« まとめ書き その2 | トップページ | 新しき年 »

2006.12.27

まとめ書き その3

まとめ書きその3は石原さん。
画家と言われている四男とそのの友人である都参与と公費での飲食を繰り返していた問題が新に浮上。
いやはや、、、
いやはや、、、
何をどの様に言えばピタリとこの家族を罵ることができるのか、言葉を探しています。
そんじょそこらの罵詈雑言では、この家族にはなまやさしい。
その厚いつらの顔にはそよ風くらいにしか受け取れないだろう、、、
と、言うことで空しいから罵りはやめて、
ひたすら今、分かっている事実のみ書きます(今後もドンドン増える可能性あり)。

「交際費」という名目で老舗料亭での飲み食いが、約237万円。
一回の最高額はなんと41万6000円、平均額は21万5000円。
都の元参与との交際だそうです、、、
この参与は元運輸官僚で航空振興財団会長の棚橋泰氏です。
詳しくはしんぶん赤旗に書いてありますのでお時間がありましたらご覧ください。
いやぁ、、、
凄いですよ。
一回の料理の代金が庶民の一ヶ月の給料よりも多い。
年収200万円以下の人が急増している中で、石原一家は交際費に200万円を税金で使っている。
それを恥ずかしいとも罪とも感じない。
むしろ糾弾する方を恨むのだろうな、、、石原さんは。
「貧乏人は黙れ!」と。

いずれにしても次の都知事選。
東京都民の良識が問われます!
しっかり注目です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
一九九九年十月に都参与(航空政策担当)に就任し、都から月額三十三万九千円の報酬を受けています。参与の役割は「都政の課題について専門的な立場から知事に助言を行う」(都知事本局政策課)ことです。

 日本共産党東京都議団が情報公開請求で入手した都の文書によると、同参与を対象とした接遇は二〇〇〇年六月から〇三年五月までの計十一回、行われました。いずれも相手方に「棚橋参与様ほか」か、「棚橋泰様ほか」と書かれています。

 〇三年五月二十九日には、芥川賞・直木賞の選考会場としても知られる東京・築地の料亭「新喜楽」を利用しました。参加者は同参与や石原知事ら八人で、料理単価は四万三千円。翌月、料亭からの請求に応じ、三十四万円を知事交際費から振り込んでいます。接遇の目的は「都政懇談」でした。

 このほかの接遇でも▽二万五千円の料理を十二食、室料込みで計四十一万六千円(〇〇年六月)▽「料理等」で三十七万一千円(人数など記述なし、〇一年八月)▽うな重(二千五百二十円)四食、おろしそば(七百三十円)二食で計一万一千円(〇〇年六月)——などを支出しています。

 都知事本局秘書課は取材に対し「参与は知事をサポートするために出席した。本来、相手方とすべき人は『ほか』に含まれている。参与が相手方であるかのように書いたのは不適切だった」と釈明しています。
(上記ニュースより)

|

« まとめ書き その2 | トップページ | 新しき年 »

コメント

 いやあ、これは一口で言えば長く権力の位につけば驕りが出てくると言うことでしょうか。
 最近、鳥取の知事が3選を辞退しましたが、、どうしても下の者が上を向くのです。
 さて、新年を迎える準備は出来ましたか?
 しばらく更新がなかったので心配しました。

投稿: hitoriyogari | 2006.12.27 15:19

瀬戸さん、こんにちは
「遠方からの手紙」というブログから「戦争体験ということ」という記事をトラックバックさせてもらいました。ご挨拶遅れてすみません(ぺこり)。

前に、安倍首相のことを「おじいちゃん子」だと呼びましたが、その辺のことを含めていろいろ書いています。ちょっと長いんですけど、暇なときにでも読んでみてください。

投稿: かつ | 2006.12.31 21:11

かつさん。
おめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
かつさんの「遠方からの手紙」拝見しました。
と、言うよりそのうんちくの深さゆえ何回も徘徊しています。
もっとゆっくり考えてから感想を書かせて頂けたらと思います。
とくに啓蒙ということについては思うところ、感じるところ大です。
いつも伺っている数学屋のメガネさんが「不可知論」についてこのところエントリーをあげていらっしゃいます。
亜インテリと真のインテリなんてテーマで考察なさっていますが、
かつさんのエントリーを拝見しながら秀さんのエントリーを思い出したりしました。
今かなり気にしているのは「えせ科学」「偽科学」なのです。
また書きたいなと思いますのでその折はご意見など聞かせて頂けるとうれしく思います。
では、、、

投稿: せとともこ | 2007.01.02 16:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/13216830

この記事へのトラックバック一覧です: まとめ書き その3:

» 戦争体験ということ(4) [遠方からの手紙]
日本の近代史において、敗戦とその後の改革が少なくとも明治維新に次ぐものであったことはいうまでもない。たとえば、橋川は幕末と明治の二つの時代を生きた福沢諭吉の、「一身にして二生を経るがごとく」(文明論之概略)という言葉を繰り返し引用している。その背景には...... [続きを読む]

受信: 2006.12.29 14:04

» 続々・とくらさんを応援します [喜八ログ]
首相の地元では街頭演説を=参院選候補に選挙戦術指南??小沢民主代表  民主党の小沢一郎代表は26日午後、来年夏の参院選に選挙区から出馬する新人候補18人と党本部で個別に面談し、選挙戦術を指南した。  それぞれの候補から地元での活動状況を聴いた小沢氏は「1人でも多くの人に会って話をしなさい」...... [続きを読む]

受信: 2006.12.30 10:45

» 太田光の私が総理大臣になったら・・・秘書田中 [お玉おばさんでもわかる政治のお話]
弁護士の津久井さんのブログで教えて頂きました。 ただいま,ヤフーのサイトで,  Book of the Year というWeb上の投票をやっています。 (→こちらhttp://yahoo-award.yahoo.co.jp/book/43.htmlです。) 見て頂くとわかるんですけど、エントリーされ...... [続きを読む]

受信: 2006.12.30 20:11

» 日本の文化をぶち壊し現在の経済的大災厄を用意した“大罪人”中曽根氏 [晴耕雨読]
日本をどういう国にすればいいか: “逞しい文化と福祉の国”と総理大臣の時に言った。今でも“逞しい文化と福祉の国”というのが最終目標です。“政治権力というのは文化に奉仕するためにある”と言ってきている。 中曽根氏が空虚な言葉とはいえ、このような言動をしていることを見逃すことはできない。 中曽根氏こそが、総理大臣として、「みんなで汗水たらして頑張って生活を良くしていこうという文化」を「才覚がある人間がお金でお金を稼ぐことが素晴らしいという文化」にした張本人である。 現在の日本は中曽根内閣によっ... [続きを読む]

受信: 2006.12.31 00:03

» 教育勅語の精神が失われた日本に未来があるのか? [晴耕雨読]
ユダヤ教・正統キリスト教・イスラムといった啓示宗教と比較して、「日本には宗教の規範がほとんどない」と判断されるのは錯誤です。 超越神啓示宗教ではないかたちの規範意識で歴史を築いたことこそ、日本の好ましい特質として見直すべきだと思っています。 宗教は、世界観や人々の関係性(社会の在り方)についての価値観などを包括的に提示したものです。 日本では神道や仏教という自然との関わり方や自己の存在についての宗教的考えは根付きましたが、人々の関係性(社会の在り方)はミニマムの規制しか必要とせず、ほとんどが日本... [続きを読む]

受信: 2007.01.01 17:19

« まとめ書き その2 | トップページ | 新しき年 »