« サウジアラビア戦 | トップページ | 2007年度概算要求 »

2006.09.04

総裁選

安倍さんが広島で総裁選出馬を表明して3日が経ちました。
出馬を正式に決める前から次期総裁との声が高く、
マスコミやネットでも安倍さんに対しての発言のアレコレ、さらにはそこから発生したネット界隈での一悶着(あるブログでのある記事に対するトラックバックそ削除云々)と、私にとってはこの2〜3日は情報を得る事に忙しくて自分自身の考えをまとめるに至りませんでした。
さてそんな中、安倍さんの対抗馬にあたる麻生さんの発言に些か気になるものがありました。
自民党がこの1日、広島市内で中国ブロック大会を開き、
総裁選に出馬すると言われる安倍晋三官房長官、麻生太郎外相、谷垣禎一財務相の三人がそろって社会保障問題などで討論した事は既に報道で盛んに言われています。
このなかで麻生さん。
〜〜いまの時代に合った年金づくりを考えなければならない〜〜
と言う主張をなさいました。
ここまではヨシ。
しかしその後次のような由々しき発言が続きました。
「六十五歳以上の人のうち本当の意味での寝たきりは15%しかいない。あとの85%はまわりが迷惑するくらい元気。こういう人は働くしか才能がないといえば語弊があるが、あんまり遊んだことはない。そういう人たちをうまくおだてて使うことが会社経営者の才能」。

うううううう〜〜〜〜〜んんん。

もう一度書きます。
「六十五歳以上の人のうち本当の意味での寝たきりは15%しかいない。あとの85%はまわりが迷惑するくらい元気。こういう人は働くしか才能がないといえば語弊があるが、あんまり遊んだことはない。そういう人たちをうまくおだてて使うことが会社経営者の才能」。

麻生さん。
これってあんまりじゃないですか?
高齢者の方に対してあまりにも失礼ではと思います。
迷惑するほど元気???
これって本当に酷い発言です。
しかも外務大臣が公式の場で発言することだろうか?
そして結論として「経営者は高齢者をおだてて使え」とアドバイス(?)。
知性とか品性とかひとかけらもありません。

麻生さん。
今、私たちがここにあるのは、お年寄りの方々がお若い頃に汗水たらして働いたその財産で生きているわけです。
現役を引退されて悠々と余生を送っていらっしゃる高齢者の方々のことを周りは迷惑なんて思うでしょうか?
仮に思うとしたらそれは政治の貧困ではと思います。
お年寄り、子どもたち、障害者が如何に大切にされるかを見ることは
「その社会の成熟度」を伺う指標と思います。
そう言う意味では、
麻生さん、自らが今の政府には成熟した市民社会を担うだけの理論も政策もないことを述べているのではと考えます。

次期総理が安倍さんか、麻生さんか、あるいは谷垣さんなのか
私の手の届かないところで決められるのはとても残念です。
が、
どんなに手の届かないところで決められた総理であろうとも、
私たちの生活に隈なく関わってくる人だから、
やはりその品性が高い人であってもらいたいと願わずにはいられません。

安倍さん。
火のないところに煙は立たぬと昔から言いますが、
口から口へ、ネットからネットへと言われているウワサ。
本当なのですか?
民衆・大衆の自由な発言を取り閉まろうとなさっていると言うことが取り沙汰されています。
もし事実なら、
これは絶対なさらない方がいい。
「墓穴」を掘ります。
過去の歴史をご覧なさい。
大衆を味方につけない権力はいずれ滅び去っていきます。
なぜなら、一握りの権力はあまたの大衆に所詮、対抗できないのだから。
時代の流れ、時の轟音は大衆から発していくのです。
私は歴史を繙く度に思うのですが、
どんな時代でも一握りの権力者によって時代は作られていくように見えるのだが、
その根底には大衆の大きなエネルギーに支えられていると言うことを見逃してはなりません。
そう言う意味でも今、巷で言われているような言論への圧力が本当にあるとしたら、それは大衆への挑戦です。やめた方がいい。
絶対に勝算はありません。
さて、美しい国とは、人々がまぁ煩いくらいギャンギャン騒いでいる生命力溢れる国のことです。
権力で民主を縛ることは絶対なさらない方がいい。
ところで美しい国の発想は安倍さんのオリジナルなのですか???
いえね、、、
少々気になっただけです。

谷垣さん。
消費税、上げないでください。
これ以上税金が上がるとこの国で税金を納めることが出来る人はいなくなります。
少子化のためなんてここに少子化を理由にするなんてズルイですよ。
少子化を真剣に考えているなら先にすべきことはもっともっとありますよ。
谷垣さん。

と、いうことでかつてなく次期総理になられる方には注目が集まっている総裁選。
しっかりと見ていきたいものです。
このニュース、今後も気がつき次第書いていくつもりです。

 

|

« サウジアラビア戦 | トップページ | 2007年度概算要求 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/11760182

この記事へのトラックバック一覧です: 総裁選:

» 「日本教育再生機構」…ニホンが新しい歴史に染められる時 [dr.stoneflyの戯れ言]
 アメリカと戦争と統一原理の使徒アベが、「愛国心」と「売国心」の違いが解らないまま総裁選に出馬した。「憲法改造」と「教育基本法捏造」を掲げ、ヌボーと何やら喋っている……。  ……、もう何人ものブロガーが、アベについては書いていて、ワタシごときが書くことは余りない。本音をいえば、書いてるだけでイライラして精神衛生上よくないのだ。できれば「美しく(ケッ!!)」生活したいので、アベの弊害は他のブロガーにまかせようと思っていた……、が……。... [続きを読む]

受信: 2006.09.05 12:39

« サウジアラビア戦 | トップページ | 2007年度概算要求 »