« 女性は子どもを産む機械発言 | トップページ | 日本学術会議声明 »

2007.01.30

番組改変 NHKに賠償命令

番組改変 NHKに賠償命令と言うニュース。
注目の判決が昨日言い渡されました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
従軍慰安婦問題の特集番組に改変があったとして、取材に協力した市民団体「『戦争と女性への暴力』日本ネットワーク」(バウネット)がNHKと制作会社二社に計四千万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が二十九日、東京高裁であった。南敏文裁判長は制作会社一社に百万円の賠償を命じた一審東京地裁判決を変更、NHKと制作会社二社に計二百万円の支払いを命じた。南裁判長は「NHKは制作会社を排除し、担当者の制作方針を離れてまで、国会議員などの意図を忖度(そんたく)して当たり障りないように番組を改変した」と指摘した。NHKは即日、上告した。
(上記ニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜南裁判長は判決の中で「憲法で保障された編集権限の乱用で、自主性、独立性を内容とする編集権を自ら放棄したに等しい」とNHK側の編集姿勢を厳しく批判した。〜〜
とのことです。
また、この裁判は改竄の有無ともう一つは政治介入と番組改変の関係でした。
判決はNHK幹部が国会議員と接触し、議員から「番組は公正に」と言われ、それを「必要以上に重く受け止め、その意図を忖度(そんたく)して、当たり障りのないような番組にすることを考え」て修正を繰り返したとしています。
つまり、改竄・改変と政治家との面会は「無関係」としてきたNHKの主張は退けられました。
が安倍さんの名前も裁判ではだたそうですが、これに関しては流石に「NHK側との面談の際、政治家が一般論として述べた以上に、番組に関して具体的な話や示唆をしたとまでは認められない」と曖昧にぼかした表現でした。
しかしNHKは即日、上告したとのこと。

2004年の一審判決では制作会社だけが責任を問われたことを思えば今回の判決はかなり踏み込んだものだったと思います。
その後、NHKの長井暁デスク(放送当時)が政治介入を内部告発したことなどで、審理は延長。
そして裁判の中で、NHK幹部と会って「公正に」と注文したのは、安倍晋三官房副長官(当時)だったことが明らかになり、注目度はさらに増した今回の裁判。
今後の動きから目が離せません。

|

« 女性は子どもを産む機械発言 | トップページ | 日本学術会議声明 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/13714378

この記事へのトラックバック一覧です: 番組改変 NHKに賠償命令:

» NHKの賠償責任は認めたが、安倍・中川の責任はお目こぼしの判決 [ちょっと一言]
 今日の夕刊と夜のニュースのトップはこの判決かと思っていたが未だ眼にしていない。 番組改編訴訟、NHKの賠償責任も認める…東京高裁  NHK [続きを読む]

受信: 2007.01.30 10:41

» 所謂「従軍慰安婦」を扱った番組改編問題でNHKに賠償命令判決 [松尾光太郎 de 海馬之玄関BLOG]
font size=3 これで朝日新聞の誤報問題が面白くなってきた。そんな判決が今日、平成19年1月29日、東京高裁で言い渡された。朝日新聞が1年半前に社内の特別委員会で勝手に幕引きをはかって以来、(残念ながら)沈静化していた、あの「朝日新聞のNHK誤報問題」がこれでまた世間の関心を引き起こすかもしれない。そう思った。そう期待した。時事通信はその東京高裁判決をこう報じている。以下、引用開始。 font color=red●NHKに200万円支払い命令=従軍..... [続きを読む]

受信: 2007.01.30 11:06

» 自民党とNHK+柳沢やめろⅣ(問題シーン動画) [kimera25]
 柳沢やめろⅣ 本人の発言シーンのニュースが残ってます。ヤフー動画ニュースのFNNの所に。他局は「ごめんなさい」シーンや安倍のぶら下がりなどのみ。ここに飛んで下さい。  http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn/20070129/20070129-00000459-fnn-pol.html   ご注意下さい。削除される時間が早くなっています。    MSN 2007年1�... [続きを読む]

受信: 2007.01.30 21:59

» 政治家への過剰な自己規制ってNHK?裁判所?実は・・・ [A Tree at ease]
 NHKの番組が偏っていると政治家が介入し、異例の修正が行われた事件の控訴審訴訟、NHKの政治家への過剰な反応が認定された(asahi.comより)。  問題となった番組は、従軍慰安婦問題を扱った「問われる戦時性暴力」という教育TVの45分番組で、2001年1月30日に放送されたもの。「女性国際戦犯法廷」が裁判の形式で日本軍の行った行為を証拠や証言を交えて認定し、天皇有罪を宣告する、という流れを追った番組である。 従軍慰安婦問題については以前書いたようにアメリカ議会も20世紀で最悪の人身売買事件と... [続きを読む]

受信: 2007.01.31 22:14

» 貧乏くじを引かされるのはいつも現場です [前を向いて歩こう!]
「政治への自己規制」認定 NHK番組改変訴訟(asahi.comより。記事全文はこちらから。) 東京高裁で1月29日に言い渡されたNHK番組改変訴訟の控訴審判決は、「国会議員の意図を忖度(そんたく)して当たり障りのないよう修正した」... [続きを読む]

受信: 2007.02.01 00:19

« 女性は子どもを産む機械発言 | トップページ | 日本学術会議声明 »