« 国民投票法案 国会へ? | トップページ | たのしみは、、、 »

2006.05.24

衆議院教基法特別委員会

首相「小学校で愛国心評価は不要」 教育基本法改正審議と言うニュースが先ほど出ました。
ネットニュースは期間限定なので、いつものように原文ままで、まずは掲載します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
教育基本法改正案をめぐる衆院特別委員会の質疑が24日始まった。小泉首相は、「教育の目標」に掲げられた「我が国と郷土を愛する態度」に関する児童生徒の評価について「小学生に愛国心があるかどうか評価する必要はない」と述べ、小学校教育で児童に愛国心の評価を求めない考えを示した。保坂展人氏(社民)の質問に答えた。
また、志位和夫氏(共産)が「愛国心」を3段階で評価する小学校の通知票を例示したのに対し、首相は「こういうことで評価するのは難しい。こういう項目は持たないでいいのでは」とも語った。
民主党は審議の冒頭、対案の日本国教育基本法案の趣旨説明を行った。首相は「個別の問題について(与党と民主党で)話し合って慎重に審議を進めていけば、十分今国会で成立が可能だ」と強調。さらに、「我々は第2次世界大戦の反省を踏まえて平和国家として発展し、(改正案でも)他国との協調姿勢をはっきりと打ち出している。戦争に駆り立てようという法律だというのは曲解ではないか」とも述べた。河村建夫氏(自民)の質問に答えた。
一方、公明党に配慮して政府案に「宗教的な情操教育」が盛り込まれなかった点を松本剛明氏(民主)がただしたのに対し、安倍官房長官は「主要宗教の歴史や特色、分布、地域など、教育上尊重すべきことを明確に規定した。宗教の持つ意義、重要性などをしっかりと子どもたちに教えることで、宗教的情操心の大切さについての理解を深めていく」と答えた。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私は午前中は出掛けていたので、午後から衆議院特別委員会のテレビ録画を見ました。
共産党の志位さんが福岡市の通知票で以前「愛国心」を三段階に評価していたが、関係者の反対で一年で反故にされた例を示しながら、小泉さんにこの背景について説明しながら質問。
「2002年、中教審答申で愛国心が盛りこまれ結果このような通知票ができた。
今、教基法で法律として愛国心を盛り込むなら更に”愛国心”は評価の対象になるがどうか?」
これに対して、相変わらずの小泉さん。
「ええええ〜〜〜〜〜〜
私も通知票を見たのは、何年前だろう???
50年?いや60年???」
とトボケから始まる(孝太郎クンの通知票見ていたわきゃないか)
次に小泉さん。
「いや、、難しいことが書いてありますね〜〜〜〜」
と、言いようやく愛国心を通知票で評価することはおかしいと述べました。

また、社民党の保坂さんに対してはタップリのジェスチャー入りで「しつけ」について語られました。
「ご飯を食べるときはクチャクチャ音をたてない。
、、、、、こうしたことは法律では書くことが出来ないが、ちゃんとした教師がいれば教えることが出来る。」と。
そして、問題の愛国心については小学校で教える必要はない。と言われました。
小泉さん、今日も教育問題が出ると大好きなあの言葉。
そう「公私相半ば」
を連発なさり、とても気持ちよさそうでした〜〜〜〜


さてさて、それはさておき問題の愛国心。
小泉さんはこのように述べているが、
改正教基法には、(教育の目標)第二条 第5で、
〜〜伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛するとともに、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと。 〜〜と明文化されています。

結局、小泉さんの今回の国会での発言も、
教基法通過のための方便なのか、、、
とにかく、今国会でなんとしても成立を目論んでいる政府、与党。
その背景は、
ここでも、何回も、なんかいも、書いていますが憲法改正との大きな関わりがあることは論を待ちません。

愛国心表記だけでなく教育が政治によって蹂躙される時代がこないために、
今、しっかりと見ていく必要があります。

今までも教基法にはこだわり続けていますが、今日は以前の記事で、とくに新自由主義と教基法、
科学教育と教基法について考察を加えた記事を以下に掲載しておきます。
お時間がございましたらご覧ください。
新自由主義と教育基本法
新自由主義と教育基本法 その2
新自由主義と教育基本法 その3

科学教育と教育基本法
科学教育と教育基本法 その2
科学教育と教育基本法 その3

|

« 国民投票法案 国会へ? | トップページ | たのしみは、、、 »

コメント

素晴らしい。
勉強になりました。
小泉首相は阿呆ですね。

投稿: とんち | 2006.05.24 19:24

とんちさん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。

本当に、小泉さんには困ったものです^^;
アメリカの○○とか、独○者とか色々言われていますが、
国民まで巻き込んで欲しくありません。
今後もしっかり見ていきたいと思います。
またご意見お聞かせくださいね。
では、、、また。

投稿: せとともこ | 2006.05.25 15:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/10220174

この記事へのトラックバック一覧です: 衆議院教基法特別委員会:

» 共謀罪13 [喜八ログ]
最近の幣ブログは「共謀罪反対!」一色に染まっています。 「すっかり『政治評論系ブログ』になってしまったなあ」という忸怩たる思いがあります。 もともと私(喜八)は典型的な「無党派ノンポリ」です。 この「喜八ログ」でも、政治に関することはほとんど書いてきませんでした。 ずっと以前から「政治には...... [続きを読む]

受信: 2006.05.24 20:43

» どうころんでもこんなヤツらの論説はイヤだ。 [薫のハムニダ日記]
5月16日のエントリーで「腐れ純潔カルトが喜ぶ教育基本法改○なんぞイヤじゃ~」(←ワタクシ的要約)を書きましたが、その腐れカルト新聞の今日の社説もかなりシビレる内容でした。題して『福井過激図書 / バランスのとれた選定を』だ、そうです。これは先月、福井県生活学習館からフェミニズムに関する書籍が150冊撤去されたという事件に関するものです。他のメディアではあまり取り上げられなかったのですが、さすが腐れカルトの世界日報。その後どうなったのかまで報道してくれています。 これらの本を撤去するように求めた勢... [続きを読む]

受信: 2006.05.25 16:21

» 小泉首相は変えなくていいって言ってると思う。 [お玉おばさんでもわかる政治のお話]
爆笑問題の「太田光さん」が今朝の朝日新聞に「法で愛国心と書かれても、心までは書き換えられない」とお話の最後に言われてました。法律に書かれたからといって、学校で教えてもその通りに育つかというと、そうではない、「自分が自分だと思う自由は絶対に侵害されないと....... [続きを読む]

受信: 2006.05.25 20:59

» 日本は国連勧告を無視して、国立大学の学費を上げ続けている?! +α [日本がアブナイ!]
 小泉首相の訪米日程が決まったそうだ。6月27~7月1日にカナダと米国を訪問 するとのこと。首相は6月29日にブッシュ大統領との首脳会談と晩さん会に臨み、 30日に大ファンのエルビス・プレスリーゆかりのメンフィスを二人で訪れる。  またワシントンからテネシー州メンフィスへの移動に際して、米大統領専用機エア フォース・ワンにブッシュ大統領と乗り込む方向で米側と調整していることが分かった。 外務省によると、エアフォース・ワンに外国首脳が乗るのは極めて異例。9月退陣を 控える首相を大統領が破格... [続きを読む]

受信: 2006.05.27 11:03

» 世界でもサイテ~の教育政策で、日本は金持ちしか専門職につけず、ボロボロの国になるかも?! [日本がアブナイ!]
 今回は、前記事のつづきをアップするのだが・・・。 当初は2~3回に分けてアップする予定だったものを一気にアップすることにしたので おそろしく長い記事になってしまった。(-_-;)  興味を抱いて下さった方は、どうか疲れない程度に、何回かに分けて読んで下されば 幸いである。m(__)m  前回のおさらいを少しすると・・・  日本政府は、79年から国連の社会権規約に締結しているが、「(大学などの)高等 教育を漸次(だんだんと)無償化する」という条項は「留保」し(合意せず)、01年... [続きを読む]

受信: 2006.05.27 11:21

« 国民投票法案 国会へ? | トップページ | たのしみは、、、 »