« 命に格差がつくのか? | トップページ | 北朝鮮人権法案ってなんだろう? »

2006.06.14

イラク 自衛隊の活動範囲は?

ザルカウィ後継者が報復テロ宣言ということで、イラク情勢、ますます混迷を深めています。
そんななかブッシュさん、イラク電撃訪問などしているようですが、事態の解決には到底及ばないものと思います。
治安はますます悪化。
米兵の民間人虐待ニュースなども伝わってきます。
ところで、
今、イラクで活動している自衛隊の皆さんの状況が気になります。
額賀防衛庁長官によると、昨日13日参院外交防衛委員会の席で、
イラクでの航空自衛隊の活動範囲をイラク国内のすべての空港を対象にしているという事を述べました。
それによるとすでに2005年12月の時点で自衛隊の活動「実施要項」にもとづく実施区域を従来の13空港から24空港すべてに拡大変更。
イラク南部のタリル空港以外のバグダッド北西のアサド空港などに人員を派遣して調査。
その理由は、「米軍のニーズに対してどういうことができるかを検討するための調査をしているが、具体的な調査内容については差し控えたい」との一点張り。
実際、額賀さんは、
今年の4月にシンガポールで、ラムズフェルド米国防長官と詰めの協議をしています。

「ニーズに応える」、、、ねぇ。

はぁとため息が出ます。
ニーズねぇ。
ニーズ。
誰の???
日本国民の?
消費税上げないで。
医療負担上げないで。
とかとか、これってニーズじゃないのかな???国民の。
こんなニーズにとんと応えてくれたことはない。
国民はニーズなんて偉そうなこと言うな!
黙って痛みに耐えろ!!!
です。
しっかし、
アメリカのニーズならなんでもお答えします。ハイハイ。
でもね、このニーズ、日本国民にはナ・イ・ショだから。
なぁんてやめて下さいよ。額賀さん。


現在、「空自は人員200人、C130輸送機三機を派遣」。
そもそも特措法が出来たとき、
自衛隊は非戦闘地域しか行かないと言うことでした。
この「非戦闘地域」と言う言葉を聞くといつも思い出すのは山本一太さん。
あるテレビの番組で、コメンテータの一人が、
「サマワも爆撃さそうになったりして、もう危険なのではないか?」
と山本さんに聞く。
答えて曰く。
「自衛隊は非戦闘地域しかいきません。
自衛隊が行っているということはサマワは非戦闘地域です。」
大まじめに答える山本さんに一同笑うしかない、、、という事がありました。
あれには、みんな「マイッタ、まいった。」でした。
山本さん。手強いねぇ、、、

それはさておき、
もう一度イラク特措法で定められている自衛隊の活動のおさらい。
(1)人道復興支援
(2)安全確保支援(米軍などへの支援)—です。
しかし、今、米軍のニーズにこたえるために、さらにイラクでの活動を拡大するという。
一方で、あれほど「人道支援」と言いながら、自衛隊撤退の声も聞かれる。
となると、、、
つまりは、
イラクでの自衛隊の活動は米軍支援のための輸送に特化するということでしょうか???

また、国会では自衛隊は「戦闘地域」への派遣は許していません。
しかし、すでにサマワ以外の地へも赴いています。
???????
これは日本の国会を形骸化、無視するものと考えます。
アメリカのニーズにこたえるなんて曖昧なことで逃げを打たないで、
しっかりと説明をしていただきたいものです。
自衛隊の方々の安全がかかっています。
また、今後の世界の動きの中での日本の立場にも関係してきます。
説明して欲しい。
これは、国民の
「ニーズ」
です!!!

|

« 命に格差がつくのか? | トップページ | 北朝鮮人権法案ってなんだろう? »

コメント

>現在、「空自は人員200人、C130輸送機三機を派遣」。
そもそも特措法が出来たとき、
自衛隊は非戦闘地域しか行かないと言うことでした。

問題の空自は武装米兵も輸送しております。 自衛隊は米軍に協力なんていうものではなく、米軍の一部です。

石油などを廻って、対外覇権主義の戦略を行使している米軍の一部である自衛隊が、イラクで更にその活動範囲を広めていくというのですから、これは日本国民の命、生活等にとって由々しき問題です。

小泉政権は、陸自だけでなく、空自も、即時撤退させる事を要求します。 

政府は先ず日本国憲法を遵守すべきです。


投稿: hamham | 2006.06.15 15:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/10522387

この記事へのトラックバック一覧です: イラク 自衛隊の活動範囲は?:

» 瀬戸先生批判・イラクの現況 [罵愚と話そう「日本からの発言」]
 金太郎飴は、どこで切っても金太郎さんの顔が出てくるが、歴史はどこで輪切りにするのかによって、まったくちがう容貌をあらわす。イラク戦争も、ブッシュの先制攻撃からはじめると、瀬戸先生のご主張どおりに見えるのだが、フセインの施政から話しはじめれば、まったく別の様相が見えてくる。  さらにそこに、なにを目的に話すのかが加わると、歴史の様相はさらに多様化する。イラク国民の安寧が目的か、世界平和が目的か、日本の安全が目的かで、目の前の現実の評価も変わる。ましてや、瀬戸先生のように、この国の政治体制...... [続きを読む]

受信: 2006.06.15 05:24

« 命に格差がつくのか? | トップページ | 北朝鮮人権法案ってなんだろう? »