« 安倍内閣 | トップページ | 放射能漏れ »

2006.09.29

世界のメディアから

アメリカのライス国務長官は26日、ラジオのインタビューで、小泉前首相の靖国神社参拝で悪化した「日中両国の和解に何が必要だと思うか」と問われ、「政治的意思が必要だし、問題があったことを認めることが必要だ」と強調。
続いて「歴史を克服するのは難しいが、過去に歴史問題があったことを認めてこそ未来に進んでいける」と述べ、安倍新政権がアジアで指導力を発揮するよう促しました。
さらにアメリカの議会やメディアも安倍内閣に注文をドンドン述べています。
米下院外交委員会でハイド委員長が「事実に基づかない靖国神社の歴史観は是正を求める」と発言。
次期委員長就任が取りざたされるラントス議員は「ナチス指導者に花輪をささげるようなもの」と靖国参拝中止を求めまたのは安倍さんが内閣を発足させる前のこと。
この発言を受けて、
25日付ワシントン・ポスト紙は、安倍首相にたいし「過去の失敗を大胆に捨て去る必要がある」「第一歩として前首相が挑発的に繰り返した靖国神社参拝をやめると宣言すべきだ」と要求。
27日付ニューヨーク・タイムズでも、アメリカとの友好な関係を望みつつも、
「新首相は歴史に誠実でなければならない」「過去の誤りを認めないなら責任ある民主主義として受け入れられないだろう」と主張。
たとえアメリカと言えども、日本の内閣に対して、ここまで踏み込んで書いていくるのは従来にないことです。

一方、イギリスのタイムズ27日付では、
「安倍氏は誠実か—アジア最大の経済国は将来をつかむために過去に直面しなければならない」と題する社説を掲載。「中国を愚弄(ぐろう)するような毎年の靖国神社参拝をせずに、東アジア諸国との関係をまずくすることなく)死者を慰問する方法を見つけるべきだ」と提言。

続いてドイツ・ベルリンのウェルト紙27日付は
安倍氏について、「日本の軍国主義の過去に無批判である。日本の戦争犯罪に対する謝罪を認めないだけでなく、東京裁判の正当性さえ疑問視している」と紹介。戦犯をまつる靖国神社に何度も参拝し、北朝鮮に対する強固な態度で政治のスターになった安倍氏のもとで、愛国主義教育が強化される恐れがあると懸念を表明。
また、公共ARDテレビは26日のニュースで、「安倍氏は平和憲法を変えようとしている。今後、自信に満ちた役者として日本を安全保障の舞台に登場させることを狙っている」と報道。

あのアラブ首長国連邦では、アルハリージ紙20日付でレバノン大学教授のマスード・ダヘル氏による安倍晋三氏に関する論評を掲載。
「日本の権力の座にある『新保守主義者』」と題する論評で同氏は、安倍氏の政治姿勢とその特徴について、次のように紹介しています。
(1)アジアにおける日本のイメージと利益を損ねるとの反対があるにもかかわらず米国とあらゆる分野での関係を促進する点で小泉前首相の後継者だ
(2)中国や韓国などアジア諸国が反対している小泉前首相の靖国神社参拝を手本にしている
(3)現在を、日本がアジアで政治、経済、軍事、文化のあらゆる分野で主導権を復活させる歴史的好機とみている
(4)戦力の保持と海外での軍事行動への参加を禁じた日本国憲法第九条を変える試みを進めている。


これは海外のメディアが安倍さんをどのように見ているかを書いている記事です。

安倍さん。
世界に出て行くには可成、「歴史観」の壁は大きい模様です。
アジア諸国だけがアレコレの注文をつけているようではないようです。
かくなるうえは、安倍さん流の言い方に従って、
もう一度、「しっかりと」日本国民・世界の人々にむけて、分かりやすく「靖国と歴史」について自説をお話するといいと思います。

|

« 安倍内閣 | トップページ | 放射能漏れ »

コメント

すごーーーいっ! 
すごすぎます、この記事は!

うすうす直感的に感じていた安倍政権への印象でしたけど、世界のメディアを逆輸入してはっきり教えられた気がします。つい最近まで流行ってた「新自由主義」にかわって、こんどの政権は「新保守主義」(マスード・ダヘル氏)ですか! 各メディア・知識階級が、こんなにも注目してるとは驚きです。日本の状況は世界の「片隅」に起こる偶発物、小さなホコリのように無視できる猥雑物ではありませんからね。

でも、驚いた理由はそれだけじゃありません。瀬戸先生が、広く世界のメディアを眺めていらっしゃることにもです。英語あり、ドイツ語あり。アラブ首長国連邦のアルハリージ紙って何語でしょう? オランダ語? やっぱり英語っすか?(何もわかってない低脳児で恥ずかしい)

うってかわって文脈を乱すのかな? 先生、腰痛の様子はその後どうですか? 西洋医学のほうなら、スポーツ関係のお医者さんたちが詳しいようです。自分も最終的には「スポ-ツ・ドクター」の異名(?)を持ってる方に診てもらいました。毎日の生活を恐々な感じで送ってらっしゃると想像しますけど、その後のリハビリが大切だとか。とくに腹筋・下半身の強化ですかね。これ、女性の場合は下腹部のシェイプ・アップに超有効。(^^;)

おれの場合は入院して、結局一ヶ月くらいブラブラ過ごしました。「一週間後には手術だね。もう、それしかないね」と脅迫されたのが効いたのか、もう酒ばっかり呑んで世を拗ねてた三日後に、ピョンと歩けたのですよ! …ってことが、いいたいわけでは。

先生。あとフランス、ロシアの、メディア・知識人・政治経済の指導層の発言があったら最高ですね! おれの中では、なぜかこれが、先生の腰痛生活と関係してますって話でした。(▼▼;)

投稿: わど | 2006.09.30 12:02

わどさん。
こんにちは。
コメント・ならびにトラックバックありがとうございます。
頂いたトラックバックの方は可成、内容が重いのでゆっくり、何回も読ませて頂く所存です。
楽しみが増えました(^.^)

さて、腰痛。
かなり快くなりました。
いろいろアドバイスありがとうございました。
とても心強く、有り難いコメントで嬉しくおもっていたものです。
今度「腰痛日記」を書きます折は、またご意見いただけると嬉しく思います。

なお、世界のニュースについて、いろいろ集めているサイトがあって、そこを覗き込みながらピックアップしています。
英語もヤットコサットコ、汗かきかき読んでいます(^^;
日本語も時々「暴走」かな?の私です。
が、これかもよろしくお願いいたします。
夏の疲れが出る頃、ご自愛くださいね。
では。

投稿: せとともこ | 2006.10.02 19:09

TB先の記事が重かった理由は、一部にHTMLの間違いがあったから、だったようです(汗・汗・汗)。大急ぎで直しましたので、お時間があるときアクセスしてみてくださーい。(^^;)

*このウィーンの壁紙、ちょっといいですね。イラスト模様とはまた違った落ち着きを感じさせてくれます。どこか、懐かしさを呼び起こしたりも。淡いトーンを最大限に生かして、咲き乱れる小さな花の華やかさや喜びを表現した方法の印象なのでしょうか。日本の昔にも、小さな植物たちをひとしなみに愛でる文化があったのでは、と気づかされます。
そして、富や名声を可能なかぎり独占しようとする、われがちの世の中はもういいじゃない、と呟いてみるのでした。

投稿: わど | 2006.10.03 15:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/12083128

この記事へのトラックバック一覧です: 世界のメディアから:

» みんな、ありがとうね。 [お玉おばさんでもわかる政治のお話]
お玉が「お玉おばさんでもわかる政治のお話」を始めて今日で丸一年です。 これで363個目の記事になります。 前回の記事の盛り上がりもあり、コメントは今現在で約6300・・すごい!!うちがいかにコメント欄に支えられてブログを続けてい...... [続きを読む]

受信: 2006.09.29 19:17

« 安倍内閣 | トップページ | 放射能漏れ »