« おむつ考 | トップページ | 国連気候変動枠組み条約 »

2006.11.20

おむつ考 その2

前の記事より

さて次にいよいよ問題は内田さんに移ります。
秀さんから私の先のエントリーに対して3つの疑問とそれへの異論を頂戴しています。
1「現実とは乖離した理想論」
2「その非を唱える者を「フェミニストたち」と十把一からげに論じていくのは、果たして学者として正しい論理の構築なのか」
3「内田さんは結局「母親よ家に帰れ」と言う結論に行き着くのだろうか」

この3つに関して私の考えを順に述べていきます。
(論点整理のため、秀さんの反論には今は言及しません。)

おむつと母親の記事でも書きましたが、私は内田さんに対して学者、つまり論理を構築していく人と考えています。
私が無責任に自分の思いや感想を書き連ねるのと「重み」と言うか影響力が違うと考えているわけです。従って言葉のはしはしから伝わってくるもの、メッセジーは何かと敏感に読み取ろうとしました。
無責任に思いつきを縷々述べたものでないと言う前提で内田さんの文に対して危惧を感じたわけです。以下の文のように。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
本質を故意にずらし大袈裟に母親とおむつと子育てを述べています。
現実から乖離したその主張は結局、内田さんが笑うところのフェミニズムと同じ主張になっていると思います。
(現実からかけ離れているという点、やおら自分の理想を展開するという点においてですよ。)
内田さんがおかれている立場を考え合せたとき、
あの記事の主張の先にあるものはフェミニズム批判というよりはもっと本質的な男女のあり方その物へ発展する虞があるのではと私は危惧したわけです。
(瀬戸の記事より)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

では、まず一番目。
1「現実とは乖離した理想論」。
子育てはおむつ替えだけではありません。
たとえ、おむつ替えがエキスパートになろうとも、そこから計り知れないコミュニケーションが花開くなぁんて単純なものではないことは内田さんは重々承知していると考えます。
それにも関わらず、内田さんは次のようにおむつと子育てを言う。
=======
つまり、「おむつの要らない育てられ方をした子ども」は「世界の中に私が存在することのたしかさ」をきわめて早い段階で実感できることになる。
======
私はここで内田さんに問いたい。
おむつを替えるたびに母親(保護者・身の回りの世話人)が子どもに話かけ、その体を拭いてスキンシップすることはコミュニケーションではないのかと。
子どもの名前を呼びかけ、うんちの色や固さを確認して子どもの健康状態を確認することは、子どもにとって、自分の存在を確かに実感することではないのだろうか、と。
思うに内田さんはたまたま三砂さんにお会いして、なんとなく書いたおむつ問題なのではと思います。
もしこれが三砂さんがミルクと母乳なんてことで研究していたら、おむつが即・母乳に変わったものと想像します。(母乳だと母親に限定されるから難しいかな???)

さて、二番目。
2「その非を唱える者を「フェミニストたち」と十把一からげに論じていくのは、果たして学者として正しい論理の構築なのか」

これは秀さんの指摘(瀬戸が誤読していると言うこと)に対しては、単純に国語の問題として考えてくださって結構です。
私の文は「内田さんの現実とは乖離した理想論の中で喘ぐ母や親たちと、
その非を唱える者を「フェミニストたち」と十把一からげに論じていくのは、果たして学者として正しい論理の構築なのか、私はさらに迷うのです。」と言うことで、
「その非」とは内田さんの「現実とは乖離した理想論」について指しています。
おむつメーカーの圧力云々、また三砂さんの研究に関しては私は一切言及していません。
むしろ可成興味深く成り行きを見守っています。
さて内田さんはフェミニズムからの指摘を次のように紹介しながら自説を述べています。
=======
もうひとつの圧力源は、ご想像のとおり、フェミニストからである。
「おむつはつけたままでいい」という主張がフェミニスト的にPC(Politically correct)とされるのは、「母親は子どもに縛りつけられるべきではない」からである。
「母親と子どもとのあいだには身体的でこまやかなコミュニケーションが必要だ」というのは、そのようにして女性から社会進出機会を奪い、すべての社会的リソースを男性が占有するための父権制のイデオロギーなのである(とほ)。
======
内田さんの中でのフェミニストがどの様なものであるか存じません。
しかし、彼は書くべきだったのです。
「一部のフェミニストから、、、」と。
私や秀さんがどんなに内田さんの命題が特殊命題と言っても、
当の内田さんが全称命題に置き換えて論理を構築していくことは誤りだと私は考えます。
前にも書いたように、これが内田さんのたんなる思いつきの無責任な文ならそれでも私はかまいませんが、多分内田さんはご自分を社会学者と自負なさっていると思うので、私としたら捨て置くわけにはいかないのです。
読者である私たちに解釈を求めさせる文や誤解させる文を内田さんが書いたことは秀さんも認めて下さると思います。

三番目。
3「内田さんは結局「母親よ家に帰れ」と言う結論に行き着くのだろうか」
これに関しては、私は内田さんは本来踏み込むべきではない家庭、家族のあり方に自説を展開したことが誤りではと考えます。
そもそもの発端の三砂さんのおむつ研究に対して、内田さんは、たんに紹介でよかったのです。
それを牽強付会、自説を展開したのですが、その自説が技術からコミュニケーションへとレイアの違う事に結びつけたことからくるミスリード。
========
コミュニケーションへの深い信頼をもつことのできないものは、それが男であれ、女であれ、つねに、組織的に社会的リソースの分配機会を逸する。
もし、クールかつリアルな立場から、社会的リソースを確実に継続的に獲得し続けたいとほんとうに願っている人がいたら、私は「おむつが要らない」こどもを育てるところから始めた方がいいとアドバイスするだろう。
自分の子どもが発信するシグナルさえ感知できないし、感知することに興味もないという人間が社会関係の中でブリリアントな成功を収め続けるという見通しに私は同意しない。
=======
私はこの文から、コミュニケーションや愛、信頼と言う言葉が持つ危うさをヒシヒシと感じました。
先に挙げた西川さんの文と妙に重なるのです。
「全くの1個人を大事にするか、家族の一員としての個人を大事にするかの差だ。生きた人間、血の通った人間、愛がある人間を1番大事にする、」
定量できないものを武器に縛り付けていく危険を内田さんはこの文で発信していると私は考えました。
たとえ、そのような意図がないとしても、
内田さんは立場上、コミュニケーションなどの言葉を安易に使うべきではないと思うのです。
おむつ替えだけがコミュニケーションではない!!!

私はむしろ内田さんがフェミニストの問題を言及するとき、
親子という軸で論じたことが失敗だった思います。
どうしても、このおむつ問題をフェミニズムを論じたいと考えたのなら夫婦・男女のあり方でズバツと書くべきでした。将来の我が子の香しい理想を述べることではなく、
夫婦の子育て論に言及すれば、もっと内容のある物になったと感じます。

と言うことで、内田さんのその論陣の張り方に稚拙さを感じるのです。

まだまだこれについて考えていきたいと思います。

|

« おむつ考 | トップページ | 国連気候変動枠組み条約 »

コメント

 数学屋のメガネさんのところから来ました。
自分が興味あるのは「ほんとにオムツ無しで済ませられるのか」ってことなんですが。それなりに結構育児に協力したつもりですが、そんなの絶対無理だと思うのですが。
 「母親にシグナルが読めればおむつは要らない。」とか書いてありますが、母親に24時間シグナルを呼んでろってのか?
 内田先生は「「ほい」と身体から離して、排便させちゃえばいいのである」って書いてるけどほんとにいいの?電車の中とか店の中でもそれができる?家の中でもそれができる?
 「現に生後2週間でおむつを取ってしまう社会もあるんだそうである。」とか書いてあるけど、オムツを買うコストか子供がお漏らししたときのコストよりたかいだけちゃうんかと。今の日本でオムツなしでやっていける証拠にはならんよ。
 ていうか今頃研究してるってことは内田先生も三砂ちづるもオムツなしで育児してたわけは無いわな。自分がやってない面倒を自分がやらなくてよくなってから人に押し付けようとするのはあんまり感心しませんな。

投稿: 2児の父 | 2006.11.28 07:24

うちにはよくわかりませんが、フェミニストの所が気になりました。社会運動の方々?同じ視点同じ方向の人ばかりだと、エスカレートして過激になる事があります。(ならないこともあります)
マスコミに受けやすいのは過激な方です。

中には「男性は加害者・女性は被害者」の持論の方がおられました。言葉だけが一人歩きで真意は別かもしてませんが・・

もしかしたらこの方にはそれで過激なほうだけ印象に残ったのかもしれませんね。

おむつですが、一部の方の主張はうちには問題だと思います。
女性ばかりがとか、オムツからの開放とかそれもいいことでしょう。
でも女性がオムツ・育児だっていいと思うんです。社会や一部の運動家でなく、その当事者の女性が自分できめるものかと思いました。

投稿: ayu | 2007.05.17 19:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/12756626

この記事へのトラックバック一覧です: おむつ考 その2:

» 教育基本法「改正」案:本音バージョン [薫のハムニダ日記]
成城トランスカレッジ!さんの教育基本法「改正」案で遊びませんか、のお誘い。が楽しそうなので、私もやってみました。教育基本法「改正」案の与党側の本音はこんなもんじゃないかなと。青字が追加した部分です。 ネタっぽくなってしまいましたが、ほとんどは首相官邸や自民党の“公式”ホームページ(↓)からひろったものです。つまりパクり。 子どもへの方策(首相官邸) 教育基本法改正Q&A(自由民主党) ホラね。これらは右翼団体とか、カルト宗教とかの教育論者じゃないんですよ~。ご立派な政府与党さまが... [続きを読む]

受信: 2006.11.20 15:55

» ベトナム 自然災害と病虫害で米輸出停止 [晴耕雨読]
 べトナムが、食料安全保障を確保し、米の市場価格を安定させるために、米輸出の停止に追い込まれた。グエン・タン・ズン首相が13日、貿易・農業・農村開発・財務省、都市・省の当局等に対し、米輸出を直ちに停止するように要請したものだ。ただし、米輸送のための船舶が11月11日以前にべトナムで投錨したキューバとインドネシアとの輸出契約分だけは例外とする。  首相は同時に、食料品の取引と輸出の厳重な管理も要請した。食料品価格を引き上げる投機的行為は厳罰を科せられる。財務省に対しては、国の食料備蓄からの米の販売... [続きを読む]

受信: 2006.11.20 17:23

» 内田樹先生の過去ログを拝読しつづける(12) [◆書く/読む/喋る/考える◆]
『Take good care of my baby』('06.07.23.)   ◇ 今日は、これに挑戦。新プロバイダーにご移転前のエッセイ(IT-秘書さま、ごくろうさま!)で、ちょっと古いものです。申し訳ありません。でも、ネット社会ではひと波乱を巻き起こしたエントリーのようなんです。   ◇ 話題になったの部分は、冒頭から数えて20行目からはじまります。われらが内田先生が『オニババ化する女たち』で超有名になられ�... [続きを読む]

受信: 2007.01.08 22:41

» 捨象・抽象? ピザとガキの関係か?/批評 [◆書く/読む/喋る/考える◆]
  ◇ ひで先生。 申し訳ないですけど、あなたがお得意にする「論理」なんてガキでも知っているものです。「*」の字に切られた18インチのピザを前にして、どれにフォークを突き刺すべきかと考えている。どれが一番大きくて、得するんだろうと。どれかひとつに決めたら、あとは人の分。自分の口には入らないから迷いも深いかな。 ところが、内田先生にしても宮台氏にしても、お考えになっているのは、ピザを前にしたガキの�... [続きを読む]

受信: 2007.01.11 01:46

« おむつ考 | トップページ | 国連気候変動枠組み条約 »