« 瀕死の教基法 | トップページ | いじめ緊急提言全文 »

2006.11.29

呆れた復党会談

「郵政民営化には反対でない」 復党4氏が会見で説明と言うニュースが昨日から度々報道。
ううううう〜〜〜〜〜〜んん。
恥ずかしい。
見ている方が恥ずかしくなる。
なぁんだかな、、、

しっかし、彼らの罪は大きぃなぁ。
結局、彼らが残したものは「自民党大勝利」と言う結果。
そのため、今は国会は形骸化。
自民党のやりたい放題。
あげくの果ての「復党」。
またまた自民党が増えるのかぁ〜〜〜
なにしろ「党には背きません」と誓約を書いての復党。
一体、あの時の青票はなんだったの???
そして選挙での公約は嘘だったの。
「国民の思い」とか「国民のため」とか、、、、
とかとか。
こんなときに私たち国民の名前を使って欲しくない。
「自分のため」とアッサリ言って欲しい。
「自民党でなければお金がない」「お金が欲しい」透けて見える彼らの本音。

結局、国民なんて不在。
いずれ忘れるさ、国民はバカだから。
と、言うことか〜〜〜

|

« 瀕死の教基法 | トップページ | いじめ緊急提言全文 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/12866007

この記事へのトラックバック一覧です: 呆れた復党会談:

» 論語読みの論語知らず? [のり市民の世界観]
人の見る目や感覚などなんて実際は分からないと言う事が最近よく思うことがある。特に都知事には呆れるばかりです。私は小泉氏支持の時から彼の人間性には疑問を持っていましたが…(^ー^*)ゞ... [続きを読む]

受信: 2006.11.30 00:21

« 瀕死の教基法 | トップページ | いじめ緊急提言全文 »