外には無いように思えて来ました。

投稿: hamham | 2006.04.30 20:48

hamham さん。
コメントありがとうございました。
本当に仰る通りだと思います。
きな臭く、きな臭くなってきました。
それも可成露骨に。
昨年の総選挙の結果がここまで酷いモノなろうとは、、、
と、言っても今更後戻りできません。
>自分の未来は国民の未来として、国民の未来は自分の未来として、お互いが力を合わせて切り開く以外には無いように思えて来ました。

本当にそうだと思います。
一人の力は弱いけれど、、、
多くの方がいる、ということは心強いものがあります。
どうぞ、これからも宜しくお願いいたします。

ところで金比羅様のエントリー、楽しく拝見いたしました。
私は残念ながらまだ行ったことがないのですが、
機会があれば行ってみたいと思いました。
では、、また。

投稿: せとともこ | 2006.05.01 16:33

>機会があれば行ってみたいと思いました。

お勧めします。新緑に響くホーホケキョという囀りが未だ耳元で聞こえるようです。

また、社の境内には等身大のお馬さんの像もありました。皆さん自分の患部をさそり、その手でお馬さんをなぞっておりました。 ご利益があって癒えるそうです。

周囲の人達のマインド・コントロールで私もお頭の天辺をさそってお馬さんの頭をなでました。

いくらか増しなお頭になれるかと。境内には鹿が居なかったのでご利益はあるかもです。

投稿: hamham | 2006.05.01 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/9800158

この記事へのトラックバック一覧です: SOS教基法:

» 続・安倍晋三氏がハチマキ姿で主張する愛国心の中身は? <教育の憲法に「愛国心」は必要なのか?(3)> [日本がアブナイ!]
<前の記事のつづきです。>  安倍氏は、日本の教育改革に熱心な議員である。  04年に長崎県佐世保市の小6女児同級生殺害事件があった時にも、「大変残念な事件が あった。大切なのは教育だ。子供たちに命の大切さを教え、私たちが生まれたこの国、この 郷土のすばらしさを教えてゆくことが大切だ」とコメントした。  今年、ライブドア事件が発覚した際には「ライブドア事件の原因は規制緩和と言われるが、 (お金が全てとか損得を優先する)教育が悪いからだ。教育基本法改正案を出したい」と 語っている... [続きを読む]

受信: 2006.04.28 15:11

» ブロードバンド長屋----愛国心床屋政談 [とりあえず]
八 「ご隠居、何だか今度教育基本法ってえやつで愛国心が定められそうなんですって?」 ご隠居 「そうなんだ、いやなご時世になったもんだよ」 熊 「え、国を愛しちゃいけないんですかい」 ご隠居 「熊さん、あんた頭悪いか性格悪いかネット右翼のどれかだね」 八 「ご隠居、こいつネット右翼だから頭悪くて性格悪いんすよ」 ご隠居 「なるほど」熊 「ちょっと、感心しないでくださいよ。なにが問題なんっすか」 八 「熊さん、だから、ご隠居は『愛しちゃ悪い』とは一言も言ってないのさ、それを話の腰を折るためだ... [続きを読む]

受信: 2006.04.28 22:44

» マッチ・ポンプ [ブログ blog で 情報交換]
教育基本法改正案が閣議決定されました。 この間与党検討会は秘密裏に作業を進めて来 [続きを読む]

受信: 2006.04.28 23:14

» 改革競争という言葉、その幼児性 [時事放談22 By半平太]
幼稚園の頃、先生がよく「じゃあ、先生と競争しようか」と言った。幼稚園児だったから、がんばって競争した。小学校も高学年になると、先生はそういうことは言わなくなった。中学の部活の先生も「人との競争ではない。自分と競争するんだ」とよく言った。まあ、これ、中学の部活顧問の定番のセリフだよね。 高校に入ると倫理の先生から「競争という行為の意味について、その利点と欠点を考慮し、あなたの考えを述べなさい」とか�... [続きを読む]

受信: 2006.04.28 23:40

« 旧安保条約 | トップページ | 不思議 »