« 未来への禍根 | トップページ | ヒューマン・チェーン »

2006.11.16

民意

いつも拝見しているFAIRNESSさんが珍しく愚痴(口語調)と言うエントリーで話し言葉で記事を書かれています。
推察するにFAIRNESSさん。
相当怒り心頭か?

さて、そのFAIRNESSさんの記事に深く考えさせられる事が書かれていました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
結局、郵政民営化について民意を問い、それによって得たはずの「多数」は、こんな使われ方をするんだよな。(参考エントリー「争点」)
わかりきった事だけど、こうまで露骨だとため息も出ない。
先日、前首相の小泉チルドレンに対する「使い捨て」発言があったけど、国民の民意とか票の扱いも同じ様なものなのだろうなぁ。
「郵政民営化の是非を問う選挙」であったなどと思った国民の自己責任と...
おっと、郵政民営化を支持した人は皆「教育」も「憲法」も政府の方針に賛成である可能性も無いとはいえないよね。

今の内閣は「教育」や「憲法」やら「国防」やらにやたらとご執心のようだけど、国の根幹に関わる重要案件なのに、一体いつ国民の信任を得たんだぃ?
前回の選挙?
それならやはり前回の争点は「詐欺的」としか思えないよな。(詐欺とは言わないよ,いつ共謀罪が復活して罪人にされるか分からないからね)
解散して「したいこと」を示して民意を問うぐらいの真剣さを見せたらどうだい、姑息過ぎて恥ずかしいよ。
(FAIRNESSさんの記事より)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
FAIRNESSさん。
勝手に引用させていただいて、ご迷惑だったらご連絡下さい。


さてさて、
この記事を読みながら改めて「民意」について考えました。

私たちは自分たちの利益の代弁者として国会議員を国会に送っています。
それぞれの立場の人がそれぞれの願いを込めて憲法で保障されているところの「基本的人権」を確保するために。
その方法が選挙であることは言うまでもありません。
国民は選挙権を行使するために、誰に投票するかを決める方法として合法的に認められているのは候補者の「公約」です。
公約を聞き、この人なら、この政党なら自分の利益の代弁者として国会に送ろうと思い、一票を託すのです。
その一票が前の選挙では「郵政民営化に賛成か反対か」の意思表示となり、
多くの方は郵政民営化賛成に票を投じました。
従って、その一票を委託された国会議員は民営化・もしくは構造改革、景気回復のために国民に奉仕(憲法的解釈)するべきです。
だが実際は911選挙のあと、
景気は回復したのだろうかと問えば否。
民営化は順調に進んでいるのかと聞けば答えは曖昧。
構造改革に至っては話題にすらならない。
そして、ひたすらひたすら、
憲法改悪へむけて一つひとつの布石を打つように国会は動いている。
「数の暴力」で。
私たちは現国会議員に教基法や憲法を任せてはいないはずなのに、、、

今回の議員が小泉さんの言うところの「使い捨て」の役割の中で、
教基法や憲法改正に道を開く国民投票案などなどに唯々諾々と賛成の意を示すとすれば、
もう民意なんてどこにもないわけで、
あるのは「改憲プログラム」だけ。
誰が国会議員でもいい。
数さえあれば。
と、いうことかぁ〜〜〜〜

あざとい。
じつにあざとい。

だとすれば国民である私たちは、ため息なんてついている暇はない。
次の選挙に向けて、二度と騙されないように、しっかり見て行くことが大切だと強く思います。
まずは沖縄から。
そして来春の全国統一地方選挙、そして参議院戦と、カードを握っているのは国民です!!!

|

« 未来への禍根 | トップページ | ヒューマン・チェーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/12706414

この記事へのトラックバック一覧です: 民意:

» 愚痴(口語調) [FAIRNESS]
教育基本法、単独採決で可決だって。 結局、郵政民営化について民意を問い、それによ [続きを読む]

受信: 2006.11.16 13:19

» 教育基本法改悪案強行採決弾劾 [アッテンボローの雑記帳]
 久々さんのリクエストでホワイトカラーイグゼンプションについての階級的批判を書こ [続きを読む]

受信: 2006.11.17 01:29

» 【緊急回覧】教育を金で買えると思うなよ!(美しい国の住人) [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
本日午後の衆議院本会議で何をトチ狂ったか?与党(自民・公明)は教育基本法改定案の単独採決を強行し,国会は未曾有の混迷に突入した!野党四党の審議ボイコットの結束は固く,参議院に送付される同議案が今会期中に可決成立する可能性はほとんどゼロに等しいとみられる.当初から短命政権と噂されてきた安倍政権ではあるが,まさか,まさかここまで華々しいことをやってくれるとは夢想だにしなかった.あぁぁぁ,おらー知らね! 政治家に金品を贈与して利便を図ってもらう行為は刑法上の犯罪である.(贈収賄罪として処罰される)政... [続きを読む]

受信: 2006.11.17 10:56

« 未来への禍根 | トップページ | ヒューマン・チェーン »