« 言葉を紡ぐ | トップページ | ファシズムはそよ風とともに »

2006.08.28

政党ビラ判決

マンションへの政党ビラまき、被告に無罪判決 東京地裁と言うニュースを見ました。
先頃の自民党加藤紘一さんの実家が右翼団体幹部に放火された疑い事件やら、暴力による言論に対しての封殺などがあって、
世の中が段々と殺伐とするのかと危惧しているさなかの今回の判決。
言論や思想、宗教など憲法で保障されている自由がどの様に解釈されるか興味をもって見守っていました。
私はこの事件は個人的には検察の遣りすぎと思っていたので妥当な判決と評価しています。

|

« 言葉を紡ぐ | トップページ | ファシズムはそよ風とともに »

コメント

別の考え方があると、お知らせしたく、トラックバックさせていただきました。

投稿: うみおくれクラブ | 2006.09.02 21:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/11647447

この記事へのトラックバック一覧です: 政党ビラ判決:

» 「政党ビラ配布 無罪」検察は控訴すべき!(5) [うみおくれクラブ]
ビラ配布をした本人、荒川庸生さん(58歳僧侶)の話  憲法で保障された重要な権利が、ここしばらくないがしろにされ、有罪という判決が続きましたが、この8月28日、無罪を勝ち取れたことは、この国の民主主義の自由がまた芽吹いてきた日だと確信しています。  私は公判のなかで、市民感覚に立って判断していただきたいと申し上げてきました。  私は、マンションの開放廊下に静かに入ってポスティングすることが犯罪であるとの認識はまったくありませんでした。これが一般市民常識だと思います。  23日間の拘留、1年半に及ぶ裁... [続きを読む]

受信: 2006.09.02 12:50

» 「政党ビラ配布 無罪」検察は控訴すべき!(7) [うみおくれクラブ]
 この話題も長くなって、飽きてきました。おそらく読者もそうでしょう。  判決要旨に沿って、いちいち批判しても、わかりにくいでしょう。  わかりやすく、簡潔にまとめてみます。  この事件は、裁判長が言う法秩序全体の見地からみるのではなく、宇宙秩序の見地に立って、考えるべきなのです。  冥王星は今まで、太陽系の惑星の一員として認められ、軌道を回って、政党ビラを配布してきました。しかし、この度、突然、「おまえは太陽系の惑星じゃないんだよ」と言われ、太陽系でのビラ配りを拒否されてしまいました。  惑星と認め... [続きを読む]

受信: 2006.09.05 20:35

« 言葉を紡ぐ | トップページ | ファシズムはそよ風とともに »