« 郵便局再編計画 | トップページ | 作家の力量 »

2006.07.02

実感。住民税

実感。
住民税があがった!
苦しぃいいいい〜〜〜〜

介護保険料
あがったね。いつの間にか、、

2004年度の税制「改正」で老年者控除の廃止、公的年金等控除の縮小。
2005年度の税制「改正」で所得税・住民税の定率減税の半減、高齢者の住民税非課税措置の撤廃。

ああ====思い起こせば、そんなことあったっけ。
そんなこと言っていたなぁ。
でもまだ先か、なぁんて思っていたアナタ。
来ました。
来ました。
この6月に。

この頃、友人と会うたびに、住民税の値上げのことばかり。
本当に生活が苦しくなったと実感。
私だけではない。とも実感。
おいおい、
これって詐欺???
と、私は小泉さんを初めとして政府与党に聞きたい。

そこで、もう一度おさらい。
公明党。
基礎年金の国庫負担引き上げの財源案として、2003年9月の「年金100年安心プラン」を掲げ、
衆院選のマニフェストに、なんと年金課税の強化や定率減税の見直しを掲げました。
「高額所得の方々から少し税金をいただこうという案だ」(神崎武法代表、03年10月10日)
翌年四年度の「与党税制改正大綱」にちゃっかり書き込んだのです。

===高額所得の方々から少し税金をいただこうという案だ===
おいおい、誰が高額所得者なんだ?
どこが少しの税金なんだな???

自民、公明両党は、定率減税を全廃することを「与党税制改正大綱」で合意し、先の通常国会で強行したことは記憶に新しい。
私は何回もここで「反対」を訴えていました。
定率減税は、嬉しい。
確定申告の時、この制度の有り難みをいつも感じて書き込んでいた私には、全廃されることは絶対、反対だったのだが、、、

昨年の衆院選のさい、「サラリーマン増税」は行わないと公約した自公両党。
忘れません。
絶対、言いました。
しかし、その後サラリーマン増税はしないが、、、と詭弁を言って数々の増税法案を通しました。

実感。
住民税があがった。
生活が苦しくなる。
このままじゃ「民のかまどから煙は立たなくなるよ」、、、
こいずみさぁ〜〜〜ん。

|

« 郵便局再編計画 | トップページ | 作家の力量 »

コメント

 6月中に4連発でしたが、老人保健法の所得判定は8月1日基準ですので、7月中に追撃ちの通知が出ることになっています。
 9月中は2割負担、10月から3割負担などの表示に、びっくりする方々も!!

投稿: harayosi-2 | 2006.07.03 03:53

harayosi-2 さん。
こんにちは。
コメント・トラックバックありがとうございます。

そうですか????
まだまだやって来ますか?
こんなの「序の口」ってことかぁ。
さらに消費税もナンタラカンタラ言っていますね、、、
本当に腹が立ちます。もっと大企業とか、福井さんから取れ!!!
庶民、しかも高齢者とか障害者からドンドン分捕ろうという非常に冷たい政治です。
もっともっと、みんなに知らせなければと思います。
これからも色々お教え下さいね。
では、、、、また。

投稿: せとともこ | 2006.07.03 16:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/10760610

この記事へのトラックバック一覧です: 実感。住民税:

» 懐の鳥は猟師も殺さず [愚樵空論]
「窮鳥懐に入れば猟師も殺さず」は「人の情け」をあらわす諺だ。「追い詰められて行き場を失った鳥が猟師のふところのなかに飛び込んできたときは、その猟師は自分に助けを求めてきたことを哀れんで殺しはしないものだ」とのことから、「追いつめられて逃げ場を失った者が救... [続きを読む]

受信: 2006.07.02 22:07

» 年金生活者・高齢者に、負担増通知4連発 [医療制度改革批判と社会保障と憲法]
  年金生活者・高齢者に、負担増通知が4連発  12日市県民税の通知、13日国民健康保険料、14日介護保険料、15日老人医療の資格喪失通知が、順次発送されます。  昨年までは、非課税であった年金生活者・高齢者に、市県民税の課税の通知が、その何倍もの国民健康保険料の増額の通知が、介護保険料は見直しの増額と、課税による段階アップの通知が、さらに、課税となったことで、老人医療費助成制度の適用外とされ、資格喪失通知... [続きを読む]

受信: 2006.07.03 03:43

» そんな愛国心は役に立たない [愚樵空論]
確かにニッポンはいま、おかしなことになっています。 誰もが自由を振り回す。自由を振り回すくせに、その責任はとらない。他人の所為にする。 総理大臣までがそんな国になったニッポン。 何処に行って何をしようが自由。それを非難されると、非難するヤツが悪い、とくる。 ... [続きを読む]

受信: 2006.07.03 08:33

» ケインズの社会哲学 [晴耕雨読]
 貧乏人はすぐ金を使っちゃうけど、金持ちは使わないお金を貯金する、貯金が多いほうが資本形成が進む、だから貧富の差が大きいほうが資本形成が進んで経済発展する、という理屈がある。だから所得税や相続税は減らそう、という理屈だけど、それはマチガイ。  金利が高いほうが貯蓄が増えて資本形成にまわる金が増えるので経済発展する、という古い理論があるけれど、一般理論を見ればそれも明らかにマチガイ。金利は低いほうが投資意欲は高まる。  金利が下がれば、変な不労所得もなくなって平等が進む。よきかなよきかな。  ま... [続きを読む]

受信: 2006.07.15 21:47

« 郵便局再編計画 | トップページ | 作家の力量 »