« レバノン攻撃 | トップページ | 言葉とイメージ »

2006.07.21

レバノン攻撃 その2

イスラエルの歴史は血を抜きにしては語ることが出来ません。
その建国からの歴史を知ることは、多くの事を学び考えるきっかけになると思います。
が、今日は今、進行中のレバノンとの問題を中心に考えていきます。
そもそもはレバノンのイスラム教シーア派武装組織ヒズボラによる襲撃・兵士拉致への報復として始まったイスラエルのレバノン攻撃。
しかし根は深い。
イスラエルは自ら仕掛けた1967年の中東戦争でパレスチナ領土(ヨルダン川西岸とガザ地区)だけでなく、シリアのゴラン高原などを占領。
さらに、78年3月にレバノン南部に侵攻。
82年には首都ベイルートまで地上軍が侵攻してパレスチナ解放機構(PLO)を追い出し、その後も、レバノン南部を占領。
2000年5月に撤退。
しかし、シェバ農場(45平方キロ)には居座ったままで、レバノン側はその返還を要求。

一方82年ごろイランの支援でつくられたヒズボラは、レバノン南部が占領されている間、イスラエルの軍と領内への武力攻撃を継続。
2000年のイスラエル軍の撤退を「軍事的勝利」として誇示。それを背景に一定の国民の支持を集め、議会に進出し政府にも参加。
しかし、国連安保理決議一五五九で武装解除が求められています。
レバノンのハリリ元首相暗殺をめぐり、シリア軍のレバノンからの撤退とともに打ち出されたものです。が、ヒズボラはこれを拒否。
これまでヒズボラへの抑止力となっていたシリア軍の撤退でヒズボラの後ろ盾となっているイランの存在がいっそう大きくなっていると今は懸念されています。

こんな中、戦況はますます混迷、深刻な事態になっています。
国連やG8でもイスラエルの軍事行動を初め、一切の攻撃を停止することを求めていますが、アメリカはイスラエルのガザ攻撃を非難する国連安保理決議に拒否権を発動。
「皮肉だよな、やつらの攻撃をやめさせるためにシリアにはたらけかけなきゃならないなんて」とブレア。
「アサドに電話してなんとかしろとコフィ(アナンのこと)に言いたい」とブッシュ。
二人のオフレコだったはずの会話がマイクの電源が入っていて全世界の知るところになったのは、
ロシアでの主要国首脳会議中。
シリアはヒスボラに影響力を持つので、昨年レバノンから軍を撤退しました。
しかし、暴走したヒスボラを縛る役目はシリアにさせようと言うブッシュとブレアのヒソヒソ話でした。
レバノンの首相は「国際社会は傍観するのか」と訴えています。
いえいえ。
国際社会はイスラエル侵攻を反対、阻止したいと願っています。
その思いに立ちはだかっているのは、
実は、
アメリカなのかもしれません。

なお、イスラエル問題は、
パックス・ジャパニカーナなどのサイトが詳しいと思います。

|

« レバノン攻撃 | トップページ | 言葉とイメージ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/11043095

この記事へのトラックバック一覧です: レバノン攻撃 その2:

» 戦争の世紀 [お玉おばさんでもわかる政治のお話]
靖国問題も北朝鮮問題も大事なことをたくさんコメント欄に書いてもらいました。護憲派の考え方もいろいろあることは初めから分っていましたし、「平和主義者のきれい事」(とは決して思いませんが)がどこまで今の世の中で通用するのか知りたい。お玉にとって平和は「肌感覚....... [続きを読む]

受信: 2006.07.23 09:33

« レバノン攻撃 | トップページ | 言葉とイメージ »