« 61回目の記念日 | トップページ | 亀田父vsやくさん »

2006.08.07

スポーツに求めるもの

世の中は慌ただしく目まぐるしく回っています。
W杯決勝で世界中が注目の中でのジダンの頭突き。
私もジダンの罪というタイトルで二回ほどこの問題について考え、記事にしました。
その後、欽チャンの野球やら北朝鮮女子サッカー、そして亀田選手のボクシングやらでジダンは遠くなっていました。
が、
昨日、村野瀬玲奈さんからジダン問題についてコメントを頂き、改めてこの問題を含め「スポーツとは何か」と考えてしまいました。
本来ならコメントでお返しするのが筋と思いますが、我が家のパソコン事情が今、時間内での接続と言う厳しいものなので新しい記事にしてお返事と言うか私の考えとさせていただきます。
まず、私はこの問題を考えるにあたり「プロスポーツに何を求めるか」と言うことを考えました。
それはズバリ「極限に挑戦する者の美」を魅せてくれるものの一つの表現方法ではと考えます。
本来、スポーツとは選手の優れた技と鍛えた術と並々ならぬ精神力を観るために私たち観客がチケットを買い求め、自分の日常からかけ離れ、時間を作り観戦するものだと思うのです。
勝敗は後からついてくるもの、、、という実に崇高なモノだったはずなのですが、
が、
いつの間にかその目的は、オリンピックに任せることになり、プロはひたすら勝ちに拘るようになりました。
そしてオリンピックまでもが国を背負い、勝敗、メダルに意義を求めるようになり、
行う者も観る者も本来の姿から遠ざかっていきつつあり、
いきつつありながらも、
それでも頭のスミッコでは「それっておかしい」と覚醒しています。
何故なら「極限に挑戦する者の美」からはずれているものを観ることは、はなはだ居心地が悪いからです。スッキリしないからです。

さてジダン問題に話題を戻すなら、
私はジダンの頭突きには断罪してしかるべきと思っています。
また彼自身も自らの行為については反省もし、FIFAの処分を受け入れているので、私の中では今まで通り「なんにしても熱い男ジダン」の評価のままです。
一方の当事者に対しても「けんか両成敗」の処分で私は良いと思います。
そりゃマテラッティが良いなんてことは絶対ありません。
五分と五つとは言わないが4−6か3−7で責任は二人にあります。
究極の美から対極にある卑劣な行為をしたのだから当然です。
ただ、どんな理由があれ「手」を出した方はマケです。
そして衆人環視の中で堂々と頭突きしたジダンに世間は糾弾の矢を浴びせることはしませんでした。何故なら彼は移民の子であり、移民の星であり、英雄だったから。
確かにピッチを離れた生活の後先ではそんな状況もあるのかもしれませんが、
ピッチの上では絶対、彼を移民の子だと思って差別するような選手は現実にはいないと私は思うのですが。
ジダンはジダンなのだから、、、
そんなスーパーな彼を人種問題で侮蔑するような発言があのイタリア戦であったとは考えられません。
ジダンが怒ったのは単に相手の挑発に乗ったからです。
それはジダンでなくてもお互いの選手同士でやっていることで、みんながみんな頭突きはしません。
だから私は挑発に乗ったジダンは悪いと思うのです。
ピッチ上で毅然としていればよかったのです。ジダンは。
しかし、その後、ジダン本人も含め、世論として盛り上がった「人種差別」。
確かにスポーツの場でもままある人種差別。
品性に欠ける野次、罵声が後を絶ちません。
しかし、本当にサッカーを、あるいはスポーツを愛している人には無関係です。
本物の技と術の前では「淘汰」されるのです。
とかく勝ち負けに関わると熱くなるのは人間の本性かもしれませんが、
本来のスポーツ以外での乱闘(?)はいずれ壊滅していくものと私は思います。

そのためにも問われているのは私たち観戦の側の姿勢でもあります。
「勝てば何をやってもいい」と言う土壌を厳しくチェックする「確かな目」を養うことだと考えます。
そう言う意味で、ジダンの投げかけた事、亀田選手のその後の世論の動きが実は私たち自身の姿であったと思うのです。
「差別」していたのはマテラッティではなく私たちなのではないか?
亀田選手の周りの大人の思惑とは別の所で、「強さ」と「正々堂々」を亀田選手に求めたのも私たちの居心地の良さを求めたからではと思うのです。

極限に挑戦することの美しさを、感動を求めるには私たち自身の有り様も含めて今後もスポーツと何かを考えていきたいものだと思いました。
さて、村野瀬さんからは、セクハラに関しても示唆に富むコメントを頂きましたが、
これは私の中ではレイヤーが違うので、いずれ別の記事にしていきたいと思います。
と、言うことで、通過点の一つとしての記事を書きました。

|

« 61回目の記念日 | トップページ | 亀田父vsやくさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/11322049

この記事へのトラックバック一覧です: スポーツに求めるもの:

« 61回目の記念日 | トップページ | 亀田父vsやくさん »