« 全国学力テスト実施前にあたり | トップページ | 遅くなりましたが、、、 »

2007.04.06

沖縄の窓から

教科書検定:沖縄での集団自決、「日本軍の強制」修正と言うニュース。今話題になっています。私もこのニュースが出たときから随分考え、またあちこちと情報を調べました。
以前、教科書検定についてはその歴史実態について記事にしました。私個人は今の検定のやり方には大いに疑問を持っています。検定教科書と言えばすぐ「歴史」を思いますが、理科も実は問題山積です。
今回の件も、まだ裁判中の事柄に対して文科省の一方的な判断にはちょっと首をかしげます。
妥当でない表現とするなら、もっと別の著し方でもよかったのではと率直に思います。
まぁ、それはそれとして、今回の集団自決についてこの問題を探る一つのアプローチとして「今、沖縄が直面している現状」に焦点をあてて今日は記事にします。
第二次大戦末期の沖縄戦後、米軍の直接支配におかれた沖縄はサンフランシスコ平和条約締結そして発効によって日本本土が「独立」した後も引き続きアメリカの施政下におかれました。
そして長い苦難の末、1972年、沖縄の人々の悲願のもと、沖縄は復帰しました。
しかし、沖縄は日米安保体制の矛盾、つまり米軍基地を集中して抱えることになります。
国土が0.6%の沖縄に在日米軍の基地や施設がなんと75%も集中。
当然、復帰後の沖縄に米軍や軍事優先の問題が出てきます。
在日米軍の地位と訓練など様々な活動を保障する日米地位協定、そしてこれに関する特別法や特例法。
これらの法律はすべて沖縄県民よりも米軍、軍事優先で一貫しています。こうした中、米軍の犯罪は枚挙にいとまがありません。
日米地位協定は「運用改善」によってこうした犯罪に対処しようとしていますが、追いつかないくらい「問題」アリが実態です。抜本的解決をはからず対処療法ではさらに問題が深まる事を改めて考えさせられたのは2004年8月13日の沖縄国際大学構内の米軍ヘリコプター墜落事故です。
これに関しては私も当時、すぐに記事にしました。
当時、総理だった小泉さんの「夏休み」を思い出します、、、
地域の住民の安全確保よりも最優先したのが米軍の機密保持でした。日米地位協定第17条6項によれば「犯罪についてはその証拠を提出」しなければならないという「相互援助規定」があるのですが、アメリカはこれに違反。我が国の権利が制約されるその理由とされるのは日米合同委員会合意議事録第17条10項、また刑事特別法により米軍の財産についての規定です。
つくづく沖縄の方々のご苦労を思います。
が、
これは日本中がアメリカに強いられているのです。
ちょっと軍事路線一直線の歩みを見ましょう。
1995年「日米安保の再定義」。
1999年「周辺事態法」。
2003年「武力攻撃事態法」。
またその合間にイラク問題にからませて、
2001年「テロ対策特措法」。
2003年「イラク特措法」。
そして防衛省誕生。
自衛隊は海外で米軍と共に軍隊として活動する事さえ可能になっています。
こんな中、「在日米軍再編」問題で沖縄の基地負担は軽減されるどころか新たな問題が浮上。
普天間基地は移転されると言うが実は新しい基地の建設につながり、沖縄が「要塞化」されると言う構想も明らかになりました。
(普天間基地、那覇港湾施設、牧港補給地区などの機能を集約)
環境を破壊し住民の生命を危険にさらす事は当然、住民の反対にあいます。そこで新たな特措法を作る事になりそうな現状。
ここでも何回も書いてきたように、
独立国(たぶん)で他国の基地がこんなにあるのは日本だけです。
しかもその基地の為に莫大な税金を使っていることは何回も書きました。
アメリカは今や堂々と日本をアメリカの世界戦略の前線基地と位置づけています(再編実施のための日米ロードマップより)。
沖縄を手始めに「全土基地方式」が進んでいると言っても過言ではありません。
1994年、米軍の「対日支援要求」。
成田などの空港使用や松山などの港使用、施設、通信使用など日本のあらゆる機関が米軍支援のために国民より優先される事態が現実のものになるかもしれません。
あの日米安保条約でさえ第6条「極東条約」があったのに今やそれさえ議論の対象にもならないくらい日米間の
軍事関係は進んでいます。
極めつけの先には「憲法9条を変える事」に行き着くのは当然と言えば当然です。
私はつい先日あるブログで「憲法9条に関しても、これを守りさえすれば世界平和が実現すると考えるのは左翼の勘違いではないかと感じている。これは世界平和に貢献したというよりも、日本がアメリカの戦争に巻き込まれることを阻止するのに役立ったという内政的な面を評価したほうがいいのではないかと思う。改めてどこかで考えてみたいと思う。」と言う記事を見ました。
ブログマスターの意図はどこにあるのか分かりませんが、
憲法9条がアメリカの戦争に巻き込まれる事を阻止したのは確かです。
だからこそ、憲法9条は今なお守らなければならないのです!!!
これは最低限のルールなのです。
憲法9条さえあれば世界平和に貢献しているなんておめでたい事は誰も思っていません。
憲法9条が脅かされたら世界平和は崩れていくという危機感はあります。
そして平和を望むもの、憲法を守ろうとする者に簡単な「サヨク」だのと言うレッテル貼りには非常な違和感を感じます。


と、いうことで今沖縄が抱える問題を探っていく事は、じつは日本全体が向き合わなけばならない問題であることを述べました。
この問題、今後も拘っていきたいものです。

以前の沖縄関係、軍事関係の記事を掲載しておきます。
お時間がおありでしたら、またご覧ください。
日本の海は、空は、 誰のもの?
笑う者は誰か
守るべきものは誰か?
53年目の沖縄
軍事費予算

|

« 全国学力テスト実施前にあたり | トップページ | 遅くなりましたが、、、 »

コメント

 「日本軍の強制を修正」については、私も報道を読んで「またか」と憤慨している一人です。
 所謂「従軍慰安婦」の強制にしても河野談話を踏襲すると言っておきながら、「強制」はなかったと要らぬ事を口走ってみたり、安倍ソウリの言動は一貫して居りません。
 歴史は大変大事なものですから、そうそう変えて貰っては困りますよね。
 この問題は今後も注視していきましょう。

投稿: hitoriyogari | 2007.04.06 17:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/14575844

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄の窓から:

» 落選運動! 東京都知事選から全国の政治を変える!  [とむ丸の夢]
東京の都知事選の投票が8日にせまっています。  2期におよんだ高齢の石原知事による都政をこの機会に転換させるべく、皆様にこの記事の転送、ブログ転載をお願いしたいのです。落選運動です。  石原知事の都政は、ディ... [続きを読む]

受信: 2007.04.06 10:44

» 時は満ちました。 今こそチャンスです。 [ブログ blog で 情報交換]
憲法という国の基本法があるのに、それを蔑ろにして、住民・国民生活をイタメつけて来 [続きを読む]

受信: 2007.04.06 14:25

» 演繹的論理主義についての感想 [遠方からの手紙]
 中村礼冶さんの「ニュース逆さ読み」というブログにこんなことが書いてあった。 どちらもどうということのない身の回りの断片が綴られている。今から40年ほど前にさんざん読まされ、私自身も書いたことのあるビラではおよそ考えられない書き方だ。当時のビラは世界情...... [続きを読む]

受信: 2007.04.06 16:32

» 「ATM強盗 現金取れず放置」ってどーゆーこと? [晴耕雨読]
こんな記事を発見。---------------------------------------------ATM盗、現金取れず放置?=3500万円入ったまま���群馬 30日午前2時10分ごろ、群馬県渋川市北橘町真壁の渋川市役所北橘総合支所敷地内に設置された群馬銀行の現金自動預払機(ATM)の警備装置が... [続きを読む]

受信: 2007.04.06 18:38

» まだすべてではない [そいつは帽子だ!]
思い浮かべてみましょう あなたの大事な人のことを あの人はまだこの映画のチケットが ろくでもないものだと気付いていない じっくり考えてみてください あなたの周囲に そういう方が 必ずいらっしゃる ... [続きを読む]

受信: 2007.04.06 19:30

» 国際金融家(寄生者)には読んで欲しくないが:「近代」日本と今後の世界 上 [晴耕雨読]
あまり寄生者を利することを書きたくないという思いもありますが、彼らのほうがずっとエグイのでとっくに承知と割り切って書きます。 >インド人は世の中が良く分かっていたようです。  リカードなんかクソ食らえでしょう。  日本人はどうなのか。  手首を切る必要はありません。  おとなしく首を切られてます。  奇怪なことではありませんか? アジアで唯一「近代主義大国」になったことが、日本をリカード側に立たせてしまいました。 すなわち、外見的には手首を切る側に立ったということです。 明治維新期は、米国で南... [続きを読む]

受信: 2007.04.06 19:35

» 新植民地主義と国家の民営化 ワーキングプアにもなれない人たち [とむ丸の夢]
 久しぶりに、大阪の知人からの電話。ひと通りの挨拶を互いに終えると、さっそく本題に。 そこで知ったのが、世に言われるワーキングプワにも手の届かない人たちの話でした。 登場してくるのは私の子どもたちと同じ年頃、30歳... [続きを読む]

受信: 2007.04.07 17:26

» 「まだすべてではない」 (ごんさんのエントリーに心を打たれて) [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
「そいつは帽子だ!」さんのエントリー 2007年04月06日 「まだすべてではない」 をまだお読みでなければぜひどうぞ これからの四年を不安に思う東京都民のみなさんは特に これからの四年を不安に思う東京都民を... [続きを読む]

受信: 2007.04.07 17:58

» 石原批判に言論弾圧!! 「A [アッテンボローの雑記帳]
 昨日ミクシーの友人の日記で「AU大阪」と言う反戦運動をしている団体が、石原慎太 [続きを読む]

受信: 2007.04.07 23:36

» 【都知事選】統一地方選の前半戦の結果にみられる地方政界の「二大政党化」現象の深化、共産・社民の衰退。左派は現実を直視し、「頭を使う」べし!!! [ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)]
昨日に投開票が行われた東京都知事選挙は、既に報道されているように石原慎太郎候補(自民党支持)が280万票近くを獲得し、三選を決めました。対する浅野史郎候補(民主党・社民党支持)は約169万票、吉田万三候補(共産党推薦)は約63万票。「反石原」陣営は石原氏の「圧....... [続きを読む]

受信: 2007.04.09 09:11

» 最低の学力 [ブログ blog で 情報交換]
東京大学社会科学研究所の佐藤博教授グループが「高校生の労働者の権利理解度」の調査 [続きを読む]

受信: 2007.04.09 16:14

» 「財政破綻」を持ち出す「反新自由主義」者は短慮であり“犯罪者”である。 上 [晴耕雨読]
世の中は面白いもので、知識や情報を得た人たちのある部分は、その能力を活かすのではなく逆行してしまい、現実の真相から遠ざかり現実の表層にこだわって物事を判断しているように思える。 その典型が、「反小泉」や「反新自由主義・反市場原理主義」の立場でありながら「財政破綻」と政策判断を結びつける人たちである。 財務省官僚を筆頭に優良企業の経営者や金融資産保有者そして「新自由主義・市場原理主義」信奉者が「財政破綻」と政策判断を結びつけることに異論はない。 なぜなら、それが彼らにそれなりの“短期”的利益をもた... [続きを読む]

受信: 2007.04.09 18:39

» 民主政治には時間とエネルギーが必要 [ブログ blog で 情報交換]
今回の統一地方選の本質は、住民・主権者が、憲法を活かして、彼らの生活、自由・権利 [続きを読む]

受信: 2007.04.10 11:52

» ランキングも上がったことですし〜 [お玉おばさんでもわかる政治のお話]
おお!!2週間で総合ランキングが500位も上昇!一気に旅行前の順位にもどったわ。みんなありがと!! 遊びに来る人が増えて、ポチ数もふえ、ランキングも上がってますし・・せっかくなので、こういうときを狙っていつものように憲法のお話を書いておきます。 本当は護憲改....... [続きを読む]

受信: 2007.04.10 15:08

» 【都知事選・統一地方選】日本共産党の議席数の推移から読み取れる「格差社会」状況の深化 [ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)]
先日、私はこのブログにて「統一地方選の前半戦の結果にみられる地方政界の『二大政党化』現象の深化、共産・社民の衰退」を指摘しましたが、日本共産党・吉田万三氏への支持を表明されているブログ「アフガン・イラク・北朝鮮と日本」さんが私の指摘への異論を提起されてい....... [続きを読む]

受信: 2007.04.11 07:50

» 海上自衛隊のCM、やばい [お玉おばさんでもわかる政治のお話]
   まずはお知らせです!!えっと本日更新予定(お昼頃かな?)のマガジン9条の新コーナー「ブロガーズ レポート」にお玉が先日訪れたカンボジアのお話が掲載されます。良かったら読んでね。 ここをクリック↓ さt、お玉は以前、オーストラリアで軍の勧誘用....... [続きを読む]

受信: 2007.04.11 10:14

» 人民の人民による人民のための政治 [とむ丸の夢]
government of the people, by the people, and for the people 人民の人民による人民のための政治。 民主主義の神髄を語るものとして有名なリンカーンの言葉です。 以前から、この「人民の」政治とはどんな政治か? と疑... [続きを読む]

受信: 2007.04.11 13:24

« 全国学力テスト実施前にあたり | トップページ | 遅くなりましたが、、、 »