« 12・5国会前集会 | トップページ | 仮言命題の限界 »

2006.12.04

門番マルコ

人気ブログのお玉さんが、先日「学校教育の中での道徳教育の実態」と「モラルジレンマ」に至るまで、内容の濃い充実した記事をシリーズであげていらっしゃいました。
全ての記事が興味深かったのですが、
今日は共謀罪と自民党復党問題にからませて、門番マルコの寓話について一言。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
主人公のマルコは王様のお城を守る門番である。マルコが番をする門には、「戦いに行くときにしか決して開けてはならない」という決まりがある。この決まりは、昔この門を開けて敵に攻め込まれたことから、王様が決めた決まりである。ある時、狩りに出かけた王様は、ひどい熱がでて急いで城へ帰らなければならず、近道であるマルコの門へ向かった。門番として、家来として、マルコは門を開けるべきか、開けるべきでないか?
(お玉さんのブログより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私もこの話を読みながら考え込んで、いざコメントと思ったのですが、
人気ブログゆえ「アレヨアレヨ」という間に嵐のようにコメントがついて機会を逸しました。
実は、お玉さんに触発されて「ニセ科学」について書こうと思っていたのですが、
その前に件のマルコについて書きます。

私なら門は開けません。(王様と認知できない場合)
なぜなら王様が規則をつくったのだから。
王様は規則を作る前に、こうした不測の事態も考慮して然るべきでした。
つまり自ら作った規則にからめ取られたということでしょうか???

さてさて、
今、共謀罪をなんとか通過させようとしている議員のセンセイ方に
王様の姿が妙に当て嵌まる気がしてならない私です。
国民を縛る法律はいずれ自分にも降り掛かるのではないだろうか?
王様のように。
いつまでも、その立場が国家に保障されているわけではないのだから。
自らも、法に縛られる時期がくることを認識しているのだろうか?センセイ方は。

また、今日、復党が承認されると言う11人のセンセイ方は、
自分で決めたものでも、なんのその、壊してでも土下座してでも股くぐりしてでも門に入る王様だなぁ、、、
と、考えた次第。
いずれにしても、
気の毒なのは門番マルコであることは間違いない。
「どうして門を開けなかった、、、」と責められるマルコ。
気の毒に、、、
マルコはまさに国民である私たちの姿かぁ〜〜〜〜

|

« 12・5国会前集会 | トップページ | 仮言命題の限界 »

コメント

ご無沙汰してします。私も全く同意、ということで以前書いた記事からトラックバック送りました。

投稿: 新丸子Lisp探検隊 | 2006.12.04 22:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/12928322

この記事へのトラックバック一覧です: 門番マルコ:

» 共謀罪は政治家自らの首も締める [にぶろぐ]
おはようございます。 昨日、共謀罪の強行採決が計画されていたのですが、それは避けられたようですね。 保坂展人のどこどこ日記: 共謀罪本日採決、土俵際で見送り 共謀罪に関しては、皆さんの意見を読んでそれぞれに納得するばかりで(というかネット上で反対する意見しか見たことがなかった)、新たな意見を加えるということがなかったのですが、反対意見のカウントをひとつ増やすだけでも意味があると思いますので、書いておこうと思います。 まず、共謀罪に関してよく意見を読ませてもらったサイトの紹介を... [続きを読む]

受信: 2006.12.04 22:55

» 「文部科学大臣からのお願い」…ツッコミかましてよろしいですか? [dr.stoneflyの戯れ言]
 しっかしなぁ、なんちゅうんかなぁ、もう怒りを通り越して滑稽だよなぁ、苦笑するしかないのかなぁ……、などと、余裕を見せているが怒り心頭なのである。  昨日息子が学校から「文部科学大臣からのお願い」なる、伊吹からの手紙を2通持たされてきた。伊吹という名を見ただけで、このまえのコイツの発言が浪曲風な響きをもって鼓膜あたりでウロウロしだして、鬱陶しい。不愉快きまわりないのである。  どうやら「いじめ」についての「お願い」らしい。ふん、失笑千万。アホとちゃうんけぇ!!。オノレ等がいじめの元凶で...... [続きを読む]

受信: 2006.12.05 08:51

» 教育基本法作り替えにまだまだ反対。 [秘書課村野瀬玲奈です]
回りまわって私のところにも届いたメッセージを転載しておきます。転載、転送はご自由に。野党4会派が引き続き結束して政府与党を追及することへの励ましと、政府与党への抗議を。ファクスを書くときの参考にもなりますよ。ーーーーーーーー以下転送ーーーーーーーーー ..... [続きを読む]

受信: 2006.12.08 02:46

« 12・5国会前集会 | トップページ | 仮言命題の限界 »