« 仮言命題の限界 | トップページ | 法人税と消費税 »

2006.12.11

京都検定挑戦

久しぶりの更新。
ココログのメンテナンスと言うことで先週半ばは書くことが出来ませんでした。
本当は教基法やら特定財源やら書きたいと思ったのですが、
が、
実は書くことが出来なかった一番の理由は
京都検定。
今年で三年目の京都検定。
年々多くの受験者が受け、京都だけでなく全国から腕試しに受けに来られるそうです。

私も今年、初めて3級を受けてみました。
衰えいく我が記憶への刺激と、お寺巡りにはちょっとは知識がある方がいいか、という軽い気持。
申し込みはしたもののチットモ勉強をしない私に家族は呆れ顔。
だって、覚えられないんだもん。

そして、当日をむかえ、いよいよ試験会場へ。
指導員が試験に先立ち諸注意。次に配布の解答用紙に指示に従い姓名や年齢・受験番号などを記入。
次に問題集配布。
ドキドキ。
今まで覚えたことがみんなマッシロケになってグチャグチャ。
うわっ〜〜〜〜〜どうしよう。
やがて時計は10時15分。開始。
一枚目をソロソロと開くと、
第一問。平安京の南北の通り。
あっ、これだ。
次、右京と左京の呼び方、
あああ、、、洛陽城だ。
少しずつ落ち着きが出てきた途端第三問。
六勝寺のあった場所は???
あああ、、、テキストのアソコに書いてあったよ。
え〜〜〜〜と。え=====と。
なんだっけ????
いや、いかん、いかん。ここで時間を取られてはいけない。まだ三問目。
とにかく全部目を通さなければ。
と、言うことで、
分からない問題、あやふやな問題をそこに残しながら、とにもかくにも全問いきわたりました。
ふっ〜〜〜〜
疲れたぁ。
いや、あやふやな問題がいっぱいあるんだ〜〜〜〜
と、いうことで曖昧な箇所へひきかえすも、思い出せない。
「あつ、あこに書いてあったよなぁ、、、」
「ここ、もう一度見直さなきゃと思っていたのに〜〜〜〜」
とかとか悔しい思いをしながら、もう仕方がないので自信のありそうなところの数を数え出したり、あとは天に任せたり。
そうこうしているうちに90分が過ぎ、終了。
終わったぁ、、、
とにもかくにも終わった。
ふっ〜〜〜〜
後は結果を待つのみ。
ドキドキ。
終わった途端に、「あっ、わかった」なんて悔しい問題も含めて、とにかく私の今年の検定は終わりました。

思い返すに、先週一週間は我ながらすごく勉強しました。
ご飯を食べては京都検定。
朝御飯は茶漬け、昼は具なしラーメン。夜はあるもの。
と言う家族には耐えられない粗食をひたすら強いて。
掃除しては京都検定。
洗濯干しては京都検定。
ひたすら京都検定。
子どもに「かあさんのこと京都検定のオニって呼んで」と言うくらい勉強。
しっかし、これが覚えられない。
この歳になって新しいことを覚えるのは大変。
とくに神社仏閣が大変。
どれもこれも国宝やら重要文化財。
平安、鎌倉、室町、戦国、そして江戸とあらゆる歴史の真ん中にいた京都。
栄華を誇り、廃れそして再建、という逞しい歴史の表、裏舞台になった京都。
そのどれもが重要で大切。
ウワッ〜〜〜
ドヒャッ。
どれから手をつけていいかわからん。
さっぱりワカラン。
本当にサッパリでした。
もう、仕方がないのでひたすらひたすら問題集を解き、
自分で暗記ノートを作り、下手な絵を書いて庭園の名前を覚え、、、
覚えても覚えても忘れ。
忘れても忘れてもやり直して、
とにかく、とにかく一週間は検定のオニと化しました。
もっとはようからせぇ。
と思いながら、これが出来ない。
それでも、それでもギリギリまで諦めず、テキストを離さなかったおかげで、
当日の朝、家族とテキストを見直していた箇所が何カ所か出題。
さらに行きの電車で見ていたところがいくつか出ました。
やった!!!
思わずニンマリ。
当日分の勉強で何カ所か稼いだのです。
いやぁ、最後まで諦めてはいけません。

とはいえ、結果はどうなることか、、、
ドキドキ。

もう少し余裕ができたら問題について詳しく書きます。

|

« 仮言命題の限界 | トップページ | 法人税と消費税 »

コメント

村上です。先日はお世話になりありがとうございました。
京都をたっぷり楽しませていただきました。
合格を祈っております(^^)

投稿: aran | 2006.12.11 15:11

aranさん。
こんにちは。
コメントありがとうございました。
お返事遅くなってゴメン。
今、忙しいぃいいいいい。
aranもお忙しいでしょ???

さて、先日はお会いできてとても嬉しく思いました。
ありがとうございました。
また、此方の方に是非見えてくださいね。
私たちも、aranさんのお住まい近くに出掛けたいと思いますので、その折はお会いできたらと思います。

これから益々寒くなりますのでご自愛くださいね。
来年も宜しくお願いいたします。

投稿: せとともこ | 2006.12.21 14:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/13024374

この記事へのトラックバック一覧です: 京都検定挑戦:

« 仮言命題の限界 | トップページ | 法人税と消費税 »