« 国民投票法案、衆院通過 | トップページ | 放送法改訂案 »

2007.04.15

諸行無常

〜〜散ればこそいとど桜はめでたけれ 憂き世になにか久しかるべき〜〜 
 
伊勢物語第八十二段、在原業平「世の中に絶えて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし」の返歌とされています。業平の歌はあまりに有名で意味は学校で習っていることと思います。
詠み人知らずの「散ればこそ、、、」の意味は、
「桜は惜しまれつつ散るからこそ素晴らしいのだ。この世に永遠に続くものなんてないのだから」というものです。

さてさて安倍さんもメールマガジンで桜と言えばこれかと想像したとおり本居宣長を引用されていました。
思わず苦笑。
苦笑ついでに、桜を見る会では芭蕉を披露なさったとか、、、
===さまざまのこと思い出す桜かな===

ううう〜〜〜〜ん。
似合わない。
この俳句に託した芭蕉の思いを感じるならば、
こんな俳句がこんな場所で出てくるか、、、と思うのですが、
まぁ、安倍さんも様々のことを思い出しているのでしょうか、、、ねぇ。
咲いた花なら散るのは覚悟、ということでも考えているのだろうか???

いずれにしても、
安倍さんのお好きな「美しい国」には似つかわしくないこの頃の国会模様。
美学に反するような強行採決、強行突破。
力が目立ちますねぇ。

散る桜、残る桜も散る桜。
安倍さん。
ご自分を権力の頂点に立っていると以前、国会答弁なさいましたが、
そんなもの、風の前の塵ですよ。
安倍さん。
諸行無常のこの世にあって、大切なことは「人を裏切らない」ことです。
これだけです。

あなたは桜を見て何を思い出されたか。
私はそんなアナタから、
やっぱり平家物語を連想するしかありませんでした。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
盛者必衰の理をあらはす。 おごれる人も久しからず、 唯春の夜の夢のごとし。


|

« 国民投票法案、衆院通過 | トップページ | 放送法改訂案 »

コメント

 相変わらず切れ味鋭いですね!
平家物語ですか…、そう願いたいですね。

投稿: hide | 2007.04.15 19:41

 「祇園精舎の鐘の声」あの有名な「平家物語」ですね。
 「ひで」さんの仰る通りです。
 安倍さんは温家宝首相のリップサービスで、悦に入っているようではいけません。
 中国とは様々な問題を抱えており、彼が遣るような庶民向けのパホーマンスに騙されてはいけません。
 言うべき事はちゃんという姿勢でもって、国益を考えて発言して欲しいものです。

投稿: hitoriyogari | 2007.04.16 17:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/14686696

この記事へのトラックバック一覧です: 諸行無常:

» 米国議会に、慰安婦問題はどう報告されたか [とむ丸の夢]
 数日前に、従軍慰安婦問題の背景に関する報告書が米国議会調査局から出されているのを知り、あわててこれを読んでみました。 この全23ページにわたる報告書については、特に元慰安婦の証言を否定したい人たちの間でちょっと... [続きを読む]

受信: 2007.04.15 21:20

» お玉は憲法のはなしを続ける。 [お玉おばさんでもわかる政治のお話]
お玉はアクセスと人気ブログランキングが上がると、憲法のことを書いてランクを下げてます・・右派系ブログでもそんなことを愚痴っていた方が以前おられましたが・・ お玉はそのためにブログやってるようなものですので・・ ここぞとばかり書いちゃうぞ(*^_^*) さて、よく...... [続きを読む]

受信: 2007.04.16 14:03

» 米国議会に慰安婦問題はどう報告されたか――【結論】部分全訳 [とむ丸の夢]
前エントリーでお知らせした米国議会調査局の「慰安婦システム」に関する報告書のうち、4ページにわたる【結論】部分の全訳を掲載します。 ちょっと長いですが、この報告書が下院議員に配布されて、審議の参考にされるので... [続きを読む]

受信: 2007.04.17 17:32

» 第二次世界大戦は「米英支配層とナチスドイツの合作」 [晴耕雨読]
日本という国家をある方向に誘導するためには、軍部がなくなった戦後、日銀・財務(大蔵)省・外務省・厚生労働(厚生)省・通産省とりわけ最初の三つを抑えればいいはずです。 80年代後半のバブル形成そして90年からのバブル崩壊は、日銀と大蔵省のペアだけで可能な仕掛けでした。 中央銀行である日銀は、単独で「デフレ不況」を解消する能力を持ってはいませんが、単独でバブルを形成し崩壊させる能力は持っています。 大蔵省は、財政政策や税制を通じて、バブルの形成や崩壊を加速させることができます。 バブル形成当時の日銀営... [続きを読む]

受信: 2007.04.17 19:13

« 国民投票法案、衆院通過 | トップページ | 放送法改訂案 »