« 共謀罪黄泉(よみ)がえり?その3 | トップページ | 天に唾するもの »

2006.10.20

テロ特措法案の行方

テロ特措法案が昨日19日衆院本会議で、自民党と公明党の賛成多数で可決されました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
インド洋での海上自衛隊による米艦船などへの給油活動を11月から1年間延長するためのテロ対策特別措置法改正案が19日午後の衆院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決、参院に送付された。同法案はこれに先立つ衆院イラク復興支援特別委員会で可決。政府、与党は今月中の成立を目指している。

テロ特措法は2001年9月の米中枢同時テロを受け、米軍が中心となってアフガニスタンで実施しているテロリスト掃討作戦を支援するため、同年10月に2年間の時限立法で成立。03年に2年間、05年に1年間延長しており、今回で延長は3回目となる。
(上記ニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

つい先日も記事にしましたが、
テロで平和は絶対に保障されません。
むしろ、泥沼化していくことはアメリカ自身が認めています。
テロ、テロ、、、、
とテロを理由にして海外に自衛隊を派遣。
次にはテロ、テロ、テロとテロを理由に時限立法から恒久化にもくろむ。
さらに、
核、核、核、、、、
と北朝鮮の核の脅威を逆手に「核武装」を叫ぶ。

言えば言うほど、目的から遠ざかる手段。
が、
本当の目的には限りなく近づいているのでは、、、
と、私の声なき声がこだましています。
ガンガンガンガン!!!
もうすぐそこに、やって来ている。
「いくさをする国」が。
と。

止めるのは今。
今しかない。

平和を守るために、
テロをなくすために行うべきことは力ではなく対話であることを、
声高に叫ぶのは、
今。

|

« 共謀罪黄泉(よみ)がえり?その3 | トップページ | 天に唾するもの »

コメント

はじめまして こば☆ふみ と申します。
共謀罪関連の連続エントリー拝見しましたがなかなか書けるものじゃないです。勇気と力を感じます。
ここのところ日本は事件・問題山積状況ですがそんな中で「特別措置法」衆議院通過したんですね・・・政権側に上手く状況を利用されているようで・・・国民の自覚が本当に必要ですね。
わたしは言論・行動の自由を奪う「共謀罪」を見つめて行くつもりです。また、おじゃまいたします。

投稿: こば☆ふみ | 2006.10.20 22:34

こば☆ふみ さん。
初めまして。
コメントありがとうございます。

特措法もそうですが、今、ネット界では忘れかけられていた耐震偽装関連の問題が浮上しています。
その対極としてマスコミの伝えられ方に疑問を呈している方が多いですね。
私も一年前の姉歯さんの時のマスコミのギャンギャン騒いでいた時を思い出しながら、皆さんの言われるような「裏」があるのかな、、、なんて思ったりしてしまいます。
イジメも大きな問題ですが、その裏で何が国会を通過していくのか「しっかり」見ていく必要を感じています。
細々とではありますが、これからも書き連ねていくつもりです。
またご意見、アドバイスなど頂けると嬉しく思います。
どうぞ宜しくお願いいたします。
では、、、

投稿: せとともこ | 2006.10.21 11:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/12352549

この記事へのトラックバック一覧です: テロ特措法案の行方:

» フェアではない――イーホームズ藤田さんへのメディア・役所の対応を江川紹子さんが [とむ丸の夢]
 久々にジャーナリストの良心を見た思いです(もちろん、華氏さんの良心から出る言葉にはいつも励まされていますが、つい彼の場合は仲間内の感覚でいますから、こういう場合は除外されます)。  10月19日の日付で江川... [続きを読む]

受信: 2006.10.21 11:10

« 共謀罪黄泉(よみ)がえり?その3 | トップページ | 天に唾するもの »