« 教育における市場化 | トップページ | 大文字送り火 »

2006.08.15

それぞれの終戦記念日

小泉首相、靖国神社に昇殿して参拝と言うことで、小泉さん、公約の通り(?)8月15日に靖国参拝の夢(?)を実現されました。

さてさて、この先どうなることか、今後の動きに注目です。
私も個人的にいろいろ調べていずれ纏まったものが書けたらと思っています。

それはそうと、今日の昼のテレビで東條由布子さんを久しぶりに拝見いたしました。
昨年の7月東條由布子さんと言うタイトルで彼女にについて書いてから一年チョット。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
さて、由布子さん。
「大きな濁流の中で、東條は一人では、それを止める事はできなかった」と言われました。
私もそれはきっと正しい歴史の見解だと思うのです。
歴史は一人で動くものではない。
時代のエネルギーに翻弄されていく一人の人間東條を語るには、それはそうだと思うのです。
由布子さんがいみじくも言われたように「大きな濁流」だったのです。
自衛であれ、侵略であれ、「戦争そのものは濁流である」ことは由布子さんも認めていらっしゃいます。
あの時代は、
みんなが一直線に(もちろん反対の人も大勢いました)戦争へと突入しました。
東條英機一人の力で何する事も出来なかったと思います。
あるいは他の何人も。
過去の清算をキッチリなさりたい由布子さんのお気持ちもわかるのですが、
由布子さんが言われたように「東条英機個人」だけの責任でないことは、私たちは十分知っています。

ただ、
ただ、
私が思うのは、それだからこそ、
そうだからこそ、
由布子さんが語るべきことは、
「今、時代が再びアジアと剣呑な関係になりつつある。
あの濁流は、二度と起こしてはならない。
再び、東條由布子を作ってはいけない。
再び、戦争被害者を作ってはいけない。」
では、ないでしょうか?????
二度とあの間違いをしてはならないと言うことを声高に訴えることこそが、
先の戦争で亡くなった方たち(おじいさまも含めて)への
最高の慰霊ではないでしょうか?
おじいさまも戦争は本意でなかったとおっしゃっているのだから、
これからは平和のためにご活躍ください。
(もし、御著書でその様にかかれていたらゴメンナサイ。
私は読んでいないから)

由布子さん。
貴女には、これからは未来を見ていただきたい。
辛かった過去の呪縛から逃れ、
平和な未来を見て頂きたい。
素敵なあなただから

(昨年の記事)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
なんだかあの頃に比べて随分印象が険しくなった気がします。
以前は張り詰めた雰囲気と、毅然と構えた隠しようもない品格があった由布子さん。
しかし、今日の貴女はただただ険しいだけでした。
あの頃の品格を伺うことが出来なくて残念。
この一年間、貴女はどの様な生活をなさったのだろうかと、
決して貴女にとって豊かなものでなかったのではと他人事ながら気になります。
今日のお顔を拝見しながら貴女もまた戦争被害者であると実感を致しました。

戦没者追悼式が今日、日本武道館などで行われましたが、
61年経った今もなお、戦争は終わっていない。
と、改めて思いました。
そして、
戦争は誰をも幸せにしない。
と、言うことも。
改めて

|

« 教育における市場化 | トップページ | 大文字送り火 »

コメント

お気楽な日本人気質六十年経ってもけじめが付かない戦争をわたしなりに辿ってみました。
次の危機が背後に迫っているよう感じて仕方ありません。
けじめを付けなければなりません。

投稿: U_taiki | 2006.08.15 17:35

お久しぶりです。

8月15日がくれば、終戦の日となりますね。
久々に極論をブログに載せました。
お越しをお待ちしております。
合わせて、容赦ない突っ込みもお待ちしております。

でわでわ。

投稿: へのへの419 | 2006.08.15 21:45

U_taikiさん。
へのへの419さん。
こんにちは。
コメントありがとうございました。


U_taikiさん。
ブログ、拝見いたしました。
戦争を生で感じられ、そして生き抜いてこられたU_taiki さんの文は、心にグサリときます。
何と言っていいのか、、、

拝見しながら、「今」私たちがどこに向かおうとしているのかを更に考えました。
次代に何をバトンとしてを渡すべきか責任を強く痛感しています。
混迷の今、U_taiki さんの経験が深く重くのしかかってきました、、、

またいろいろご経験、お聞かせくださいね。
では、
なお、暑い日が続きますがお体お大切に。


へのへの419さん。
本当にお久しぶりです。
お元気でいらっしゃいましたか???
ブログ、再開されたのですか???
それはウレシイ。
FAIRNESSさんも御存知でしょうか?
喜ばれると思います(^.^)
どうぞ、これからも以前、同様宜しくお願いいたしますね。
419さんとは、違う考えのことも良くありましたが、とても楽しく、かつ刺激になるご意見をお聞きすることができて、とても勉強になったのですよ、、、

では、いずれ、ゆっくりと
突っ込みを。
なぁんて、冗談ですよ。
また拝見に行きますね。
では。

投稿: せとともこ | 2006.08.16 17:28

こんにちは、せとさん。

ブログの方は”再開”という訳ではないのですよ。
なんせ、お休みは週に一日となってしまいましたので。。。
それ以上に、文才が無いので1つ記事を書くのに時間がかかってしまうことが大きな原因なのですが。。。
ちなみに今回はお盆休みがあったのです!


そんな訳で、非常に不定期で更新してゆくことになると思います。
どうぞ、よろしく〜

>とても勉強になったのですよ、、、

そんな。。。。お恥ずかしい次第であります。

でわでわ

投稿: へのへの419 | 2006.08.20 08:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/11446707

この記事へのトラックバック一覧です: それぞれの終戦記念日:

» 数時間前のことも忘れているとは極度の健忘症なのか?それともアルツハイマーが発症しているのか? [ザ・のじじズム]
首相「各国との友好」強調 全国戦没者追悼式(共同通信)には目を疑いました。勝手に周辺諸国との友好関係を壊しておいてよく言うぜ!== ここから転載 ===================61回目の終戦記念日の15日、政府主催の全国戦没者追悼式が日本武道....... [続きを読む]

受信: 2006.08.15 22:00

» 小泉首相が靖国参拝 終戦記念日は21年ぶり [森熊事件簿!]
?小泉純一郎首相は15日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。首相の参拝は2001年の就任以来6回目だが、終戦記念日の参拝は初めてで、現職首相としては1985年の中曽根康弘氏以来21年ぶり。モーニング姿で本殿に上がる「昇殿参拝」で、「内閣総理大臣 小泉純一郎... [続きを読む]

受信: 2006.08.16 09:52

» 佐高信氏さんの呆れ果てぶりを漫画にするなら、こんな感じかもね、、。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
(クリックすると拡大します) ① ② ③ ④ 退陣1カ月前に暴挙 彼は果たして正 [続きを読む]

受信: 2006.08.18 19:15

« 教育における市場化 | トップページ | 大文字送り火 »