« 冬至 | トップページ | まとめ書き その1 »

2006.12.22

教育荒廃の真犯人はだれ?

ブログ仲間のお玉さんから日教組の何がいけないのだろう? と言うトラックバックを頂きました。
早速訪問。
お玉さんらしい「けれんみのない」実に良いエントリーでした。
「日教組の何がいけないのだろう? 」と素直な疑問。
それに対して私自身は明確に答えを出すことは甚だ難しいと思いました。
コメントしようと思ったのですが、
チョット長くなりそうなので此方でエントリーを挙げますね、お玉さん。

さて、私の場合、言われているような「日教祖が教育を壊した」感は実感としてはありません。
と、言うか私が義務教育を受けた時代は組合の先生方が華々しく活躍なさっていた時代なのかもしれませんが、小学校時代の記憶に「組合の先生」なんて言葉は一つもないのです。
子どもであった私はともかく親の口からも「組合の先生はストとデモばかりしていて困ったものだ」と言う言葉がないと言うことは、あの時代の教師が世間でとかく言われているようなデモ・ストばかりしていたのではないのでは、と思うのですが。
尤も私は田舎育ちだからなのか???

さて、長じて自分自身が親になり子どもの学校や先生方、PTAの方々とつき合うようになった頃は、
組合の組織率は2〜3割。
組合の先生方が言われているような、如何に「ていたらくで教育を破壊したか」なぁんて、これまた実感していないのです。
ゆえに、
私もお玉さんと同じく「ねぇねぇ〜〜〜日教組ってそんなに悪いの?」と疑問に思うクチです。

実際、内部では組合・政党の押し付けなどはあったのかもしれませんが、
しかし「教育そのものを荒廃させたのは日教組」だろうか?
私は否と思います。
「国は教育に介入すべきではない。」と言うのが私の一貫した願いです。
したがって組合の先生方が教育への不当介入に対して声を挙げたことが、顰蹙をかうようなことなのだろうか?
私は個人的には、
公教育を破壊した真犯人は中央教育審議会ではないかと思います。
これに関しては日本の公教育
ゆとり教育 その1・その2などかなり拘って書きましたので、お時間がおありでしたらご覧ください。
私が教育の荒廃を実感したのは、自分自身の子どもの時よりも、
我が子の義務教育時代の方です。
そして、この時期は日教組や全教など組合の組織率が低い時代であることは言うまでもありません。

さて、この問題を論理的に考えるとき、
「では組合がなければ、教育は荒廃しないのか」と言う対偶の視点からも考察を深めることが肝要かと考えます。
1980年以降の教育の流れを見ると、中教審の台頭に揺れ動く教育現場と言う感は否めません。
中教審関係でも過去に記事を書きましたが、いずれも新自由主義との絡みが多かったのです。
いろいろ調べる中で、教育組合の存在がなければ公教育はもっと荒廃していただろう、と言うのが私の実感です。
以前大学法人化のその後と言うエントリーを挙げたことがあります。
「今日の大学の現状」について考えることは、
教育の荒廃の真犯人捜しに一つのヒントをあたえてくれそうです。
独立法人化された国立大学と国立試験研究機関は独立行政法人通則法に起因する共通の状況にがんじがらめにされています。
その共通の状況とは、以下のとおり。
・中期目標。
・理事長を頂点にするトップダウン方式。
・教員や研究者の任期制。
・研究費の競争性。
・成果主義。
・行政や管理業務が研究や教育より上位。
などなど。
こうして大学間格差は広がり、
大学人は学生の教育や研究よりも「いきのこり」に奔走される日々を迎えることになりました。
独法化導入の前には多くの大学人が反対の声明をあげ、こうした事態を危惧しました。
しかし、政府は反対を押しきり強行。
新自由主義の考え方が今や大学を闊歩しています。
真の改革とは何か?
常に知的で倫理的・道義的であらねばならない大学の現場でなされた改革はむき出しの資本主義にもとづくものでした。すでに西欧や北欧では破綻しているにも関わらず、未だアメリカにこびを売り、信奉する新自由主義。
二年が過ぎて、矛盾続出の国立大学の現状を見ると、
教育の荒廃の真犯人は「組合の教師」ではなさそうです。

|

« 冬至 | トップページ | まとめ書き その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/13159012

この記事へのトラックバック一覧です: 教育荒廃の真犯人はだれ?:

» 安部総理の常識、国民には非常識 [ブログ blog で 情報交換]
安部総理は税を語る資格の無い人物を政府税調会長に任命し、問題が明らかになってもか [続きを読む]

受信: 2006.12.22 12:33

» 日教組がなぜいけないのか [左翼というのはプライドたりえるのだろうか]
人気blogランキングで60位までいきました。自己最高記録です。いとめでたし。 僕のブログは固定票はないから、人気blogランキングから客が来る→おもしろいと思ってくれる→クリック! でもっているだけなので、ランクが上がるのはそれだけたくさんの人に見てもらえるので純... [続きを読む]

受信: 2006.12.22 13:54

» 冬至〜今日からどんどん明るくなってくる/高齢者犯罪 [津久井進の弁護士ノート]
 今日は冬至です。  最も夜が長く昼が短い日です。  1年中で最も暗い日だということですが,見方を変えると,陰から陽に転じる日であり,今日が「底を打つ」転機ということです。  折しも,本日は「改定・教育基... [続きを読む]

受信: 2006.12.22 14:30

» 日本の民主主義の成熟度を採点しよう 3 [とむ丸の夢]
今日、2006年12月22日は、数の横暴で成立した改悪教育基本法の公布・施行日です。今日、官報に掲載されて、即日施行されるとのこと。 何を焦って急ぐのでしょう。 国民の求めにはほおかぶりして、やりたい放題。 この民主主義... [続きを読む]

受信: 2006.12.22 14:36

» 「苦しいときに笑って生きるのはすばらしい」 [あんち・アンチエイジング・メロディ]
教育基本法改悪「反対」運動からの教訓シリーズはまだ続くのだけれど、今日は、きのう紹介した、保坂展人氏の「学校だけが人生じゃない」の後半部分をご紹介する。それは、人生の多くを議員としてまたジャーナリストとして教育とこどもに深く関わってきた、保坂氏ならではの内容である。... [続きを読む]

受信: 2006.12.22 17:13

» 保守化した日本は世界から孤立しつつあるのか [薫のハムニダ日記]
早いもので、2006年も残りわずか数日となりました。毎年この時期になると思うのですが、今年は特に時間が経つのが早かったような気がします。それだけいろいろとあったということなのでしょうけど。 んで、今年一年を振り返る報道の企画モノというのが今月に入ってからいろいろとありますね。下の記事は聯合ニュースが2006年の主要国の動きをまとめた記事の日本編です。それではどうぞ。 ≪2006国際≫⑧“強い国家”志向、保守化した日本 改憲推進など国家主義の深化-国際的孤立の憂慮も 【東京=聯... [続きを読む]

受信: 2006.12.23 23:52

» クリスマスに死刑を執行する国、ニッポン [薫のハムニダ日記]
死刑執行:4人に 安倍政権で初 1年3カ月ぶり ◇死刑制度の維持したい法務省の強い意思  9月末に就任してからまだ日の浅い長勢甚遠法相が25日、一度に4人もの死刑執行を命じたことは、毎年執行の実績を積み重ねることで、死刑制度の維持を確かなものにしたい法務省の強い意向を反映している。杉浦正健前法相が死刑執行命令書への署名を拒否したまま退任したことから、同省としては今月の執行を逃せば14年ぶりに「死刑執行なし」になるという事情があった。 (毎日新聞 2006年12月25日) 今日、12月25... [続きを読む]

受信: 2006.12.25 14:16

» いよいよ本格的な教育が始動 [ブログ blog で 情報交換]
 「君が代」斉唱時に起立斉唱やピアノ伴奏をしなかったとして東京都教育委員会から処 [続きを読む]

受信: 2006.12.25 15:23

» 教基法〜日弁連に課せられた役割は大きい [津久井進の弁護士ノート]
 12月20日に,日弁連の会長談話が出ていました。 (→HPはこちら,あとで全文を引用しておきます)  今回の談話は,実に良い内容と言えます。  ちなみに,改正論議が起きた今年4月25日の時点の声明は,あんま... [続きを読む]

受信: 2006.12.25 22:38

» 政治家に年賀状、年賀ファクス、寒中見舞いファクスを送るのはど .. [秘書課村野瀬玲奈です]
私の恩師の一人であるdr.stoneflyさんからTBをいただきました。約一ヶ月前の沖縄知事選をめぐる久間防衛庁長官の専制的な発言に対する怒りです。確かに、沖縄知事選で糸数けい子さんが当選したとしても、久間長官は「沖縄県知事選で負けた時にどういう手でやるか。法 ..... [続きを読む]

受信: 2006.12.26 23:59

» 教育基本法が泣いてます [ブログ blog で 情報交換]
出帆して三カ月を迎えたばかりの安倍内閣で、こんどはお膝元から閣僚の不祥事が発覚し [続きを読む]

受信: 2006.12.27 20:01

« 冬至 | トップページ | まとめ書き その1 »