« 科学リテラシーの必要性 | トップページ | 暗闇の奇祭 »

2006.06.05

マルタ戦

中田怒っていますね。
昨日のマルタ戦。
結果は1−0で日本代表が勝ったものの、、、
うううう??????

ストレスのたまる試合でした。

前半早々の玉田選手のゴールで「これは」と期待したのですが、、、
その後の試合運び。
うううう〜〜〜〜〜〜んんん。
でした。
先日のドイツ戦のビデオを前日の土曜日に観ていた私としたら、これが本当に同じチーム?
と悩んでしまいました。
「やるじゃん。ジーコジャパン。」
ドイツ戦は2−2だったものの、スピードと連携がきっちりかみ合い、一つの意思のもとに選手がプレーしている清々しい印象だったのですが、、、ねぇ。
そんなつもりで昨日はワクワクしながらテレビの前に座ったのだが。

いやぁ〜〜〜終わってみれば、
いつもの日本代表でした、、、よ。
どうして「相手」に合わすんだろうなぁ???
相手が強ければ強い。
中くらいなら中ほど。
途上のチームならそこそこに。
日本代表って律儀なんですかね???
ギリギリの試合がお好きか?
それにしても特に後半が悪い。
サイドを使って頭脳的につなごうとせず、とにかく力業の中央突破。
ボ〜〜〜ン。
ポ=====ンン。
蹴ればいいと言うものでもなかろうに、とテレビに向かってブツブツ。
解説、アナウンサーも
「駒野がフリーで上がっていますがね、、、」と言う。
誰が見ても、サイドを使え、、、という場面でも強行突破。
そんなのできるわけない。
わなぁ〜〜〜


と、言うことで課題山積の昨日の試合でした。
ヒデさん激怒、ということですが、
まぁ、そうは言ってもここまで来たのだから、
後はジーコさんの神通力に頼るしかないのだぁ=====
なぁんて思うけれど、それはいけません。
不退転の決意で臨んでいる選手一人一人の力を信じて、
一生懸命応援するのみです。

ニッポンチャチャチャ。
ニッポンチャチャチャ。
もうそこまで、、、

|

« 科学リテラシーの必要性 | トップページ | 暗闇の奇祭 »

コメント

 昔のアイルランド代表チームの戦いぶりを思い出しました.
 誰かが長い縦パスを蹴る.みんなが一斉に駆け出す.名付けて「キック・アンド・ラッシュ」戦法.
 当時の監督は英国人(名前忘れました).味のあるチームでした.

投稿: Ladybird | 2006.06.06 16:07

Ladybird さん。
こんばんは。
コメントありがとうございます。

もうすぐですね。
いよいよですね、、、
アイルランドのサッカーといえばロイキーン、ロビーキーンを思い出します。
4年前のW杯のとき、サンフレッチェとの親善試合を観に行きました。
アイリッシュサッカーを堪能したことを思い出しました。今回は出場できませんが、またあのガッツなサッカーを見たいものです。
さて、日本代表。
どうなるか、、、、、心配ですが楽しみです。
いずれにしても寝不足が続きそうです。
では、、、、また。

投稿: せとともこ | 2006.06.07 22:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/10399555

この記事へのトラックバック一覧です: マルタ戦:

» さぁ、目指すはワールドカップ勝利!! [キングのオキラク蹴球記]
悪い意味でも良い意味でも相手に合わせてしまうニッポン代表。 今日もそんな内容でしたね。 W杯の初戦まであと1週間ですが、昨日のN杯で松田と久保が決めたせいか、 今日の代表戦に関してはあまり気持ちが入らなかったかも。 こんなコト言ったら怒られ....... [続きを読む]

受信: 2006.06.05 11:24

» ワールドカップ前ラストゲーム マルタ戦 [鴎3矢]
最後はいろいろとテストしていましたが、何の意味があったゲームだったんでしょうね。 今が疲労のピークということもあるのだろうけれど、正直グダグダ。 ケガをしなかったのが御の字か。 ゲームの方は開始早々、玉田の久しぶりのゴールで先制するも終止グダグダ。 大....... [続きを読む]

受信: 2006.06.05 16:32

» 日本VSマルタ内容に不満 [芸能&スポーツ瓦版]
日本がW杯予選でクロアチアと引き分けたマルタと試合をした 前半は玉田が開始早々にゴールを決めたが1点しか取れなかった 後半は攻めたが1対0で試合が終了し勝利したが内容に不満やね 大黒のゴールを見たかったし後2点ぐらいは入れて欲しかったな... [続きを読む]

受信: 2006.06.05 19:31

« 科学リテラシーの必要性 | トップページ | 暗闇の奇祭 »