« 文を書く | トップページ | レバノン攻撃 »

2006.07.20

広島VS名古屋

時間の合間を運針のようにぬって、ぬって、ぬって、
昨日、名古屋の瑞穂陸上競技場に行って来ました。

J1リーグ戦の第13節。名古屋グランパスとの戦いを観るためです。
いよいよJ再開。
わがサンフレッチェは15位からの発進。
新監督・ペトロヴィッチ監督の初采配やいかに、興味津々のところです。
天気を心配しつつも、それ以上に気になるサンフレッチェ。
事前の公式情報では練習試合で負けたりと、やや不安。
しかし新監督はオシムさんと一緒に仕事をしたこともあって「走るサッカー」を目指していると言うことで楽しいプレーが期待できます。
瑞穂のスタジアムは陸上競技上なので、練習する選手の姿を遠くに見ながら一人ひとり確認。
ああああ=====
J再開。
改めて喜びを噛みしめます。
遠くの建物にいよいよ夜の影がしのびより、時間は7時。
キックオフ。
そしていよいよ試合開始。
ワクワク・ドキドキ・ハラハラ。
始まった!!!!
どうなるか、、、
そんな高揚感が消えるまもなく、早々にリが後から名古屋の選手を倒してPK。
0−1.
あああああ〜〜〜〜
がっかり。
がっかり。
とがっかりする間もなく今度は
駒野→ウェズレイへ縦パス→佐藤寿がワンタッチでスルーパス→ウェズレイがGKとDFを翻弄して空いたゴール。
ウェズレイ大活躍!!!

1−1。
同点!!!
その後、佐藤寿がDFラインの裏で受け、ここに飛び込んだ川島に倒されPK。
2−1。
逆転!!!
前半はこのまま逃げきることができるかと思ったのですが、
ロスタイムで名古屋にゴールをゆるし
2−2の同点で折り返し。
後半はリ・ハンジェに交代した八田が機能的に働き、
広島は何回も見せ場を作ります。
そして、
後半11分。
左サイドからのCK(森崎浩)が起点になりました。
このボールはいったんはクリア→こぼれを拾った青山のスルーパス→八田が反転して強烈なシュート→GKが弾く→こぼれ球に反応した佐藤寿が、角度のないところからゴール。
3−2!!!!
ヒ・サ・ト!!!
寿人がやりました。
やりました。
結局、このまま逃げきり広島は勝ちました。

広島はDFがいない中で駒野を使ったりとかなり厳しい台所事情でしたが、よくやりました。
青山選手が良かった!!!
観ていて楽しい試合でした。
選手が走る。
走る。
走る。
その走りの中に選手自身の楽しいという感じが観ている私たちにも伝わるプレーの連続で、
時間はアッという間に過ぎました(これは嘘。
後半30分くらいからは時計ばかり見てドキドキ)。
小野さんから望月さん。
そして今度のペトロヴィッチ監督。
それぞれの監督の考え方と方針の違いに選手たちも迷いが見え、吹っ切れない試合もままあったかもしれませんが、昨日の試合は選手たちが何よりも楽しんでいる姿が印象的でした。
まだまだ先は長い。
これから一山、二山、三山と試練は待っています。
しかし、
持っている力を信じてプレーして下さい。
私に出来ることは応援しかありませんが、
一生懸命、応援します!!!

サンフレッチェ!!!
ちゃちゃちゃっちゃ。

|

« 文を書く | トップページ | レバノン攻撃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/11028998

この記事へのトラックバック一覧です: 広島VS名古屋:

» 3連勝!!! [鴎3矢]
昨日は興奮しすぎたのでうまくまとめられません・・・ とにかく暑かった!!熱かった!! 昨日のゲームは、先制されても追い付かれても顔を上げて戦っていたのが印象に残りました。 寿人の勝ち越しゴールはセットプレーからだったのですが、そのこぼれをみんなで何が....... [続きを読む]

受信: 2006.07.20 23:06

» yossha! [自記公開書]
勝ったー!勝ったー!勝ったー! 内容は今はいいです、とにかく結果が全てです! し [続きを読む]

受信: 2006.07.21 13:14

« 文を書く | トップページ | レバノン攻撃 »