« あとから来るもののために | トップページ | 今日から五月 »

2007.04.26

集団的自衛権解釈

安倍首相、憲法解釈変更の意向示す 集団的自衛権と言うニュース。
「私の方針は随時述べている。所掌の部署において、私の方針にのっとって整理研究等をしているのは当然ではないか」と述べる安倍さん。
私の美しい国をつくるために私の方針にのっとって意のままになる憲法を作ろうと躍起になっている安倍さん。
私の、、、
私の、、、
私の、、、
このどこにも国民はいない。
あるのは大企業とアメリカとアナタとアナタに関わる権力か???

「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」。
安全保障の拡大解釈、しかもそれはアメリカのための。
そしてアメリカへの手土産であることは一目瞭然の懇談会。
この5月18日に初会合を開き、今秋をめどに報告書をまとめる予定。
安倍さんの意向を踏まえ、これまでの政府の憲法解釈を見直し、海外での武力行使を可能とする集団的自衛権の行使に道を開懇談会。
研究対象となるのは、
(1)米国など日本以外の国に向かう可能性のあるミサイルの迎撃
(2)国連平和維持活動(PKO)で自衛隊と共に行動する外国部隊が攻撃された際の応戦
(3)公海上の米軍などの艦船が攻撃された場合の海上自衛隊による反撃—の四類型。

頭がクラクラします。
しかもこれがみんな自衛と言う言葉と、安全という言葉と新しい時代という言葉で覆われて登場するのです。
自衛。
安全。
新しい時代。
来る時代がミサイルや軍隊によって守られなければ安全ではないということか???
憲法9条を手放せば、
安全は軍しか守ってくれないということか???

政府自らが、
平和憲法が如何に平和を破壊し、
国民を守りきれないことを明らかにしてくれるようです。

私たちはミサイルや軍によって守れるよりは憲法によって平和を守ってもらいたい。
来るべき新しい時代がどんな時代なのか、、、
子どもらに何を残せるのか、、、
今、
しっかり、ゆっくりと考える時期だと強くつよく思います。
集団自衛権なんて国民は望んでもいない事を平気で強行しようとする安倍さんに「ちょっとまった」と言い続ける必要を感じています。


 

|

« あとから来るもののために | トップページ | 今日から五月 »

コメント

大事な問題ですが、また体の調子がよくありませんので、暫くお休みを頂きます。 頑張って下さいね。

投稿: hitoriyogari | 2007.04.27 16:34

あまりしたことのないTBなるものをやってみました。・・・これでいいんだろうか・・・・?

私も「ちょっとまった」を言い続けたいと思います。こんな歴史の逆行を絶対に日本国民は許さないと信じて!

投稿: pochi | 2007.04.28 11:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/14852483

この記事へのトラックバック一覧です: 集団的自衛権解釈:

» 敗北の翼 トロント映画祭 [とむ丸の夢]
朝のニュースから引用。 カナダのトロントでは、毎年、ドキュメンタリー作品の映画祭が開かれ、ことしは1700点余りの応募作品から選ばれた129点が11日間にわたって公開されています。 監督を務めた日系2世の森本... [続きを読む]

受信: 2007.04.26 17:23

» 美しい国の美しい政府って [遠方からの手紙]
 国外退去処分が確定した群馬県高崎市のイラン人、アミネ・カリルさん(43)一家は26日、ただひとり残留が認められた長女マリアムさん(18)を残し、イランに帰国する。マリアムさんは保育士になるという夢の実現に向けて短大に通い始めた。一家は25日、娘が暮ら...... [続きを読む]

受信: 2007.04.27 07:27

» 民主党候補についての誹謗中傷 組織的か  [とむ丸の夢]
都知事選と参院沖縄補選で、それぞれ8日と22日の投票日数日前から民主党や同党が支援した書き込みがインターネットの掲示板に、計延べ10万件が集中的に貼り付けられ、組織的に行われた可能性がある、と今日の朝刊に報道されて... [続きを読む]

受信: 2007.04.27 12:07

» 名家にあらざるなし [喜八ログ]
「名家にあらざるなし」という言葉は、ずいぶん前に「婆沙羅天明」という俳優さんから聞きました。どんな人でも「ご先祖様」を何代か(あるいはそれ以上)さかのぼれば必ず「名家」に行き当たる。だからすべての「家」は名家の末裔《まつえい》であり、すなわち名家なのだという意味だそうです。... [続きを読む]

受信: 2007.04.28 10:48

» 死へのリアルな想像力 [お玉おばさんでもわかる政治のお話]
安倍首相がブッシュさんに「憲法改正のお約束」というおみやげを持って会いに行きましたね・・改正さえできるなら従軍慰安婦のことも歴史認識のことも軽く謝ってしまえるんですね・・このお話だけで充分エントリーがかけると分かってますが・・今は書きたくもありません。も....... [続きを読む]

受信: 2007.04.28 20:10

» 牛肉が怖い。 アベ氏に戦略はあるのか [とむ丸の夢]
今、かなり真剣に、子供たちの食事を心配しています。 私たち夫婦は魚好きの夫と菜食好きの妻の組み合わせ。 美味しいものを食べるためには手間も暇も惜しくはないが、高いお金をかけるのは惜しい、という食い道楽の夫ゆえに... [続きを読む]

受信: 2007.04.29 01:16

» 「宗教選択の自由」を軍事力まで行使してもっとも厳しく制限している国家は米国です [晴耕雨読]
まず、自分のイスラムなどに対する見方を示します。 セム系の啓示(超越神)宗教であるユダヤ教(・キリスト教)・イスラムは、どれも商人の生活意識から生み出された宗教であると受けとめています。 自分の価値観に照らせば、そのなかではイスラムがもっともまともな宗教です。 (ただし、現在のイスラム諸国で現実化されているイスラムではあります) (神の絶対性と)人の能力的限界性を認め、家族を基礎とした共同体性を尊重するとともにムスリム同士の普遍的同胞性をうたい、富裕層が富の蓄財に走ることを諌め、利息の取得を禁止... [続きを読む]

受信: 2007.04.30 17:11

» アベ総理 岸信介 モラロジー研究所 [とむ丸の夢]
アベ内閣は重要政策と人気取り政策を使い分け、この二つは同時進行中。 昨年の防衛庁省昇格・教育基本法改悪に続いて、現在も憲法改悪の手続きを定める国民投票法案、教育関連法案、社会保険庁改革法案など、たてつづけに成立を強行... [続きを読む]

受信: 2007.05.01 09:09

» 改憲の動きも解釈改憲の動きも―「集団的自衛権」 [A PLACE IN THE SUN]
 ポチです。 仕事疲れか、頭痛がとまりません。「おまえ、脳腫瘍じゃなか?」などと [続きを読む]

受信: 2007.05.15 20:47

« あとから来るもののために | トップページ | 今日から五月 »