« 模様替え | トップページ | 各国学術会議の共同声明 »

2006.06.21

今、思案中

改めてゆっくり考えながら、
私のブログ運営方針やコメントについての考え方は書きたいと思っています。
今は、
風来疎竹で書いた事と考え方は変わりません。
私は「ネット環境は楽しく」と言うモットーです。
楽しいことは幸せにつながるからです。
人はどんな環境でも与えられた物に対しては「幸せ」を感じなければ損だと思います。
ブログも楽しくて幸せな方が豊かでではないかと思います。
折角、ブログを運営するなら、楽しい方が俄然いい!!!
と、言うことで私は、自分の記事を書き、いろんな方のブログを拝見しています。
また頂いたコメントから、さらに自分自身への糧となるものを求めています。
議論や討論をする場としては開放していないことは、先の記事の通りです。
もし、そのようなものをお求めなら、私は些か力不足であると思われて下さい。
私は、討論や議論はある程度までは相互理解のために致します。
実際、そうした意見交換の中で生産的な広がりと深みを持ちました。
が、非生産的・不毛な討論はネットでは決して致しません。

学生時代からの友人である技術系サラリーマンの交差点の管理人・津村さんは、
「実名・匿名なら津村さん」と言われるくらい、
この問題に関しては蘊蓄が深く、考察も深いのです。
私もいつも津村さんの記事を参考にさせて頂いています。
「匿名のかたへの批判・反論はしません」という記事は一読あり。
是非ご覧ください。
と、言うことで私も今まで匿名・実名に関わらず頂いた批判への反論はしませんでした。
「あああ、、、そうですか。
あなたのお考えはそうですか。参考になりました。」
と言うことで自分への反省と参考にはさせて頂きます。
しかし、その方のコメント内容がどんなに納得のいかないものでも反論はしません。
従って、コメントは削除はしないように心がけてきました。
ただ、
今は私自身のブログ運営の過度期のような気がいたします。
従って、暫定的(あるいはずっと将来にわたり)に、頂いたコメント・トラックバックは一度私の方に来る方式をとってみました。今後変えることもあるので、その折はまたお知らせいたします。
と言うことで、頂いたコメントがすぐに反映しなくなります。

また、コメント・トラックバックの内容いかんでは掲載されないこともあります。
その判断は、管理人である私に委ねていただきます。
ただ、多くのブログマスターが掲げられている判断と同様だとお考えください。

つまり、
今、思案中!!!

|

« 模様替え | トップページ | 各国学術会議の共同声明 »

コメント

こんばんは
 わたしはせとともこさんの誠実で暖かい、知的なだけでなく明るいブログが好きです。どこのブログでも人を嫌な気分にさせるだけのコメントやTBというものがありますが、場合によってはそれらをすべて削除されても、せとともこさんを嫌な気持ちにさせたんだから、そっちが悪いよな、くらいに思うでしょう。自由闊達にお書きになればよいのでは、と思います。
 ちなみに私の場合、そういうコメントに以前対応したこともあるのですが、調べてみたらウソばかりで、反論の価値もありませんでした(白リン爆弾、ガンジー、コスタリカ、判決の拘束力など、私にしては誠実によくやったと思います)。
 ちなみに私の場合、exciteの機能上とても削除がかんたんなので、現在、基本的には削除で対応しています。
 せとともこさんがそういうふうにされても、むしろ読みやすくなった、と思うくらいで、狭量な人だなんて思うことはありません。気持ちよく書ける環境で書いてくださるとこちらもまた気持ちよく読めます。
 これからも応援しています。

※ ごめんなさい、さっき違う記事にコメントしてしまいました。「今、思案中」へのコメントでした。

投稿: luxemburg | 2006.06.21 20:50

智子さん、ごぶさたしておりました。
実名で政治的なことや社会的なことを忌憚なく書いて、しかもこんなに長くエネルギッシュに続いているブログ、すごいですね。
私は徹底無難路線、かつ年数回の更新になってしまっています。
智子さんのブログは大人のバランス感覚が持ち味だと思います。自分スタイルに一層みがきをかけてくださいねー。

投稿: 津村 | 2006.06.22 23:08

luxemburg さん。
津村さん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。

luxemburg さん。
覚えています。覚えています。
あなたの白リン爆弾の記事。
私も実は随分、あなたの記事を参考にさせていただいたのですよ(^.^)
そうですね。あの時、確かに盛り上がって(?)いましたね、、、
まぁ「痛い」人と言うのは、どこにでもいますから。
私も、痛いコメントを頂きますが、この記事でも書いたように、いろんな考えの方がいらっしやるので参考になります。
しかし、私自身、ネット上で討論・議論するほど時間はないので、読ませていただくだけにして反論を含め、討論はしないことにしています。
ネットでの会話は「文字」だけなので、本当に色々、考えさせられます。
と、いうことでこれからも宜しくお願いいたします。


津村さん。
お元気でいらっしゃいましたか?
尤も、夫からいつもお噂は聞いています(^.^)
いろいろご活躍のほど、お忙しいとは存じますが、あなたのことだからイキイキとなさっていると思います。
夫も夏の国際会議にむけて今、大忙し。
(本当はサッカーかぁ^^;)
さて、私も相変わらず、ゴチャゴチャしています。
ネットでの討論や議論については、あなたの洞察力ある記事をいつも拝見しながら「元気」を頂いています!!!
実は「数学の問題」も。
あの記事、面白かったです。
夫から、答えたのはM君と教えてもらいました。
確かに、数学の問題って面白いです。
それに比して国語は???です。
出典も「おいおい」なら、出題者も「本当にわかってんのか?」と思うくらい難問と言うか悪問を平気で出してきます、、、困ったものだ。
受験テクニックでゴチョゴチョになった子どもたちが多くなるのでしょうか?
と、言うことで、
これからも、またいろいろお教え下さいね。
では、、、いつかお会いする日を楽しみに!!!

投稿: せとともこ | 2006.06.23 16:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/10621697

この記事へのトラックバック一覧です: 今、思案中:

» 民主主義の一つのあり方 [とりあえず]
「スウェーデンの中学教科書----あなた自身の社会」(アーネ・リンドクウィスト、ヤン・ウェステル、川上邦夫訳 新評論)より  スウェーデンで中学生に当たる年齢の子が使う教科書は、やはりすごいと感じさせられた。おそらくこんなことを中学の教科書で書いたら、左翼だのなんだのと大騒ぎになるだろう。  考えてみたら、日本の世論調査で死刑を支持する人の割合は、ヨーロッパでは極右を支持する集団と同じ(一般の市民で調査すると、死刑支持者なんてまずいない)らしいから、当然日本の教科書も極右レベルなのかもしれな... [続きを読む]

受信: 2006.06.21 20:07

« 模様替え | トップページ | 各国学術会議の共同声明 »