« 東京都教育委員会に対する緊急要請への賛同のお願い | トップページ | ガーナ戦 »

2006.10.04

代表質問雑感

従軍慰安婦問題「河野談話受け継ぐ」 安倍首相と言うタイトルで asahi.comにニュースが掲載されたのは昨日3日の22時。
衆院代表質問でのこと。
私もテレビで見ていたのですが、
実は安倍さんが質問に対してどの様に答えたのかはっきり分からなかったのです。
質問する方の主張は、とてもよく分かるのですが、
安倍さんは、例の早口と棒読みでツッカエツッカエ。
おいおい、音読の勉強しろよな、、なぁんて小さなツッコミを入れます。
なおも聞いていると、いつの間にか他のことを考えていて、どうも答弁の中に入りきれない私です。
本人も気にしている模様。

これに関しては、野党の国会議員も単調と批判しているようです。
従って小泉さんの時は楽しみにしていた「ツッコミ」ができないよ〜〜〜〜安倍さん。
いや、待て。
こんな私も一つだけ頭に残った言葉がありました。
「筋肉質の○○」を目指すと、やたら言っていました。
思うに小泉さんの「骨太方針」になぞらえたものでしょうが、(私は骨粗鬆症方針と思っていましたが)
筋肉質、、、ねぇ。
筋肉質ってのは何かい?マッチョってこと???
そして国中、筋肉を鍛えた兵隊さんだらけにするおつもりかい???
と、テレビに向かって「ツッコミ」を入れることが出来ました。
ヤレヤレ。

さて、今日は福島瑞穂さんとの質問の攻守を面白く見ていました。
福島さんが、「従軍慰安婦」「村山談話」「東京裁判」「憲法」「集団的自衛権」について質問。
「総理は昨日の衆議院の代表質問で”河野談話””村山談話”を政府の公式見解と認めましたが、
間違いありませんね」
と、福島さんに言われ、
「政府の見解」であると認めました。
また東京裁判も従来の政府見解と同じであることを表明しました。
ただ、安倍さん個人の考えに言及されると、
「歴史の分析について政治家が語ることには謙虚であるべきだ」と言うことで答えはありませんでした。
が、
安倍さん個人の意見がなんであれ、
政府の見解としては河野談話・村山談話は認めるということは、はっきりと国会の場で「総理」として述べたことは大きな一歩です。
あの安倍さんが「認めた」のですよ。

彼の真意がどの様な方向を目指すのか、まだ見えませんが、
今日の代表質問の「答え」を信じていきたいものです。

|

« 東京都教育委員会に対する緊急要請への賛同のお願い | トップページ | ガーナ戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/12147115

この記事へのトラックバック一覧です: 代表質問雑感:

« 東京都教育委員会に対する緊急要請への賛同のお願い | トップページ | ガーナ戦 »