« アメリカ経済の進むべき道 | トップページ | 刑事立法 »

2006.05.08

お知らせ

ブログ仲間のとほほさんからトラックバックを頂きました。
内容は以下のとおりです。
〜〜〜〜〜〜〜〜
「南京への道」・史実を守る会(以下、守る会)では、このほど南京事件の加害側証言として幕府山捕虜大量虐殺に関する貴重な証言を行った栗原利一氏の当時の戦闘記録やスケッチなどのマイクロフィル化およびCD化を記念し発表会を兼ねた【歴史問題ネットワーカーと反小泉・護憲運動ブロガーの集い。】を「南京への道、朝日文庫」の著者本多勝一氏を交えて行います。

守る会は、日中戦争史に関する大変重要な情報と資料を収集し発信し続けてきたジャーナリスト本多勝一氏が、百人斬り競争と称する南京大虐殺の際に行われた事件を、その著書「南京への道」の中で日本社会に紹介し衝撃を与えたことはご周知のとおりですが、それをあろう事か南京虐殺をなかったことにしようとする右派勢力の卑猥な攻撃にあい名誉既存で訴えられたのを機に支援組織として発足した会です。
http://jijitu.com/

今回新たに発表される資料も「南京への道」で紹介された証言を裏付けるものとして公開を支援します。
(抜粋)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「南京」問題。
つい先頃の歴史ながら、未だに双方の決着をみていない歴史問題。
私もとても興味あるテーマです。
個人的には参加したいと思いつつ、時間的、物理的には今回は無理です。
東京近辺にお住まいの方、あるいは遠方でも可能な方は是非、参加下さい。
討論を深める中で、新しい発見があるものと思います。
その折は是非、私にもお教え頂けたら嬉しく思います。

|

« アメリカ経済の進むべき道 | トップページ | 刑事立法 »

コメント

こちらからの勝手なTBをエントリーで紹介していただきありがとうございます。m(__)m

このエントリーをご覧になった方で参加可能な方は是非ご連絡ください(^.^)
瀬戸智子さんのブログはいつも楽しみに拝見してます。今後のご健筆をお祈りします。

また史実を守る会では「会員」と「賛同者」も募っています。ご賛同いただける方は
http://t-t-japan.com/~honkatsu_suport/signature/
からも賛同表明できますのでよろしければお願いします(^^ゞ

投稿: とほほ | 2006.05.08 15:01

私も大阪の人間なんで
東京には無理なんですが、とても興味というか
必要な問題だと思っています・・・。
良かったらまたお邪魔させてもらいます!
私のBlogもこのジャンルには関係ないんですが、良かったら寄ってみて下さいねっ。

投稿: 森下@BENELOP | 2006.05.08 15:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/9959697

この記事へのトラックバック一覧です: お知らせ:

« アメリカ経済の進むべき道 | トップページ | 刑事立法 »