« 2月11日という日 | トップページ | 孤独な子どもたち »

2007.02.15

改憲手続き法案 強行?

自民党の二階俊博国対委員長の11日のテレビ番組での発言が気になります。
改憲手続き法案について「議論に長い時間をかけすぎた。五月三日の憲法記念日までに成立させることが大事だ」と言う内容。
さらに民主党の賛成が得られない場合は与党単独採決もあり得るとの姿勢を示したことです。

そして昨日、14日。
自民、公明両党の幹事長、国対委員長らが都内で会談。
改憲手続き法案について、民主党が衆院憲法調査特別委員会での審議に応じない場合は、与党単独採決で臨む方針を確認。
また、自公両党は五月三日の憲法記念日までに同法案の成立を図ることで一致。
つまり二階さんの発言をあらためて自民党・公明党は確認したということです。

先の臨時国会で、自公民が「修正」協議をすすめ大筋合意していましたが、
民主党は夏の参院選をにらみ、「十分な議論を与野党で詰めることが大事。議論に時間がかかるのではないか」との態度を見せていました。
そこで、しびれを切らした与党幹事長らが単独採決の方針を確認。
民主党をけん制するのが狙いです。

改憲手続きについてはその問題点を昨年の6月に記事にしていますので、興味のある方はご覧ください。
いずれにしても憲法を目的で変える目的での手続き整備に違いない、このような法案の強行採決を認めるわけにはいきません。

|

« 2月11日という日 | トップページ | 孤独な子どもたち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/13918854

この記事へのトラックバック一覧です: 改憲手続き法案 強行?:

» 天木直人氏は「左」か? [喜八ログ]
それは違うでしょう。って、いきなり結論ですが(笑)。 少なくとも、私(喜八)から見た天木直人(あまき・なおと)元レバノン大使は「左」ではありません。伝統保守の立場から政権批判・米国追従批判を行なっている人、「日本憂国右派」のひとり、が天木直人氏ではないでしょうか。   ←blogランキン...... [続きを読む]

受信: 2007.02.15 13:07

» インターネット九条の会 [ブログ blog で 情報交換]
「インターネット九条の会」がネットで活躍しております。 メルマガも出しております [続きを読む]

受信: 2007.02.20 13:59

» マグマ噴出、民主党 [ブログ blog で 情報交換]
民主党の若手議員は九日、「慰安婦問題と南京事件の真実を検証する会」を発足させまし [続きを読む]

受信: 2007.03.11 21:19

« 2月11日という日 | トップページ | 孤独な子どもたち »