« 分岐点 | トップページ | 共謀罪法案の採決先送り »

2006.05.19

何故 急ぐ共謀罪。

共謀罪法案、与党が強行採決へ
と、言うニュースがでました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
自民、公明の与党は19日午後の衆院法務委員会で、「共謀罪」創設を盛り込んだ組織的犯罪処罰法改正案を修正したうえで採決する方針を固めた。両党による賛成多数で可決する見通しだ。修正協議を続けてきた民主党は同日午前、臨時役員会を開き、与党の修正案は受け入れず、採決にも反対する方針を最終的に確認する。
(上記ニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

何故そこまで急ぐ共謀罪。
刑減免より犯罪組織が怖いと言う東京新聞のニュースが良く纏められています。
時間の都合などで、まだご覧になっていない方は是非、読まれてください。
刑事の反対理由が挙げられているのですが、
これはなかなかシンドイ法律であることが更に浮かび上がってきました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「警察は『あんなに苦労して法案を通したのに、全然、共謀罪の摘発件数が上がらないじゃないか』との非難を恐れて、数字を上げるのに必死になる。そのために、住民団体を犯罪者集団に仕立て上げていくだろう。刑事警察は、プライドにかけて共謀罪を使わないと思うが、公安は別件逮捕に使うだろう」
<デスクメモ> 「ハム(公安)は法律なら軽犯(罪法)から始まって何でも使うから、共謀罪は使い勝手のいい道具になるんじゃないの」。生活安全部畑が長かった元刑事の言だ。問題は道具の使い方だ。ビラ配りで逮捕、長期留置なんて乱暴な摘発も目立つが、“ノルマ”のために逮捕されたらたまらない。まさかねぇ…。
(上記ニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
と、記事の最後は括られています。
ふっ〜〜〜〜
ため息がでました。
法律のために、新たな犯罪が作られるという、、、ことか???

心を縛る法律をこんなにもヤスヤスと作っていいのだろうか???
政策立案者は、いずれ自分自身がガンジガラメに絡め取られるとは思わないのだろうか?
ゴリゴリに通そうとする議員は、そのうち自らが監視社会の中に放り込まれる不自由さを感じないのだろうか?

心を縛る法律は、縛る者の胸三寸で正義が決められるという。
しかし、縛る者はいつまでも「縛る側」に立っていると楽観しているのだろうか?
縛る側に立つために、ますます国民を欺くのだろうか???

共謀罪は、その体内に悪魔の子を宿している法律です。
私たちは、決して、
共謀罪を世にはばからせてはいけない。

この記事は、とりあえずここまでにして、
続報は後から書きます。

|

« 分岐点 | トップページ | 共謀罪法案の採決先送り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/10138482

この記事へのトラックバック一覧です: 何故 急ぐ共謀罪。:

« 分岐点 | トップページ | 共謀罪法案の採決先送り »