« 家族の法制に関する世論調査 | トップページ | 改憲手続き法案 強行? »

2007.02.13

2月11日という日

遅くなりましたが2月11日は「建国記念日」でした。
各地で、賛成・反対の立場の人が集会を開いたようです。
私自身は、日本のことは愛していますが、
しかし、
建国記念日の謂れを考えると、この日をそうした記念日にすることは反対です。
つまり、2月11日は、日本書紀による神武天皇即位の日・紀元前660年1月1日を新暦(グレゴリオ暦)に換算したらこの日になるということです。
神武天皇かぁ〜〜〜
いえね。
ここでも何回も書いているように、個人的には神話は好きなのです。
好きなのですが、
国民の祝日と言う政令で決めるものに対して、堂々と神話が登場することはイヤですね。
神話はお話として読むには楽しいが、事実として後世に伝えられるものではありません。
また、2月11日は「万歳三唱の日」でもあります。
この日を、万歳三唱の日としたのは、1889年、大日本帝国憲法発布の祝典で初めて万歳三唱が行われたことを記念して制定されたというのです。
そもそも「万歳」とは「万年」や「長寿」という意味の漢語だそうです。
中国では乾杯する際に唱える言葉として使われています。
今では何気なく使っているこの「万歳」。
実は明治政府がつくりだしたものだったのです。
西欧諸国では平民が国王や君主を迎えるときに君主を称える言葉や国歌を歌う習慣があり、日本でもそれを定着させようとした結果ということです。

万歳三唱に関しては、そもそもの起源が君主・天皇礼賛の言葉であったとしても、
今はそうした意味でなく、会合などで参加者の長寿や繁栄を祈念する言葉として使われているのは、私たち自身が主人公であり主体者である証ではと思います。

いずれにしても2月11日は歴史と真剣に向き合う日です。
なお、今日2月13日は続日本紀の制定の日です。
日本書紀より正確であろうとは言われながらも、続日本記もまた時の勢力・権力の下で、
記述が削除されたり再現されたことは言うまでもありません。
歴史、、、
とは何か?
誰のための、誰による歴史か。
そしてその結果、何が起きたか、、、
しっかりと検証していく必要性を感じます。
なぜなら、未来のために。

|

« 家族の法制に関する世論調査 | トップページ | 改憲手続き法案 強行? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 家族の法制に関する世論調査 | トップページ | 改憲手続き法案 強行? »