« 早実 おめでとう | トップページ | マスコミが作る感動 »

2006.08.21

映画が描くヒトラー

ナチス親衛隊所属の過去告白、ドイツのノーベル賞作家と言うニュース。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ドイツのノーベル文学賞の受賞作家、ギュンター・グラス氏(78)は11日、地元紙の会見に応じ、戦中にヒトラーを支える組織としても知られた、ナチス・ドイツの親衛隊(SS)の武装部隊の一員だった過去を自ら明かした。「この過去が重荷になっていた。明るみにする時が来た」などの心境を語っている。
(上記ニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さぞかし重いだろうと、その心中をはかるに難くありません。
彼が世に生み出した作品の数々はナチス告発である背景はこうした事情によるものだったのでしょうか。
ナチスについての作品は、文学、映画と多いのですが、
ヨーロッパの人々においては、ヒトラーが行った罪と、その購うべき罰に対しての思いは、
歴史をひっさげて「今」に息づいているのでしょう。

ヒトラーの映画と言えば、先日、
ヒトラー最後の12日間真実のマレーネ・ディートリッヒと二本を立て続けに観ました。
「ヒトラー最後の12日間」の方はご覧になった方も多いと思いますが、
映画の語り手のトラウゲル・ユンゲが書いた『私はヒトラーの秘書だった』は、その原作の一つであるということは既に知るところです。
独裁者ヒトラーの人間としての部分を目の当たりに見てきたユンゲ。
そこには、一人の偏狭な独裁者が迷い堕ちていく様と、
その周りにいる者たちが、それぞれの思いを独裁者に重ねながら、ひた走りに走る狂気を止める事が出来なかった必然が克明に描かれています。
ゲッベルスは言う。
「ヒトラーを選んだのは国民なのだ。
国民が望んだのだ。」と。
そう。秘書ユンゲの告発は、「独裁者は一人にしてならず」と言う事なのでしょう。
ヒトラーは悪い。
しかし、彼の狂気を止める事が出来なかった周りも悪い。
さらに言えば、結局ヒトラーを認めた国民の非も同じ罪であると言う事を明らかにする必要性を感じたのではと思います。
ヒトラー一人に「悪」をおいかぶせることなく、潔く「悪」を受け入れることで、
次に続く人々が同じ過ちを再びすることがないようにという祈りが伝わってくるのです。
ゆえに彼女はヒトラーの秘書であった事を生涯にわたり恥て静かに暮らし、暮らしながらも自らの経歴を明らかにしました。
自分自身の罪の重さも同様であると判断したのでしょう。
そして、彼女の見た真実は、今に新しい。
独裁者は何も一人で生まれるものではないと。

一方、対局に生きたのはマレーネ・ディートリッヒ。
彼女はナチスを憎み、アメリカへと亡命。
そして戦場で戦う兵士たちを慰問することで、戦争終結を訴え平和を願い歌い続けます。
戦場での彼女の歌声は敵も味方も区別する事なく兵士たちの心の深いところに滲みわたります。
「ドイツの人々は決して戦争を望んでいない」とマレーネは語る。
誰にも真似する事の出来ない激しくも気高いマレーネの生き方は死んでなお人々の心に揺さぶりかけ語りかけてきます。

ヒトラー。
その人を巡るあまりに多くの光(?)と影。

今を生きる私たちが次代に何を伝えるべきか、
真剣に考える時の到来を感じています。

|

« 早実 おめでとう | トップページ | マスコミが作る感動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/11544154

この記事へのトラックバック一覧です: 映画が描くヒトラー:

» お玉な話 [お玉おばさんでもわかる政治のお話]
こう見えてもお玉って、数年前は「いつまでも謝り続けてる日本ってなんでかな〜よその国は植民地支配があっても何で、日本みたいに謝り続けないのかな??」ってな事を思い、口に出していた、櫻井よしこちゃんヨリのおばさんでした。 で、そこから深く考察できない(....... [続きを読む]

受信: 2006.08.21 20:56

» 安倍さん憲法変えたいのね。 [お玉おばさんでもわかる政治のお話]
 安倍官房長官は22日昼、横浜市内で開かれた自民党の再チャレンジ支援議員連盟の会合で講演し、次期政権で憲法を全面改正すべきだとの考えを示したうえ、9月の総裁選に向けた自らの政権構想に憲法の全面改正を盛り込む意向を表明した。 安倍氏は、「21世紀にふ....... [続きを読む]

受信: 2006.08.22 15:07

» 78歳の夏、グラスの一石 [Wein, Weib und Gesang]
昨年の総選挙前の取っておいた新聞記事に目を通した。ギュンター・グラス氏が都合五回の演説会をエスペーデーのために行っていて、その旅の途上同行して記事としている。 グラス氏は、SPDから脱党して十年以上経っている。1969年には百回と言う驚異的な選挙遊説運動をこなしている。 遅すぎた告白については、ヴァレサ元連帯代表をはじめ政治家や文化人からも批判が一通り出た。ヴァレサ氏の批判は最も厳しいものの一つでダンチッヒ名誉市民�... [続きを読む]

受信: 2006.08.24 18:24

« 早実 おめでとう | トップページ | マスコミが作る感動 »