« 代表決定 | トップページ | 終盤国会 »

2006.05.15

葵祭

今日、夫と葵祭を見てきました。
夫が仕事をしている間、私は大学の生協の本屋さんでブラリ、ブラリと本を見ていました。
一杯、読みたい本があったのですが、結局立ち読みしていたのは「呼吸法」の本。
この頃、書店へ行くと一番先に「健康コーナー」に行く癖がついている。
そうこうするうちに、お昼。
夫と待ち合わせて、
百万遍から今出川通りを歩いて下鴨神社まで行くと、もう沢山の人が待っていました。
人の間をくぐり抜け、くぐりぬけて、神社の参道の隅で待つこと20分。
ようやく、第一陣がパトカー先導でやって来る頃は、おなかもすいてクタクタ。
前の人の合間から、葵をつけ、それぞれの衣装をまとった行列が通りすぎていくのが見えます。
注目の牛車もゆっくり、ゆっくりと目の前を通り過ぎました。
牛が可愛い。
その歴史は古く古墳時代に遡るそうです。
本当は行列だけでなく前儀として行われる「流鏑馬」なども見るともっと迫力があるのでしょう。

行列は無事、下鴨神社まで行き、午後は2時過ぎに上賀茂神社に向かいます。
私たちは、午前の行列だけ見ました。
お昼を食べようと、近所を探したのですが、どこも一杯。
探しながら、さがしながら、
足を棒にして、結局百万遍まで行きました。
ここも葵祭の観光客でいっぱい。
普段は学生の町に、ガイドブックを持った団体客が溢れていました。
こりゃ、生協の食堂かと思っていたのですが、なんとかお店を見つけてお昼を食べることができました。

京都では「祭り」と言えば葵祭。
枕草子や源氏物語、徒然草にも、その心踊る様が描かれている風流な祭り。

の、はずですが、
私は祭りそのものより、お昼の食べるところ探しの方が記憶に新鮮で面白かったのです。
無粋なことだ、、、我ながら。

|

« 代表決定 | トップページ | 終盤国会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/10081533

この記事へのトラックバック一覧です: 葵祭:

« 代表決定 | トップページ | 終盤国会 »