« 学校教育法に愛国心 | トップページ | 亀鳴く春 »

2007.03.30

「権利侵害しないでさん」へのお返事

国民投票案と言う記事を2005年の12月に書きました。
その後も私は国民投票法案の動向や内容については拘ってきました。
何故いま?「憲法改正国民投票法案」
「憲法改正国民投票法案」その2
「憲法改正国民投票法案」その3
「憲法改正国民投票法案」その4
国民投票制度とメディア規制
硬性憲法の意味
さらには共謀罪との関連や、
あるいは国会で審議されるたびにその問題点について述べてきました。

そんな国民投票法案について昨日 「権利侵害しないで」 さんからコメントをいただきました。貴重なご意見、有り難うございました。
本来ならコメントでお返しする事が筋ですが、
ちょうど、エントリーで挙げようとしていましたので、こちらでお返事と言う意味も込めてエントリーとして書きます。
では、
「権利侵害しないでさん」のコメントに沿って今回は論を進めていきます。
まず「現行憲法の第96条で定められている改正手続を、なぜ否定しようとするのか理解出来ません。」と言うお尋ねに対して。
これは先に記事に書きました硬性憲法と重複いたしますが、
立憲主義とは国民が憲法で権力を拘束することです(近代市民革命で確立した大原則であり、民主主義の原則でもあります)。憲法で作られた立法権は根本法である憲法を改正する資格は持っていません。持っているのは国民のみです。
しかもその手続きは通常の立法以上に厳格でなければなりません。
さて今、国会で提出されている法案の中身を厳密にチェックしていくならば、
残念ながら憲法改正者である国民が不在、あるいは不在にされそうな事に対して危惧を表明しているのです。

次に「国民には選択する権利があります。」と言うご意見。
本当にそうです。
まったくもって大賛成です。
これに関しては一番大きな障害は「説得時の平等」確保です。
ご存知のようにメディア利用の広告放送は制限されますがあとは自由です。
しかし全国紙一面の広告料が3000万円の業界にあって、情報を提供するには多額の資金が必要です。
国民の判断を左右する情報が公平かどうかという点については更に論議する必要があります。
言論封殺をさせないためにもメディア利用について真剣に論じなければならない課題です。
また運動期間が短い事も「知る権利」に抵触します。
2ヶ月が最短です。
この期間で国民の多くが情報を得、議論を重ね意思を形成できると思われますか?
私は無理と思います。

私は「権利侵害しないで」さんが主張なさるように、本当に国民が公平に自分の意志で選択できるために、
この法案は拙速で通過させてはならないと思っています。

間違っても、「国民は運動の客体として投票にだけ行ってくれればいい」と言う者にならないために、
法案提出者は、もっともっと国民に支えられる努力をすべきです。
ところが最低投票率の制度は設けていないとなると、
何を持って「国民の意思」とするのでしょうか?
そもそもの立憲主義の精神に戻るなら、
今、提出されている法案の中身は、
国民の権利保障から遠いものであると考えます。

と、言う事で「権利侵害しないで」さんへのお答えを兼ねて、
問題点をさらいました。
問題点は、まだあります。
運動の主体者に対する規制です。
これに関してはまた機会があれば書きます。
今日は、まずはここまで。

追記。
ブログ仲間の村野瀬さんにも同じ内容のコメントがついているので、笑ってしまいました、、、

|

« 学校教育法に愛国心 | トップページ | 亀鳴く春 »

コメント

インターネットが普及によって、個人が簡単に意見をブログ等によってWeb上に公開することが、技術的に容易になっています。一方で、ブログの炎上と言った現象に代表されるように、匿名投稿による誹謗中傷が個人の自由な発言を抑えているといった面もインターネット上にはあります。しかし、匿名性に守られるからこそWeb上で発せられているような、政治家や企業やマスメディアといった既得権益を有する個人や団体に対する批判や告発は、インターネットの普及によって目立ってきたものと思われます。また出版物と比べて、誰もが閲覧することが可能であり、極めて迅速にかつ簡単に読者が自らその対象を批判することができるため、出版物の読者と比べてネット上の読者の反応の起こり方は多少異なっているのではないでしょうか。http://disconsolatedesire.blogspot.com/

投稿: disconsolate | 2007.04.02 10:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/14459364

この記事へのトラックバック一覧です: 「権利侵害しないでさん」へのお返事:

» 一気に決めたい安倍総理 [お玉おばさんでもわかる政治のお話]
ありがたいお坊様の写真などを載せつつ・・・・ なんか、お玉のいない間にいろいろ安倍総理は爆走していたのね。 新聞を読み返すのも大変だわ〜と思っていたら毎日新聞サイトで「重要法案 優先順位定まらず」って記事見つけま....... [続きを読む]

受信: 2007.03.30 19:02

» 訃報 [遠方からの手紙]
 昨日、仕事が終わってサイト巡りをしていたら、たまたま極東ブログというところで、作家の島尾敏雄の奥さんだったミホさんが亡くなられたということを知った。 戦争末期に、奄美の南の加計呂間島に「震洋」というボートに爆弾を積んだ特攻兵器部隊の隊長として赴任した...... [続きを読む]

受信: 2007.03.30 22:21

» 与党修正案の問題点 [時蝿日記の周辺]
徳島新聞によれば、自民、公明両党は26日、憲法改正手続きを定める国民投票法案の与党修正案に合意した。与党単独でも4月12日の衆院憲法調査特別委員会で採決、13日の衆院 [続きを読む]

受信: 2007.03.31 09:16

» 追憶、責任、未来基金 [とむ丸の夢]
 こぶしの花がそろそろ終わり、気の早い人たちが夜桜の下で宴会をしていた昨日、友人といっしょにガードレールとして設置されていたステンレス・チェーンがきれいに盗まれている光景を見てきました。私はその時までこの... [続きを読む]

受信: 2007.03.31 14:51

» 今すぐ国民投票法案を成立させねばならない理由 [★★反日ブログ監視所★★]
弊ブログの3月6日のエントリーの内容と似たコメントがマルチ投稿されているようで、それに回答するエントリーが幾つか見られるので、拙ブログの該当エントリーをTBすることにする。 [続きを読む]

受信: 2007.03.31 17:04

» 「敗戦責任」と天皇 [その2] [晴耕雨読]
『「敗戦責任」と天皇  [その1]』の続きです。 「● 近代天皇制と前近代の天皇制」の予定でしたが、[その1]でいただいたレスを踏まえ、[その1]の補足的な説明を間に挟ませていただきたいと思います。 --------------------------- [その1]では、戦前及び戦後の近代天皇制が、良く言えば“統治権威”、ざくっと言えば“真の支配者の道具(隠れ蓑)”でしかないという見方を書いた。 そのような見方を書いた背景には、このようなサイトで匿名でならともかく、主要メディアで実名をさらして... [続きを読む]

受信: 2007.03.31 18:13

» 国民投票法案を語る [国民投票法案を語る]
このブログの主旨は 『国民投票法案をみんなで議論すること』 です 以下に具体的な内容を記します 1.現与党の国民投票法案の問題点について議論するそれぞれの問題点ごとにエントリーを立てます。参加頂ける方は各ページにて... [続きを読む]

受信: 2007.04.02 09:18

» 今の「国民投票法」に私が反対するのは、その前提も内容も推進手続も失格だからです。 (「国民投票法」に「賛成」する方のコメントへのお答え) [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
『「憲法改悪・国民投票法反対」一斉送信メールフォームの紹介』のエントリーに、「国民投票法」賛成と思われる方から次のコメントがつきました。 引用開始 ぱく 2007/03/30(金) 13:15 件名 : 権利侵害、封殺に対して ... [続きを読む]

受信: 2007.04.03 02:35

» 『自宅からの国会請願』自宅からのTB宣伝の試み [再出発日記]
国民投票法反対の宣伝TBです。以下の【転送・転載歓迎】のメールニュースをお読みいただいた上であなたのお力を貸していただきたくてTBしました。○もしこのTBが迷惑でなかったなら、削除しないで下さい。(それだけで大きな力になります)○もう少し賛成頂いたなら、...... [続きを読む]

受信: 2007.04.06 00:28

» 国民投票投票用紙:「反対」欄の余白に「×」は「賛成」 [平和への結集第2ブログ]
4月9日に、公明党・赤松正雄議員(憲法調査特別委員会理事)事務所に電話をし、投票用紙の記載解釈について質問しました。憲法調査特別委員会・憲法調査会事務局に聞いたほうがいいのでは、というので、事務局に尋ねると、衆院法制局にまわされました。 そこで、投票..... [続きを読む]

受信: 2007.04.10 21:44

« 学校教育法に愛国心 | トップページ | 亀鳴く春 »