« 誰のための日米同盟? | トップページ | W杯 4強出揃いました »

2006.07.01

ドイツーアルゼンチン戦

PK決めた独選手が「挑発」 アルゼンチン戦直後に乱闘と言うニュース。
事の真相は分かりませんが、残念なことです。

私もライブでこの試合、観ていたのですが、
眠くて、結局真剣に観たのは、延長戦からです。
個人的にはアルゼンチンのサッカーの方が面白いと思ったのですが、
ドイツはそこはそれ「ゲルマン魂」とやらで、PKにまで持ち込みました。
ここまでくれば、GKの力が歴然と現れ、結局ドイツの勝ち。
今まで、PK戦にもつれ込んだ試合をいっぱい観てきましたが、
今朝のPKほどドキドキ、ハラハラ・ワクワクしないPKも珍しい。
普通は、
選手が蹴るごとにドキドキ。
感情移入は、あっちのチーム、こっちのチームへと忙しい。
しっかし、今日はなんともアッサリと決まりました。
アルゼンチン。
残念。
魅せるサッカーをしてくれたチームがまた一つ消え、
いよいよ、頂点への道を求めて熱戦が繰りひろげられます。
眠れない夜は続く、、、

そう言えば、
その後テレビでウィンブルドンやっていましたね。
杉山さん、スッゴイ。
ヒンギスを破りましたね。
おめでとうございます!!!
我が家では、解説をしていた伊達公子さんが、なんと美しくなったのかと言うことで盛り上がっていました、、、

|

« 誰のための日米同盟? | トップページ | W杯 4強出揃いました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/10745739

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツーアルゼンチン戦:

« 誰のための日米同盟? | トップページ | W杯 4強出揃いました »