« 亀田父vsやくさん | トップページ | レバノン問題 »

2006.08.09

長崎の日

今日8月9日は長崎市でアメリカによる原爆投下から61年目を迎え平和式典をはじめ、原水爆禁止二〇〇六年世界大会・長崎など、核兵器廃絶と平和を願う諸行事が終日おこなわれます。

15万人もの市民を殺傷し、今も多くの被爆者が障害に苦しみ続けています。
この日、新たに長崎原爆死没者として納められる被爆者は2831人。累計で14万144人となります。現在、同市在住の被爆者健康手帳保持者は48200人(六月末現在)、平均年齢は74歳です。

先日の大阪地裁と広島地裁での原爆症認定集団訴訟の勝利判決は被爆者を大きく励ましたことは言うまでもありません。
「長崎でも必ず」と34人の原告(一、二陣合計)=うち6人が死亡=を先頭にたたかいが続いています。
まだまだ闘いは続きます。

今日も11時2分、61年前のあの日の事を思い、長崎には平和の鐘が鳴り響きました。
鐘の音を聞きながら今、ここに居ることの責任を感じました。
再び、戦禍にまみえることのないように祈りを込めて、、、
ーーーーーーー
こよなく晴れた 青空を
悲しと思う せつなさよ
うねりの波の 人の世に
はかなく生きる 野の花よ
なぐさめ はげまし 長崎の
ああ 長崎の鐘が鳴る

召されて妻は 天国へ
別れてひとり 旅立ちぬ
かたみに残る ロザリオの
鎖に白き わが涙
なぐさめ はげまし 長崎の
ああ 長崎の鐘が鳴る

こころの罪を うちあけて
更け行く夜の 月すみぬ
貧しき家の 柱にも
気高く白き マリア様
なぐさめ はげまし 長崎の
ああ 長崎の鐘が鳴る

|

« 亀田父vsやくさん | トップページ | レバノン問題 »

コメント

「長崎の鐘」は私のレパートリーの中で、最も得意とする曲であり、同窓会などでは必ず唄わせられるものです。
 永井博士の思いを込め、祈りながら切々と唄うことを心がけています。      合掌

投稿: hitoriyogari | 2006.08.12 11:13

hitoriyogariさん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。
パソコンの調子が悪くて頂いたコメントのお返事も出来ないことがあり、失礼していました。
やっと接続が出来るようになりましたので、これからも宜しくお願いいたします。

hitoriyogariさんの歌って、素敵なんでしょうね。
私もお聞きしたいです(^.^)
次の発表会に向けて励まれていることと思います。
暑い日が続きますがお体お大切に!!!

投稿: せとともこ | 2006.08.14 11:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/11349970

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎の日:

» 長崎の鐘 [ありのままでいるとき]
作詞 サトウ・ハチロー 作曲 古関裕而 ♪こよなく晴れた 青空を 悲しと思う せ [続きを読む]

受信: 2006.08.09 18:08

» 長崎市長の怒り。 そして日本、米国に核軍縮・平和への努力を望む [日本がアブナイ!]
 8月9日は、長崎に原爆が投下された日である。    世界で最初に原爆が投下されたのが6日の広島だったためか、長崎のことはやや軽視され がちになってしまうところがあるように思うが<長崎出身の知人もよくそう言っていた>。 改めて、犠牲者の方々に哀悼の念を表すと共に、平和と軍縮を願いたいと思う。  本日(9日)行なわれた平和祈念式典では、伊藤一長市長は平和宣言で、「人間はいったい 何をしているのか」という出だしに始まって、核軍縮が進まない現状への怒りをあらわにし、 世界の国々や科学... [続きを読む]

受信: 2006.08.10 10:11

« 亀田父vsやくさん | トップページ | レバノン問題 »