« 葵祭 | トップページ | 改正入管法 »

2006.05.16

終盤国会

与党、国民投票法案提出へ 民主は独自案提出の方針と言うニュース。
教育基本法、16日から審議 民主党案に与党動揺と言うニュース。
そして共謀罪。

終盤国会はなにやら慌ただしく、そしてきな臭い。
どれを見ても、将来に禍根を残すものばかり。
その危険性については次第に人の知るところとなり、
少しづつ連帯の輪は広がり、
あちこちで「反対声明」が上がり始めています。

私は2年前、モルガンの人間のしるしについて以下のように書いています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ナチスの占領下にあって、
パリで非合法の文学新聞「フランス文学」を発行しつづけた
クロード・モルガンの本「人間のしるし」。
この本は
彼がドイツの収容所で捕虜となった1941年から、
その体験をつづった手記です。
モルガンはこの中で、
人間に対しての深い洞察を加えながら、
「人間というものは、愛すべきものである、、、」
と淡々と、しかも熱く
書き綴っています。
フランス・レジスタンスの特徴の一つは、
ファシズムに対しての抵抗も
もちろんですが、「文化のため、文学のため、小説のため、詩
のため」に多くの知識人が結集したというところです。
まさに「言論の自由」を求めて生命さえかけたのです。
モルガンは自らの体験を通して
「戦争とは人間の尊厳を奪うものである」
と言っています。
本来は自由で闊達で、
楽天的で陽気な人間たちをして、
その尊厳を奪い、
貶めていく「戦争」というもの本質をズバリ書いています。
訳者の石川湧さんは後書きで次のように書かれています。
「ユマニテ共通の敵ナチ主義の亡霊が、
衣装を着替えて再現する気配のただならぬ今、
モルガンの果たす役割はますます大きいものがあるばかりでなく、
われわれの日本においても、
かれらの態度に学ぶべきところがすくなくはあるまい。」と。
この文を書いたのはなんと1951年、今から50年以上前のことです。

だが、しかし、
いま、私たちがむきあっている現実はさらに深刻で深い。
2004年の世界にはいろんな亡霊が跳梁跋扈している。
ある時はやさしく、みみもとで囁き、
またある時はむき出しにした欲望を振り回して、
「戦争」という亡霊が私たち人間の尊厳を少しづつ蝕んでいる、、、

そんな気がしてなりません。
(二年前の記事より)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
そして同じ日、仁義なき国会が幕開けと言うタイトルで今では誰も言わなくなった「年金未納問題」について書いています。
仁義なき国会かぁ、、、
ならば、2006年の終盤国会は、なんとしよう?
とりあえず のluxemburgさんは「シロアリ国家」とこの国を言う。
ならば、国会は「積み木国会」かぁ、、、
こうして過去の記事を見ると、この二年間で、日本は深刻な事態がヒタヒタと押し寄せてきていることを感じます。
積み木のように積まれ、いつガタガタになってもおかしくない国会の一部がきな臭く燃えている。
そして
国はシロアリに蝕ばまれ始めている、、、


今、本当に大きな声を出す時期がやってきました。

今です。
声を出すのは!!!

私は日本を愛している。
豊かな瑞穂のこの国を。
そして未来に続く者たちを!!!

|

« 葵祭 | トップページ | 改正入管法 »

コメント

はじめまして、本文で取り上げていただいて光栄です。
安心して暮らせる家を私たちが作らなければなりませんね。そうすれば強制されなくても自然にその家に対する愛着もわきますね。

投稿: luxemburg | 2006.05.16 22:46

luxemburgさん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。

鋭い知性としなやかな感性が自ずと伝わってくるluxemburgさんのブログはいつも楽しく拝見しています。
また多くの方との連帯のセンターとしてご活躍なさっている由、素敵だなと感じています。
今後、もっとももっと重要で最悪な法案がでてくると思いますが、お互いに励まし支えあって行きましょうね。
これからも宜しくお願いいたします。
では、、、また。

投稿: せとともこ | 2006.05.17 15:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/10097233

この記事へのトラックバック一覧です: 終盤国会:

» 【「超」監視国家・日本】外国人に指紋登録を義務付けるための入管難民法<改悪>案−17日に参議院で可決、成立へ [ある国際人権派の雑食系ブログ]
「共謀罪・コンピュータ監視法案」の影に隠れがちですが、当ブログでもその問題性を度々取りあげてきた特別永住者を除く全ての来日・定住外国人に生体情報(指紋情報)の登録を義務付けるための入管難民法の改定案が、明日にも与党の賛成多数によって参議院を通過、法案成立の....... [続きを読む]

受信: 2006.05.16 16:46

» 【「超」監視国家・日本】外国人に指紋登録を義務付けるための入管難民法<改悪>案−17日に参議院で可決、成立へ [ある国際人権派の雑食系ブログ]
「共謀罪・コンピュータ監視法案」の影に隠れがちですが、当ブログでもその問題性を度々取りあげてきた特別永住者を除く全ての来日・定住外国人に生体情報(指紋情報)の登録を義務付けるための入管難民法の改定案が、明日にも与党の賛成多数によって参議院を通過、法案成立の....... [続きを読む]

受信: 2006.05.16 16:47

» 民主党の教育基本法改正の対案(前文)にガッカリ [日本がアブナイ!]
16日10時 民主党対案に対する自民党その他の反応に関する記事を追記  16日から教育基本法改正を審議するために新たに設けられた衆院の特別委員会が開かれる ことになった。 そこで与党案に対抗するための改正案を出すために、民主党が教育基本法案を 作成し、発表した。<後掲>   あくまで個人的な感想だが、与党案に負けず劣らず教育勅語っぽい印象を受ける部分も 少なからずあり、正直なところ、少しガッカリさせられた。率直な話「ダメだこりゃ」(/-\)と思った。 <特に「日本を愛する心を涵養(か... [続きを読む]

受信: 2006.05.16 17:12

» 国民投票法案の対案の提示が今されない意味 [我思うゆえに、割れあり]
与党が法案を提出すること以前に、法案そのものがあり、それを認めないのならばその時点で民主党は対案を示すべきだ。 [続きを読む]

受信: 2006.05.16 18:15

» なるほど、キムタクの「目」で語る憲法論か [江戸摩呂日記]
朝日新聞(夕刊) 2006年(平成18年)5月2日(火曜日)7面 田村理(憲法学者)「キムタクの『目』と憲法」 ? もはや懐かしのドラマとならはった感のあるキムタクが検事の役で主演したドラマ「HERO」。このドラマが「権力を持つ者はすべてそれを濫用する傾向がある... [続きを読む]

受信: 2006.05.16 18:41

» 共謀を でっちあげとは こうやるの [とりあえず]
 最近何も考えてないので、読朝る毎ブロガー同盟員として、東京新聞でも持ち上げよう。最初タイトルは「東京新聞から」だったが、やはりここは川柳にするためタイトル変更 ◆ 共謀罪 広がる反対(東京新聞5月12日) 戦前、横浜事件で雑誌編集者だった木村亨さん(故人)が、「非合法な共産党再建準備会結成」とされ治安維持法違反で有罪とされた、その証拠は知人の郷里に招待されたときのスナップ写真という記事。東京新聞はなかなか頑張っている。  共謀をでっち上げるというのはこうやるという見本のような事件だが、今年... [続きを読む]

受信: 2006.05.16 23:04

» 共謀罪法が成立するとこうなる〜イギリスの現状 [★遊牧民★のメディア棒読み!]
★遊牧民★です。 共謀罪法がすでに成立施行されているイギリスの現状です。 以下、きくちゆみさんからのメールを転載します。 【以下転載】 さて、共謀罪がすでに成立したイギリスではとんでもないことが起きて いるのを、イギリスにいる友人から教えてもらいました。ご本人の了承 を得て、転送します。 日本はどうなるでしょう。 やはり、共謀罪法案は廃案にしないとまずいのでは? (共謀罪がなくても、反... [続きを読む]

受信: 2006.05.17 02:41

» 東京で共謀しまくり! [BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」]
div align=centera href=http://henrryd6.blog24.fc2.com/ target=_blankimg src=http://www.geocities.jp/henrry_d6/kyoubouzai.gif alt=つぶせ!共謀罪アニメGIF border=&qu [続きを読む]

受信: 2006.05.17 07:10

» あっちを立てれば、こっちが立たない教育基本法? [塾講師が考える教育NEWS]
本日より、教育基本法改正案の審議が始まりました。民主党の改正案は自民党案では踏み込めなかった愛国心や宗教教育に関して、ハッキリとした文言を入れる一方で、日教組が都合よく解釈し、悪用?していた不当な支配に服することなく・・・の一文を削除するなど、対決姿勢を表しているようです。まずは、どういった審議になるのか注目したいと思います。過去の公教育において何が悪く、何が良かったのか、という反省とどういう... [続きを読む]

受信: 2006.05.17 10:38

« 葵祭 | トップページ | 改正入管法 »