« 鬼と女とは人に見えぬぞよき? | トップページ | 9月9日 »

2006.09.09

どうする?金融庁

サラ金の高金利を引き下げる貸金業規制法改正原案をめぐり、自民党内の調整が難航しているとのこと。
では実際どう言うことか見てみましょう。

そもそもは、金利引き下げでの焦点は、
サラ金が利息制限法の上限金利(15〜20%)を上回る出資法の上限(29・2%)すれすれで融資する灰色金利の廃止でした。
自民・金融庁の案は、この灰色金利を廃止したといいます。
が、現実には、期間6カ月〜1年、30〜50万円の短期・少額の融資は「特例」として年28%もの高利を認めるものです。
サラ金の一件あたりの貸し付け平均は40万円。
つまり特例が特例でない事態になります。
なぜ高金利特例なのかと言う事について、
金融庁は、「給料日までのつなぎ資金など短期・少額の融資は、金利を下げると審査が厳しくなり融資が受けられなくなる人が増えるからだ」と主張。
しかし「甘い言葉にゃ裏がある。
美しい花には刺ある」
この「短期・少額融資」というのが罠です。
「十日以内は無利息」と聞けば、誰でもイイネ、、、しかも可愛い女の子や優しそうなオジサンやワンちゃんまで言うのだから安心。
と、思って借りようものならそこからは無限地獄です。
10日間なんてすぐに経ちます。
これからがサラ金の真骨頂。
年3割近い高利を容赦なくかけるのです。
そして後は御存知の通り。
返済のために別のサラ金からも融資を受ける多重債務。そして遂に破産や自殺にまで至るというのが今までのサラ金禍の構図。

と、言うことでこの案は各方面から批判が相次ぎ、
流石の自民党ももう一度練り直す模様。

金利を下げることは勿論、サラ金の金利云々よりもさきに、
低所得世帯へのセーフティーネットとなる緊急小口資金制度や生活福祉資金貸付制度など低利の公的融資制度の拡充など政府自らが行うべきことも視野に入れて検討する必要があります。
この問題、今後もしっかりと見ていきたいものです。

|

« 鬼と女とは人に見えぬぞよき? | トップページ | 9月9日 »

コメント

 今晩は TBありがとうございます。
 サラ金業者は自民・公明・民主にパーティ券購入などの名目で1500万円を超える献金をしています。 これが「金利引き下げ阻止」のための工作資金として利用されていることは明白です。
 こういうことが続く限り日本は良くなりません。金で政界を牛耳られるのはほんの一時です。
必ず彼らに正義の鉄槌を食らわせましょう。
 

投稿: sanroku63 | 2006.09.09 21:18

sanroku63 さん。
こんにちは。
コメント・トラックバックありがとうございました。
お返事をと思いながら、このところ座骨神経痛が出ていてリハビリやらプールやら行っていたのです。
と、いうことで遅くなり失礼しました。

サラ金のグレーゾーンについては許し難いですね。
国の言い分では、サラ金を認めることは闇金融対策だとか、、、
オイオイ。冗談じゃないと思います。
これに関しては今後もしっかりと見ていきたいと思いますので、またアドバイス・ご意見を頂けると嬉しく思います。
ではsanroku63 さんもくれぐれもご自愛くださいね。

投稿: せとともこ | 2006.09.11 17:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/11821455

この記事へのトラックバック一覧です: どうする?金融庁:

» 三位一体財政改革の狙い [晴耕雨読]
「財政危機」が叫ばれるなか、「自助努力」や「地方分権」が声高に主張されている。 「自助努力」の中身は、消費税率引き上げ・健康保険適用治療費の“3割負担”・年金保険料の持続的な負担増と給付減などであり、予定されている消費税を主たるターゲットにした増税や社会保険のさらなる負担増である。 「地方分権」の中身は、地方自治の強化を建前とした、地方自治体を犠牲にした政府部門の“見掛けだけ”の財政改革である。 【財政問題】責任のツケをダブルで国民に回し、自分たちだけは有能なフリができる条件をつくろうとしてい... [続きを読む]

受信: 2006.09.09 19:25

» 重農主義から見える産業主義近代 [晴耕雨読]
産業」に懐疑の目を向けていた人たちは近代的産業が興隆する前に既にいた。 それは、フランス絶対王政期に経済問題に取り組んだ重農主義と呼ばれる人たちである。 彼らの特長は、「自然の秩序」である。その自然も、自然権などで使われる超歴史的な自然ではなく、人々が現実に生きている世界としての自然である。 重農主義者として名が知られているのはケネーとチュルゴーだが、より重農主義的と言えるのはケネーである。 彼は、「経済表」という現在の産業連関表の祖とも言える社会的再生産過程の考え方を提示した。 この「経済表... [続きを読む]

受信: 2006.09.28 18:54

« 鬼と女とは人に見えぬぞよき? | トップページ | 9月9日 »