« 文月です | トップページ | ドイツーアルゼンチン戦 »

2006.07.01

誰のための日米同盟?

今日7月1日は自衛隊52才の誕生日。
二年前の記事で書いた以上に自衛隊の今後が懸念されます。
テレビでも、このところ小泉さんの訪米が話題です。
小泉さんがアメリカ肉食べようと(食べました。)
プレスリーの真似(?)をしようと、私はどうでもいいのですが、、、
やはり気になるのは、「21世紀の地球規模での協力のための日米同盟を宣言」した共同文書「新世紀の日米同盟」の発表です。

この5月に最終合意した在日米軍再編について「歴史的な成果」と強調した揚げ句、共同文書では、合意の「完全かつ迅速な実施」を謳っています。
在日米軍の再編と実現していく責任を強調。
イラクでは「(日本はイラクやインド洋に)空輸力と海軍支援を提供し続ける」と述べました。
北朝鮮の問題では、拉致問題やミサイル発射問題などで「さまざまな圧力」をかけていくことで一致。イランの核開発問題では「断固たる態度で臨んでいく」ことで一致。

北朝鮮への圧力をどの様にかけるかという具体案については示されませんので、
私もこの問題については、なにも言えませんが、横田めぐみさんを初めとして、拉致被害家族の方々の気持を思うと、本当に一刻も早い解決を願うばかりです。
果たして経済制裁が功を奏すだろうかとは、思うのですが、、、
また、あのよく分からない「北朝鮮人権法案」も未だにしっくりとしませんねぇ。
イランの核開発。
これも断固と臨むことはいいと思うのですが、国連主導で臨むことがベストであり、またそれ以外の選択は誤りだと思います。
と、言うことでいよいよ我が国に関してですが、
これは、もう「やめて、、、、」と小泉さんに言いたい。
小泉さん。
勿論、アメリカとも仲良くすることは大切ですが、
アジアとの外交をもっと、もっと重視して、大切にすることが今、一番に成すべきことではと思います。
今のままでは、私たち日本人は「アメリカに組み込まれていく」。
日米同盟だけが世界ではありません!!!

小泉さん。
国民に痛みを押しつけ、
押しつけ、
押しつけ、、、、、
ついには、負担だけでなくアメリカの肉に食料。
アメリカ軍の基地に思いやり予算。
どこか間違っていませんか???
アメリカを養う体力のある日本国民は、いずれいなくなります。
誰の為の日米同盟???

私は、私たち日本人のために税金を使う事を望みます。

|

« 文月です | トップページ | ドイツーアルゼンチン戦 »

コメント

アメリカもですが
韓国・北朝鮮人のために銭を使うのもやめてほしい。
中国にも腹が立つがあそこは
中国人そのものよりも共産党に腹が立つので
まだ許せる部分もあるわけですが
朝鮮半島の二カ国は国民が揃って勘違いしとります。
民主党のゴリ押しで決まった法案などは
もういい加減にしてくれ、と。

投稿: トラマ | 2006.07.01 13:55

トラマさん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。

北朝鮮、なんだかなぁ〜〜〜って気はしますね。
あの国、本当にわからない。
ただ圧政に苦しんでいる国民を思うと胸も痛みます。
韓国については、領土問題がどうなるか、この先の動き、目が離せませんね。
いずれにしても、なんとか「平和的」」に解決してもらいたいとは思うのです。

さて、W杯。
いよいよ佳境ですね。
私はこの頃寝不足。もって梅雨時で自律神経もバランスが崩れています^^;
歳です、、、明らかに。グッスン。
でもサンフレッチェが勝つと吹き飛びそう、、、かも。
19日からのシーズン再開楽しみです。
また、いろいろ「広島」関連で話に花を咲かせましょうね。これからも宜しくお願いいたします。
では、、、
いつかお会いできる日を楽しみに。

投稿: せとともこ | 2006.07.01 17:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/10745097

この記事へのトラックバック一覧です: 誰のための日米同盟?:

» 小泉氏・卒業旅行で靖国問題再燃 & 次は憲法を理解し、尊重できる首相を(2) [日本がアブナイ!]
<昨日、前記事のつづきをアップする予定が誤って消してしまい、ガッカリ。ぐれて(?) 夜中はビール片手にWC→ウィンブルドン→WCとひたすらスポーツ観戦をしていたのだ が・・・杉山愛がセンターコートでMヒンギスを破りベスト16にはいった試合は、両者の いいところが出ていて、本当に素晴らしかった。元祖・アイちゃん、おめでとう!(*^^)v>  小泉首相の米国お楽しみ旅行から帰って来たようだ。  正直な話、ひとりの日本人として、自分の国の首相が、世界のメディアの前でオチャラケ 三昧で大... [続きを読む]

受信: 2006.07.01 23:37

» 潜伏期間は50年? vCJD [晴耕雨読]
ロンドン大学インペリアル・カレッジのジョン・コリンジ教授等の研究チームが、狂牛病の人間版とされる変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)の潜伏期間は50年を超える可能性があるという研究結果をランセット誌に発表した。 この研究が事実であれば、「vCJD発生率がピークに達し、この悲惨な病気の最悪の局面を脱しつつあるといういかなる考えも、今や極度に懐疑的な態度で扱われねばならない」と言うことになる。vCJD潜伏期間は50年を超えることも 最近の予測を大きく上回る発生の恐れー英国の研究  農業情報研究... [続きを読む]

受信: 2006.07.07 18:51

« 文月です | トップページ | ドイツーアルゼンチン戦 »