« 座骨神経痛養生中 | トップページ | 安倍さんですかぁ »

2006.09.20

座骨神経痛養生記

座骨神経痛との闘いの中で、
何を得たかと言えば「こころ」の問題です。

私は何か問題が生じるとネット検索や本を片っ端から調べると言う「悲しい性」があります。
以前も書きましたが、
それは政治・経済だけでなく病気についても徹底的に調べます。
蕁麻疹の時は、ネットの履歴は「蕁麻疹」だらけ。
花粉症の時期はひたすら「花粉症」。
また、カメムシがでたらカメムシ。
毛虫なら毛虫。
こんな私に夫は「ご苦労な性格」といつも言います。

さて座骨神経痛。
勿論、本棚から関連の本を次々と引っ張り出し、
ここ数日のネットの検索は「腰痛・座骨神経痛」ばかり。
そしてこの三週間で整形外科には行きまくり、
友人には電話をかけまくりました。
整形はセカンドオピニオンということで三軒。
一つは、先生の診察は凄く丁寧で、レントゲン以外にも手やら足やらしっかり診てくれます。
しかし治療は流れ作業。
次の医者は、お気楽。
「あああ、この病気は死にません。死ぬまで痛いかもしれませんが、、、」
と言って、筋肉トレーニングを教えてくれます。
さらにもう一軒は、本当になんでもありの町医者。
ただマッサージの先生が「心」を受け止めてくれます。
「ゆっくり、ゆっくりいこうね。治るから」と。
そんなわけで三軒の医者をハシゴ。
全部言うことは「座骨神経痛」。
しかし治療法はみんな違う。
すると途端に迷う私。
心がザワザワと波たつ。
そこで登場するのが気功の友人とカイロプラクチックの友人。
二人に電話をしてしゃべりまくる。
「元気そうじゃない」なんて言われても絶対信じない。
「うううう〜〜〜〜んん。ココとアコとソコが痛くて泣いている」とひたすら喋りまくる。
電話の向こうの友人は言う。
「元気そうだよ」と。
満足しない私の、次の友人はリウマチとか腰痛で実際に痛んでいる友達。
お互いに痛いところ自慢をしあって、サヨウナラ。
それでも、
それでも、心は落ち着かなくひたすら「治る」ことを求めている。
以前、読んでいた夏樹さんの「椅子が怖い」をもう一度読み直し。
さらに「腰痛は怒りである」という本をネットで知って、即、夫に生協に注文してもらう。
その間、整体にかかっている友人が、今度、一緒に行こうと誘ってくれる。
連れていってくれる日を指折り数えて待っている。
別の友人は「サプリメントがいい」という。
カタログを送ってくれるという。
毎日、ポストを見に行くがまだ届かない、、、

ああああ〜〜〜〜〜
痛いよ。グスン。グスン。
可哀想な私。

そして昨日の夜。
帰りが遅くなると言う夫の電話を受けて、
「じゃ、それまで鎮痛・消炎剤を腰に貼って待っていよう」と思って、
医者から貰った貼り薬を腰にペタペタ。
夫を待つうちにウトウト。
夫の帰りが予想外に遅く、気がついたら12時近い。
慌てて腰に貼ってあった薬をはがしながら、急に心配がもたげてくる・
「あっ、この薬の副作用ってなんだろう?」
思うと不安がドヨドヨとひろがる。
すぐにネット検索。
〜〜〜副作用はかゆみ・発赤、、、、まれにショック〜〜〜

「うわっっ====ショックってなんだぁ」と、さらに検索は続く。
なんだか胃のあたりがスースしてきた感がする。ひょっとしら薬が効きすぎている?
うわっ〜〜〜
「薬名、口にはいる」検索しても出てくるわけない。
ひょっとしたら私「心」が変?
だんだん、心がグチャグチャになる自分を認識。
早速、本棚から「心の病を治す食事」と言う本をとってくる。

そこへ帰ってきた夫。
ことの顛末をしゃべりまくる。
聞いていた夫がただ一言。
「さとれ」と。
曰く。
今、治そうとジタバタしていることはみんな反対のこと。
結局悪くしているだけ。
もう、病気の事は気にせず全て受け入れろ。
痛いと騒いでいる時間があれば写経でもしろ。


うううう〜〜〜〜〜〜んんん。
写経。
夫の口から写経なんて言葉がでるなんて、、、
さとれ、なんて、、、
物理学者で宗教とは無縁と思っていた夫。
般若心経なら唱えることができる私。
道元を読み、良寛を愛し、菜根譚を傍らに、ひたすら精神修養をしようとアタフタとしている私。
結局、夫の一言でそれらがなんと借り物であったかとガツンと思い知った私。

その後も夫から諄に説かれ、
次第に明らかになっていく自分。
言われてみれば、大好きなサッカーや映画の時は痛くない。友人と話していても平気。
趣味の格闘ゲーム(実は大好き)をしているときも全然痛みを感じない。
が、
終わった途端、痛みがド〜〜ド〜〜通し寄せてくる。
結局、私も夏樹さんと同じように
自分で新しい病気を探して、作り、そこに埋没しようとしていたのかもしれません。
夫曰く「暇」だとか。
もっと生産的なことをしろと言われました。
例えば「平和」についてとか、「教育」とか「歴史」とか、、、

実際、腰痛やら座骨神経痛は昨日と同じように変わらずあるのですが、
「だからなんなのだ」
という気になっている私です。
と、いうことで、
すぐには変わらない頑固な私の心と向き合いながら、
今日は、ちょっと他の勉強をしようと思っています。

|

« 座骨神経痛養生中 | トップページ | 安倍さんですかぁ »

コメント

瀬戸智子さん、こんにちは。あんまりお元気じゃなさそうですね。でも、格闘ゲームとかしてるということですから、気の病ですか。格闘ゲームって、何ですか。そのへんを歩いている人をつかまえて取っ組み合いをするのですか。

今日絵を描いていて思ったのですが、月の光の色は薄いレモン色が一番近いような気がします。

月の光を浴びながら寝ると健康によさそうな気がしませんか。いろんな治療のコレクションにぜひ加えてみてください。

投稿: 葉子 | 2006.09.20 12:38

キツイですよね。私も坐骨神経痛があります。
私も整形、整体と渡り歩いた揚げ句、柔道整復師の免許を持つ整骨院(保険あり)で、かなりマシになりました。
ソフトなタッチで骨の向きを1つひとつ整えていくんです。腰を治すのに首の骨をいじったりする。からだを「微調整」されている感じで、数回通うとウソのように痛みが取れました。
「痛くすると緊張するので、骨は整えにくいんですよ」との言葉に納得。痛くない治療をしてくれるところを探してみてくださいね♪

投稿: 水葉 | 2006.09.20 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/11967962

この記事へのトラックバック一覧です: 座骨神経痛養生記:

» 筋肉トレーニング方法に関する情報満載です! [筋肉 トレーニング 方法 情報ナビ]
筋トレをやってみたいけど、方法が意外と分からなかったりするものです。筋肉トレーニング方法に関する情報満載ですので、ぜひ活用していってください。 [続きを読む]

受信: 2006.09.23 22:55

» 死刑廃止論について [お玉おばさんでもわかる政治のお話]
死刑廃止論についての麗子様玲奈さんばあやさんたちとのお話に、沢山のコメントをありがとうございます。 お玉はお玉らしくしか語れないので、皆さんのような深い考察が出来ていない・・・けれども、被害を受けた当事者の方々以外が「悪」と確信の持てるものにたいして安心....... [続きを読む]

受信: 2006.09.24 00:55

» ぎっくり腰の整体治療 [ぎっくり腰の予防と治療法]
整体とは手技または他の物理的な方法や相手への情報伝達により、骨格や筋肉の歪を整え、脳から細胞への神経の流れを正常にして、様々な疾病を予防したり、人間が本来持つ生命力を正常にする目的で行われる民間療法のこと。 ○○式整体法等の名称で、古来より日本で行われてきたものや、世界各国で上記目的で行われてきた民間療法の総称と考えています。 ... [続きを読む]

受信: 2006.10.02 11:06

« 座骨神経痛養生中 | トップページ | 安倍さんですかぁ »