« 七草です | トップページ | 国立大の授業料 »

2007.01.09

防衛省誕生

防衛省が発足 海外活動、本来任と言うことでいよいよ今日9日から防衛省になります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
安倍首相は式典で「『美しい国、日本』をつくっていくためには、『戦後体制は普遍不易』とのドグマ(固定観念)から決別し、21世紀にふさわしい日本の姿、新たな理想を追求し、形にしていくことこそが求められている」と訓示。そのうえで「国民の安全を第一義とし、いかなる場合が憲法で禁止されている集団的自衛権の行使に該当するのか、個別具体的な事例に即して、研究を進めていく」と述べた。
(上記ニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
安倍さんは『戦後体制は普遍不易』とのドグマと言う。
誰が『戦後体制は普遍不易』と言い、しかもそれをドグマと言ったのだろうか???
少なくとも私は『戦後体制は普遍不易』とは思わない。
体制は時として間違いや後退もあっただろうが、
平和を維持しよう、再び戦争をすることがないように、という理想こそが「普遍であり不易」ではないでしょうか。
しかも、これはドグマではなく「理念」であります。
先の戦争で、当時ひとびとが教訓として得たものは「戦争の愚」なのです。
この決意は時代の「流行」に影響されるものであってはなりません。

さて、何よりも心配な自衛隊の「海外活動が本来任務」。
ううう〜〜〜〜んん。
と言うことは「自衛隊」という名もいずれ返上???
ズバリ、
「日本国軍隊」なんて変わるのだろうか?

今後の活動に注目です。

|

« 七草です | トップページ | 国立大の授業料 »

コメント

 ドグマとはヒドいですね。
 あなたの仰る通り「理念」です。
 安倍さんは今後いろいろと戦後の理念を変えていこうとするでしょう。
 今年の選挙(統一地方、参議院議員)ではどうしても政権交代へ向けて一歩を踏み出さねばなりません。
 今後をよ~く見つめながら行動しなければなりません。

投稿: hitoriyogari | 2007.01.09 15:34

ドイツはヒトラーの時代にも「国防軍」と言っていたし、それに自衛隊は国際的には以前から Japanese Army ですね。
とりあえず、防衛庁長官が防衛大臣になって、あと制服組の発言力も増すのでしょうか。
小泉チルドレンのなんとかさん(女性の人、名前が出てきません。桝添さんのもと奥さんですけど)、彼女は大蔵省時代、防衛予算で制服組と激しくやりあったそうですけど、そういう力関係がどう変化するかも気になるところですね。

投稿: かつ | 2007.01.09 16:28

 時々おじゃましていますポチと申します。はじめてコメントします。よろしくお願いします。
 これからの日本はどうなっていくのでしょう。不安です。
 アベさんは、本当に「戦後体制」が嫌いなんでしょうネ。たしか「対談集」かなんかで、「憲法前文は、連合国への侘び証文みたいでケシカラン」とか「憲法を変えてこそ精神的占領を終わらせることができる」みたいなことを書かれていました。で、連合軍=米国(あえてそう言ってもかまわないと思うのですが)が大嫌いで、「占領」を終わらせたいって考えてるのかなと思ったら、「日米同盟は血の同盟だ。米国のために自衛隊が血を流せないのはおかしい」ってなことも言っていて、実は米国大好きなんだから、ほんとうに支離滅裂な人です。
 中国と韓国では「美国」って書くと、それは「米国」のことだそうです。それ聞いて、「美しい国へ」ってアベさんのキャッチフレーズは、「美国(米国)といっしょに戦争する国をめざすゾッ!」っていうキャッチフレーズなのかなって本気で思ってしまいました。

投稿: pochi | 2007.01.09 19:10

hitoriyogariさん。
かつさん。
pochiさん。
おはようございます。
コメントありがとうございます。


hitoriyogariさん。
本当にそうですね。
今後の動き、しっかり観察です。
ところで今年は暖かくてしのぎやすい冬ではと思いますが、おからだいかがですか?
私は年末に動きすぎて座骨神経痛のまんま、この冬は過ごしそうです、、、
まぁ、ザコチャンも身の内とおもって付き合っていきます〜〜〜〜〜
ではお互い、頑張りましょうね!!!


かつさん。
片山さつきさんのことかと思います。
そうですね、、、
この頃、テレビではおみかけしませんが、どうなんでしょ?
ちょっとやそっとではどうにもならない権力を向こうに回して彼女一人の力では、どうとなるものでもないのでしょうね〜〜〜〜
さてさて、、、
いずれにしてもきな臭くなってきた日本。
今後の動きに警戒です!

pochiさん。
>中国と韓国では「美国」って書くと、それは「米国」のことだそうです。それ聞いて、「美しい国へ」ってアベさんのキャッチフレーズは、「美国(米国)といっしょに戦争する国をめざすゾッ!」っていうキャッチフレーズなのかなって本気で思ってしまいました。

鋭いご指摘。
私も本気で思ってしまいます。
米軍の基地移転に伴って日本は75%も負担するとか、、、
国民には痛みダケ押しつけて、
大企業とアメリカにはふんだんにお金を回す今の政治にはウンザリします。
もっと、もっと国民を、庶民をみていただきたい。
と思うことしきりです。
またこれからもご意見やご感想をお聞かせくださいね。
では、、、、また。

投稿: せとともこ | 2007.01.15 12:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/13400705

この記事へのトラックバック一覧です: 防衛省誕生:

» 今日はサラダ記念日ではなく防衛省記念日 [飯大蔵の言いたい事]
 防衛省が発足したそうだ。今日を防衛省記念日として長く記憶に留めるべきだ。 [続きを読む]

受信: 2007.01.09 20:03

» サポーター作戦 [喜八ログ]
権力を監視し批判する人間は社会にとって絶対的に必要な存在でありますし、幣ブログも微力ながら「番犬(Watchdog)」の役割を果たしたいと思っております。安倍晋三さんを疑いのマナコで見つめ、小泉・竹中買弁政権の復活を警戒し、レイシスト慎ちゃんの都知事三選には断固反対の声を上げるぞ! とはい...... [続きを読む]

受信: 2007.01.09 20:43

« 七草です | トップページ | 国立大の授業料 »