« 国民との溝 | トップページ | 謎の光熱費 »

2007.03.08

暴走政府

確定申告最終版で、一年前のしわくちゃレシートを前にして、
負けず劣らずシワクチャになりながら悪戦苦闘していたのですが、
が、
が、
そんな忙しいさなかに、
なんだんだ〜〜〜〜
これは。

国民投票法案、月内に衆院通過の方針 与党、単独採決も

なぁ====にぃ。
これ????

なんだか、この国の政治は、
ドンドン、国民から隔離して一人暴走しているようです、、、

どうして?
そんなに急ぐのか?

私たちの日々の生活はプアでやっとこなのに、
政府は国民の生活を守ることは一切やらず、戦争、戦争へと戦争への道をひた走っているようです、、、

だれが止めることが出来るのか。
暴走政府を。

答えは、
国民です。

この問題、これからもこだわり続けます。

|

« 国民との溝 | トップページ | 謎の光熱費 »

コメント

そうです。国民なのです。小泉劇場で煽られた国民のみなさんです。
 衆議院の与党を三分の二以上にしてしまった結果がこれです。
 ですから来る参議院議員選挙には、与野党を逆転させて、この暴走を防がなくてはなりません。
 これからそういった声を全国に発信していきたいと思いますね。

投稿: hitoriyogari | 2007.03.09 16:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/14189721

この記事へのトラックバック一覧です: 暴走政府:

» 「憲法改悪阻止にむけて」…復習の意味を込めて [dr.stoneflyの戯れ言]
 えっと、このブログがそろそろ一周忌、じゃなかった一周年を迎えるんですが、記念すべき最初のエントリーを再掲載することにします。憲法改変やら国民投票法案やら天皇制やらをテーマにした2年前の講演でヤバイじゃんと思い、テンションが低下しないように1年前に掲載したのですが、今、まさにその時を無理矢理むかえさせられんとしています。  最近読者になっていただいた方にも是非読んでいただきたいため、初めての試みとして再掲載ってのをやってみたいと思います。... [続きを読む]

受信: 2007.03.09 01:27

» 民主党が直面するハードル [ブログ blog で 情報交換]
民主党には石原候補に都知事選で勝利するためには、今、越えなくてはならない次のよう [続きを読む]

受信: 2007.03.09 11:24

» 「近代経済システム」とグローバリズム 《国民経済と経済主体の対立》 上 [晴耕雨読]
■ 「近代経済システム」とグローバリズム ● 「近代経済システム」は端緒からグローバリズム “ボーダレス経済”という言葉は15年ほど前から一般化し、“グローバリズム”という言葉はここ数年のキーワードにもなっているものである。 これらの言葉の意味を政治的なものとしてではなく、経済的なものとして考えてみる。 これまでの連載内容をお読みいただいた方であれば、「近代経済システム」が、根っからの国際主義(=超国民経済主義)に基づくものであり、国民経済の近代的発展が国際取引の利益によってのみ実現される... [続きを読む]

受信: 2007.03.09 13:16

» 国民投票法案への対応はどうすればいい? その2 [あんち・アンチエイジング・メロディ]
最近ちょくちょく顔を出している小泉純一郎。多分これは参院選対策だろう。彼が「鈍感力」と言えば、渡辺淳一の同名の本がベストセラーになる。相変わらずの小泉人気とそれに乗るマスコミ。しかし、彼が行ってきたことのひどさは、戦後最大の国難にも等しい。かってヒットラーが国民の圧倒的支持のもとで跋扈し、しかし、最後は「自分を選んだ国民の自業自得」と言って国民を切り捨てたことは有名だが、小泉も同じようなもの。以下のようなニュー... [続きを読む]

受信: 2007.03.09 18:16

» 年金問題の本質 [医療制度改革批判と社会保障と憲法]
年金問題の本質 少子高齢化が原因なのか?? 「年金問題」の原因は、「少子高齢化」が根本問題だと、喧伝されています。 『支え手である勤労世代が減少し、年金受給高齢者が増大してゆけば、年金制度が維持できなくなる。したがって、今から、段階的に年金保険料の負担率を引き上げていく一方で、年金給付額を引き下げていく』というのが、この間の年金制度改定の主題であるといえ... [続きを読む]

受信: 2007.03.10 14:19

» 政府与党の国民投票法は、世論を聞く法律とは思えません。改憲派政治家のためだけの、単なる改憲手続簡略化法です。 [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
改憲手続簡略化法(政府与党は「国民投票法」と呼んでいる法律)についてのヘリオトロープさんのコメント、短いけど、法案の中身を知ってそれを問題視している人たち(私もその一員)が自分の意見をまだ国民投票法について知ら... [続きを読む]

受信: 2007.03.10 20:25

» やっぱり改憲推進・手続簡略化法案はダメ法だ [津久井進の弁護士ノート(ブログ)]
 現在,審議中の改憲推進・手続簡略化法案(すなわち「国民投票法案」と称する新しいシステム)は,もっと強くダメ出ししないといけませんね。  手続法を定めること自体が良いかどうかという議論もあります。  そういう議... [続きを読む]

受信: 2007.03.13 14:36

» 「過渡期」初期の世界経済:デフレーション・インフレーションそして通貨 10 [晴耕雨読]
● 「過渡期」初期の世界経済 現在の世界は、「紙切れ通貨」が国内取引でも国際取引でも通用する「戦後第二世代世界」に変化していながら、実態的にも価値観(信仰)的にも、「戦後世界」=兌換米ドル基軸通貨体制を引き継いだままという微妙な「過渡期」にある。 米ドルの兌換が停止されても、米国経済が世界で占めている地位は相対的には低下しただけで世界最大であることは変わらなかった。 経済発展を志向する非共産圏諸国は、国際金融家からの借り入れに頼り、原油に代表される近代産業にとって重要な国際商品を国際商人に依存し... [続きを読む]

受信: 2007.03.16 19:08

« 国民との溝 | トップページ | 謎の光熱費 »