« レバノン問題 | トップページ | 靖国参拝 »

2006.08.10

オシムジャパン発進

オシムジャパン白星発進
昨日は朝からワクワク。
新生オシムジャパンがどんなサッカーを見せてくれるかと。
個人的には広島からは駒野と寿人がどんな活躍をするか、ハラハラ。
そして待ちに待った7時過ぎ。
キックオフ。
相手のトリニダードトバゴは遠征の疲れがあったのかもしれません。
動きがニブイ。
一方、日本代表。
やるではないですか。
走る。
走る。
走る。
おおお〜〜〜〜
監督が変わるとこんなに変わるんだ!!!
と、感心しているその揚げ句、
サントスがパンパンと二点をゲット!!!
おおおお。
やる。
サントスの本来の持ち味が十分に活かせて、本人もイキイキと楽しくやっているのがわかりました。
ダレダァ?サントスを守りにつかせたのは?(いえ通訳でした)
そして、そして私的には「何といっても良かったのはコ・マ・ノ」

駒野、絶妙アシスト 国際親善試合
と中国新聞でも褒めています。
ヨシヨシ。
寿人も途中からの出場でしたが、彼の持ち味を十分活かせたと思います。
それにしても監督が変わると、こんなにも違うのかと改めて思いました。
オシムさんにしては、この試合は満足の行くものでなかったことは、
途中退席でも伺えます。
「トイレ」なんて言いながら退席するなんて、もうこれだけで全てを語っています。
次に何が飛び出すか、予想の出来ないことをする監督で、面白いですね。
オシムサッカーを学ぶことは、選手にとっては大変だろうけれど、刺激になり勉強になり力になるでしょう。

もうひとつ個人的にビックリしたことは通訳
千田善さんだったのですね。
初め、テレビのアナウンサーが通訳の名前を紹介していましたが、聞きそびれました。試合の内容の方が気になるから、別に気にもしていませんでした。
ところがオシムが映る度に当然通訳が映る。
それでも別に何も思わなかったのですが、
ある時、監督・コーチー・通訳が全部立って話をしている姿をみて、突然
「アッ、千田さん???」
まさか。
まさか。
あの千田さんが。
でも、千田さん、言葉は話せるしサッカーもやっていたし、、、
とかとか思い出したら急に試合よりは通訳ばかり気になりました。
(試合がダレテきたのですが、、、)
そして、調べたら千田さんでした。
以前、私はユーゴのことをブログで書いたことがありますが、
ユーゴと言えば千田さんが日本での第一人者だと私は思っています。
と言う事でユーゴを調べるときはいつも千田さんのサイトへ行っていたのです。
そうか!
チダゼン。頑張れ!!!
オシムは通訳には「き・び・し・ぃ・ぞ」
と、言うことで私にとっては別の楽しみも出来たオシムジャパンです。
次は16日。
ニッポン。ちゃちゃちゃ

|

« レバノン問題 | トップページ | 靖国参拝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/11365701

この記事へのトラックバック一覧です: オシムジャパン発進:

» 「オシムの言葉」を伝える者 [せと☆ひできのサッカーコラム]
今やベストセラーになった「オシムの言葉」を書いた木村元彦さんは、この他にも「誇り [続きを読む]

受信: 2006.08.13 21:06

« レバノン問題 | トップページ | 靖国参拝 »