« 第165臨時国会が閉幕 | トップページ | 教育荒廃の真犯人はだれ? »

2006.12.22

冬至

今日は冬至です。
一年で一番夜の長い日です。
カボチャを食べたり、ゆず湯に入ったり、
或いは私の住んでいるところでは、「ん」の二つ付いている食べ物を頂いたりします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
カボチャの別称、ナンキンにニンジン、レンコン、ギンナン、キンカン、カンテン。それにうどんの古い呼び名の「ウンドン」だ。語呂合わせで「運」にあやかったとも言われている。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
だそうです。

昨年も冬至の日に書いたのですが、この日は昔から「一陽来復」と言い、
この日を境に太陽の力が増してくる日でもあります。
陰があれば陽もある、そのバランスで自然は運行しているという東洋の思想です。


さて、今年の漢字は「命」でした。
いろんなことがあったこの一年。
来年はいい年でありますように、、、

|

« 第165臨時国会が閉幕 | トップページ | 教育荒廃の真犯人はだれ? »

コメント

今日は。

カボチャの別称。 そうなんですか。  

たまげました。 言葉の世界に脱帽です。

今晩は小豆カボチャ、柚子のお風呂が楽しみです。

それに、日が長くなるのもワクワクして来ます。

投稿: hamham | 2006.12.22 12:50

クリスマスも、冬至と結び付けて祝われるようになったそうですね。キリスト教の祝日の多くが、それ以前のゲルマン系やケルト系のお祭りと関係があるそうで(きっと、ローマ教会の宣教師たちも布教にいろいろ知恵を絞ったのでしょう。もっともキリスト教に取り込まれなかった部分は、魔女とか魔物とかいうことになっちゃいますが。日本にも、神仏習合というのがありますね)、世界をキリスト教とイスラム教の対立みたいに単純化する人がいますが、ヨーロッパの文化というものも、実はもっと複雑で多層的なものだろうと思います。

投稿: かつ | 2006.12.25 12:23

hamhamさん。
かつさん。
おはようございます。
コメントありがとうございました。

冬至も過ぎ日、一日と太陽が戻ってくる季節。
尤も寒さはこれからが本番。
高村光太郎は冬が好きで、冬を謳っていますが、私は寒さは苦手。早く春にならないかなぁ〜〜〜
(花粉はいやですが)

hamhamさん。
冬至は如何お過ごしでしたか?
柚子湯にゆっくりと入られたことと存じます。
柚子の香が湯気と一緒になってポヨポヨとなったお風呂をいただくと、幸せになります。
昔の人の知恵をしみじみと感じます。
安倍さんは伝統がお好きなようですが、どの時代くらいの伝統がお好きなのか???
いやいや、無粋な話はやめましょう!
どうぞ、お風邪などひかれないでこの冬を乗りきってくださいね!お互いに頑張りましょう!!!

かつさん。
ヨーロッパ文化の複雑で多層であろうことは、以前、飛びきり難しい民族史と言うエントリーを書いたことがあります。(2005年4月10日の記事)
宗教と民族が複雑に絡み合い、
生と死をかけて戦い、果て、守っていったものの重みと哀しみを切に感じました。
クリスマスも思えば、征服の歴史でもあるのでしょうね。
人類は営々と何を築こうとしているのか???
考えさせられます。
またいろいろ考えていけたらと存じますので、ご意見やアドバイスを頂けると嬉しく思います。

投稿: せとともこ | 2006.12.27 10:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/13158481

この記事へのトラックバック一覧です: 冬至:

» アメリカ産牛肉からダイオキシン検出 [薫のハムニダ日記]
(まめ)たぬきさん、コギトエルゴスムさんから教えていただきましたが、アメリカから韓国に輸入再開された牛肉から、今回はナント、発がん性物質でもあるダイオキシンが検出されたそうです。 いったい、アメリカの方々はどんな牛肉を食べていらっしゃるんでしょうか。ヨーロッパに一定期間以上滞在した経験のある人は日本で献血ができないそうですが、アメリカ滞在経験者にも適用した方がいいような気がしてきました。 しかも、下のニュースによると、今回ダイオキシンが検出された牛肉は、すでに骨の破片が見つかっており、そ... [続きを読む]

受信: 2006.12.22 17:06

» 「あなたに守ってもらわない」決意 [華氏451度]
 深夜の公園――池のほとりで例によってムルとトマシーナのコンビ(注※)が喋っている。 (※ムル=都の東北を根城とするボス猫。華氏の代理であちこちに顔を出している。トマシーナ=ムルの腰巾着。オス猫だが飼い主の悪趣味で女性名を付けられた。愛称はトマ。) トマ:ねえ兄貴、今年もそろそろ終わりだね。 ムル:ふん。いっちょまえなこと言うない。猫には暮れも正月もないのッ。それともおまえ、人間並みに年越し蕎麦でも食べ�... [続きを読む]

受信: 2006.12.26 16:37

« 第165臨時国会が閉幕 | トップページ | 教育荒廃の真犯人はだれ? »