« 放送法改訂案 | トップページ | そこのけ そこのけ悪法が通る »

2007.04.18

長崎市長凶弾に倒れる

「人間はいったい何をしているのか」
と、強烈な訴えをした長崎市長伊藤一長さんが凶弾に倒れ亡くなりました。
ご冥福をお祈りいたします。

それにしても、なんともやりきれないニュースです。
どのように述べたらいいのか、言葉はありません。
怒り、憤り、、、
そして
何故???
と言う疑問が湧いてきます、、、

いずれにしても、
徹底解明を願うばかり。
そう言えば、安倍さんは昨夜のコメントで「捜査当局の徹底解明」と述べていました。
たんたんと、、、
あの映像から伝わってくるものは「ひとごと」でした。
ねぇねぇ。
安倍さんと思わず言ってしまいました。
「あなたはこの国の総理でしょ?
選挙さなか、自党の市長候補が凶弾に倒れ言論が封殺されたというのに、
それはないだろう。
もっと怒らなければ、もっと悲しみ嘆き、そしてこんな暴力に負けない、と毅然と言って欲しかった、、、なぁ。
この人から「民主主義」という言葉さえもう出ないのか?
いくら嘘とわかり白々しくても、言うべきだよね。
と同時に今後、この様なことが起きないようにしっかりと暴力への対応を示して欲しい。


「人間はいったい何をしているのか」
伊藤さんの言葉を噛みしめながら、、、
もういちど、
ご冥福をお祈り申し上げます。

|

« 放送法改訂案 | トップページ | そこのけ そこのけ悪法が通る »

コメント

 私もこの事件には激しい衝撃を受けました。
 何と言っても「暴力による言論の封殺」は絶対に許してはならないと思います。
 余りにも淡々とした安倍ソウリには何と言ったらいいのか、言葉を失います。
 直ぐに前本島市長の顔が浮かび、右翼の仕業か?と思いましたが、報道ステーションに「犯行声明」が寄せられたと聞き、二度びっくり、視聴者から「何故直ちに対処しなかったのか」との抗議が殺到、二人のキャスターが「ただの手紙だった」と訂正し、事なきを得た。
 いやはやこれは大変な出来事なのです。

投稿: hitoriyogari | 2007.04.18 17:30

 同感です。
 わたしたちの国は、前任者に引き続き、さらに情けなく恥ずかしい首相をもつ、どうしようもない国に、なってしまったのでしょうか。
 あきらめてはいけないとは思いつつ、発言・発信することにためらいを感じつつ、なお、引き続きの発言・発信を、続けなければと思っています。
 「あなたはこの国の総理でしょ?
選挙さなか、自党の市長候補が凶弾に倒れ言論が封殺されたというのに、
それはないだろう。
もっと怒らなければ、もっと悲しみ嘆き、そしてこんな暴力に負けない、と毅然と言って欲しかった、、、なぁ。
この人から「民主主義」という言葉さえもう出ないのか?
いくら嘘とわかり白々しくても、言うべきだよね。
と同時に今後、この様なことが起きないようにしっかりと暴力への対応を示して欲しい。」
 少なくとも、平和で人としての権利が護られる、民主主義の国にするために、がんばりたいと思っています。

投稿: harayosi-2 | 2007.04.18 21:34

hitoriyogariさん。
harayosi-2さん。
こんにちは。
なんだかたまらないですね、、、
今日はお二人同時にお返事書かせてください(別々にお返事を書いても、私の気持、お二人のお気持ち同じだから)。

安倍さん。
後になって慌ててコメントしましたが、
あの人は本当にご自分でその大変さが分かっていらっしゃらないのでしょうね。
それにしても、闇を感じさせる方ですね。あの人は。
今回、少年法が衆議院を通過しましたが、
その前にもっとやるべきことはいっぱいあるだろうに。
例えば、政治家自らの潔白さとか、大企業や大銀行の横暴とか、そして今回のような暴力とか、、、
安倍さんご自身が国民を背後から突き落とすような、そんな政策を国会でバンバンなさっています。
なんだか、、、なぁって感じ。
いずれにしても今後の動きが注目ですね。
最後に、
市長さんのご冥福をお祈りして、、、

投稿: せとともこ | 2007.04.19 15:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/14751743

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎市長凶弾に倒れる:

» 伊藤市長へのテロ、やりきれないですね [とむ丸の夢]
伊藤一長長崎市長が亡くなられてしまいましたね。 私など、昨晩の衝撃的なニュースで初めてお名前を知ったほどですが、思わず心の中で、どうぞ、回復されりますように、と祈ってしまいました。 ご家族や関係者の方々の悲し... [続きを読む]

受信: 2007.04.18 14:11

» 伊藤一長さん、さようなら [喜八ログ]
伊藤一長長崎市長のご冥福を心よりお祈り申し上げますとともに、ご家族・近親者の皆様には衷心よりお悔やみ申し上げます。 冷酷で貪欲な精神の持ち主たちにより世界に暴力の連鎖が広がりつつある中、伊藤一長さんは勇気をもって平和を希求しました。それは大変に尊い行為であり、平和を願う総ての人々にとって伊藤...... [続きを読む]

受信: 2007.04.18 20:14

» 白色テロルを許さない!! 伊藤一長長崎市長の死を悼む [アッテンボローの雑記帳]
 本日未明、昨日暴力団員によって銃撃を受けた長崎市長伊藤一長(いとういっちょう) [続きを読む]

受信: 2007.04.19 03:32

» 長崎の伊藤市長さん・・残念です。 [お玉おばさんでもわかる政治のお話]
多くの方々が第一報からどうかご無事で!と祈ってきたにもかかわらず・・ 伊藤市長ご冥福をお祈り致します。 久間章生防衛相の発言については、今とても文面にできぬほど怒りを感じてます。いまは書きたくないけれど、でも言いたい。同じ長崎出身では無いのですか?報道陣....... [続きを読む]

受信: 2007.04.19 06:34

» 産業資本家と労働者は本当に対立(敵対)関係にあるのか? [晴耕雨読]
マルクス主義系統左翼理論の根底的な誤りは、剰余価値説(不払い労働の搾取)に基づく資本家階級と労働者階級の対立を基礎とする「社会観」にある。 左翼政治運動が混迷と閉塞に陥っているのは、偏に、この「階級闘争史観」にあるといっても過言ではない。 日本共産党をはじめ先進近代国家の多くの共産党が社会民主主義的改良主義に堕したのも、「剰余価値説」や「階級闘争史観」がもたらした弊害だと考えている。 心情主義的で思考怠惰な左翼のために予め言っておくと、資本家階級(企業経営者)と労働者(被雇用者)に利害対立がない... [続きを読む]

受信: 2007.04.19 21:40

» 『我、自衛隊を愛す故に、憲法9条を守る』 [喜八ログ]
結論から言えば、これは大変な良書です。憲法を守り平和を守りたいという方はぜひとも手にとって読んでみてください。今回は防衛庁官房長をつとめた竹岡勝美(たけおか・かつみ)さんの発言を紹介します。... [続きを読む]

受信: 2007.04.20 12:46

» やっぱりアベ総理は2枚舌 [とむ丸の夢]
 20日金曜日の教育再生特別委員会で、中山成彬が長い発言をして、その中で慰安婦についてもずいぶんと自説を主張していました。 この方は「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」の会長で、米国議会調査局の報告書では、歴史修... [続きを読む]

受信: 2007.04.22 13:21

» 必読!日本への警告!:「産業資本的重商主義の終焉」を理解していたヒトラー [晴耕雨読]
「「我が闘争」よりも面白い「ヒトラー第二の書」」の第3弾です。 『自身が刊行を禁じた「続・わが闘争」 ヒトラー第二の書』(アドルフ・ヒトラー著/立木勝訳/テルフォード・テイラー解説/成甲書房/1800円) 「第2章 闘争の必要性」の「輸出貿易は他国の近代化とともに消滅する」より: 「 特に今日にでは多くの者が、困窮と不安、飢えと悲惨から自分たちを救ってくれるものとして経済を考えている。確かに経済は、一定の条件下であれば、土地との関係から外れたところでの生存可能性を国民にあたえることができ... [続きを読む]

受信: 2007.04.22 16:09

» 長崎市長銃撃、2003年の石原慎太郎のテロ容認発言、そして、国民投票法の衆議院審議での与党のヤジと強行採決 [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
銃撃された伊藤一長長崎市長がお亡くなりになりました。 この暴力を糾弾し、このような暴力は容認する余地が全くないということを表明し、伊藤一長さんの冥福を心からお祈りいたします。 さて、このニュースを知った時に... [続きを読む]

受信: 2007.04.23 22:53

« 放送法改訂案 | トップページ | そこのけ そこのけ悪法が通る »