« ジダンの罪 | トップページ | ジダンの罪 その2 »

2006.07.15

日本文化

昨日、京都御所に行って来ました。
海外の友人のつき合いで、一緒に参観しました。
私は御所は初めての参観なのですが、
同行したドイツ人のお一人は、何回も御所をご覧になっているとかで、
私より詳しい。
夫が今、国際会議中。
私も夫の手伝いをしていました。
(私は、殆ど日本人とばかり交流だったのですが、、、)
世界の国々からみえた研究者と、その同伴者のためのツアーとかがあって、
私も随行。
二条城、金閣寺、竜安寺などを参観。
二条城は廊下のキュキュが楽しく、また狩野派の絵も圧巻。
金閣も、あのキンキンがうけていましたが、
竜安寺は、難しかったかも???
禅の教えは、日本人でも難しいから。
少なくとも私は石庭の域には到達していません。

また日本文化教室では、
着物着付けとか書道、生け花、茶道、折り紙など大好評。
着物って、私たちも着る機会が少なくなりました。
改めて見直しました。


夜のバンケットでも芸子さん、舞妓さんが大人気。
こんな機会でもなければ触れることの出来ない日本芸能に触れることができました。
♪月はおぼろに東山〜〜〜〜
です。
和太鼓も大好評。
迫力がありました。

普段、何気なく思っている日本の文化。
一応、私もお茶やお花や習ったことはあったのですが、
ひたすらキライでした。
今から思えば、もっとあの頃真面目にやっていれば良かった。
海外の方とこの一週間たらずをご一緒して、
改めて「日本のよさ」を思いました。
伝統の一つ、ひとつや、
その思いの一つひとつに心を寄せ、
先人の遺したものの偉大さを感じました。
そして未来の子どもたちに伝統・文化を丁寧に伝えていきたいと思いました。

|

« ジダンの罪 | トップページ | ジダンの罪 その2 »

コメント

私も今更の話なんですが、時間もあって脳の柔らかいうちに、何か日本の伝統的なものを身に付けておきたかった・・・と、つくづく思います(^^;

投稿: 森下 | 2006.07.15 18:53

こんにちは。お元気そうでよかったです。
私にとってこういう伝統的な日本文化は異国の文化みたいな感じです。ロシア文化のほうが馴染みがあるくらい。。。

でも、今度秋に日本に行くので、「ビューティフル・ジャパン」とか書いたTシャツでも着てお寺巡りをしようと思います。

投稿: 葉子 | 2006.07.16 01:17

 ココログのメンテナンス以外に何かあったのではないか? と心配しましたが、内助の功を発揮していたそうで、大変良かった。
 実は私も「御所」へは一度も入ったことがなく、いつでも行けると思っていたらこの歳まで行けなかったと言うことです。
 その点、外国人の方が詳しいのは本当でしょう。殊に京都のいや日本の文化に詳しいのは外国人で有るかも知れない。「日本の良さ」を再認識しなければならないでしょう。

投稿: hitoriyogari | 2006.07.16 15:32

森下さん。
葉子さん。
hitoriyogariさん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。
此方はこのところ雨。
本当なら家でゆっくりしたいところですが、大忙しのこの頃でした。

森下さん。
本当に気がついた頃は遅いと感じるこの頃です^^;
今からでもやれることを少しづつやれたらいいですね、、、

葉子さん。
秋に帰って見えるのですか。
それは嬉しい。
どうか、お元気で帰って見えてね(^.^)
またお知らせくださいね。
日本はもとよりカナダの文化についてもお教えください。
楽しみです。

hitoriyogariさん。
京都にお住まいの方って、そうなんですね。
いつでも行くことが出来て、触れることが出来るから案外いろんな所に行かれていない。
外国の方、観光客の方が良く御存知ってことあります。
しかし、京都人だけしか知らない奥の深さもあるんでしょうね。
肌で学ぶ伝統の重みとか、、、
またいろいろお教え下さい。

投稿: せとともこ | 2006.07.17 16:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/10951312

この記事へのトラックバック一覧です: 日本文化:

» 憲法が変わっても戦争にならないと思っている人のための本 [お玉おばさんでもわかる政治のお話]
北朝鮮がどんどん孤立していきますね。決議案はやはり日本の案を丸飲みする形ではなく、フランスとイギリスが仲介に入る形で 国連安保理の非難決議採択が可決されました・・・・北朝鮮大使の発言は頂けませんし、ミサイル開発はやめないって言うし、米国に対する不満ばかり....... [続きを読む]

受信: 2006.07.16 21:03

» ■三井住友海上 損害保険ジャパン 明治安田生命 「保険会社の基本を忘れていた」 [読売新聞の社説はどうなの・・・3(2006年度版)]
三井住友海上 損害保険ジャパン 明治安田生命生命の保険金不払い問題、驚いた。保険料を支払い保障を受け取れないとなれば、なんのことか。「保険金を受け取ると、後々保険料が高くなる」とウソの説明をして契約者に辞退させるなど、あきれてしまう。「厳しい競争の中で、必要な管理体制を整えないまま、収益優先で営業強化に走った結果が、契約者に不利益を与える不払い問題を生んだ。他の損保会社にも共通する背景だろう。」と社説の記述は言い得ているのだろう。  「保険会社の基本を忘れていた」との批判もうなずける。 生命保... [続きを読む]

受信: 2006.07.20 01:02

« ジダンの罪 | トップページ | ジダンの罪 その2 »