« 米兵問題 | トップページ | 改憲法案 通していいのか »

2007.05.09

笑う大学を観て

WOWOWでこの連休中に三谷さんの笑いの大学スペシャルがありました。
ご覧になった方も多いと思います。
私もビデオに撮って、
先日、映画版の方を見ました(舞台版はまだ観ていません)。

「笑いの大学」

あらすじは、
===戦時体制が強まり、庶民の娯楽すらも制限され始めた時代。腹の底から笑ったことがないという厳格な検閲官は、目を通す芝居の台本のことごとくに容赦ない上演不許可の判を押し続けていた。 ある時、そんな彼のもとに新作台本が持ち込まれる。台本を読み終えた検閲官は、神妙な面持ちの作家を前に、「このままでは上演不許可だ」と言い渡した。だが初日の迫った公演を中止するわけにいかない作家は、何度でも書き直すと食い下がる。そのときから、台本から一切の笑いを排除しようとする検閲官となんとしてでも笑いを忍ばせようとする作家の静かな戦いが始まった…。(WOWOWの公式サイトより)===


まず検閲官の役をした役所広司さん、脚本家の役を演じた稲垣吾郎さんの素晴らしい演技にいつのまにか私も映画の中の登場人物になっていました。
舞台になる警視庁のとある一部屋は、私がまだ幼かった時、町にあった公民館と同じような(つまりその時代、どこにでもあった建物)高い窓にクリーム色と茶色の二色で塗り分けられた壁。
懐かしいです。
さて、テーマは言論統制、しかもそれは民衆のエネルギーである「笑い」についてです。
内容を余り書くとネタバレになるので、
ここまでにしておきますが、
それにしても、ラストシーンはジィ===ンときました。
如何に戦争が文化を摘み取っていくものか、と思いました。


さて、タイトルの「笑いの大学」から容易に連想できる本として飯沢匡の「武器としての笑い」があります。
私も早速、本棚から取り出して読み直しました。
まぁ、この本、タイトルから想像するほど面白い内容のものではありません。
飯沢さんは、本を書くより舞台がいい。
そう言えば笑いの大学の脚本家の三谷さんもWOWOWで今回のスペシャルについて語っていたのですが、
それを見ながら私は「三谷さんって、こんなに素敵な脚本を書くのに、話すことはなにやら普通」と思いました。
そこでハタと思ったのです。
「それでいいのだ」と。
三谷さんも飯沢さんも脚本家なのです。
舞台をみれば十分、彼らの伝えたいことが伝わるのです。
さらに、それを本人に説明なんてさせる必要はないのです。

音楽家は音楽で。
画家は絵で。
作家は小説で。
自分を表現すればいいのです。
そこから何かを感じるのは、
その人、それぞれなのだから、、、

自分を表現する手段は、一体なにか?
そんなことを自問自答したものです。

舞台版、笑う大学を観たら、また感想を改めて書きます。

|

« 米兵問題 | トップページ | 改憲法案 通していいのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/15011006

この記事へのトラックバック一覧です: 笑う大学を観て:

» 年金リフォームの嘘 [とむ丸の夢]
連休が明け、社会保険庁リフォーム関連法案が審議入りしました。 年金リフォーム法案は2004年2月に2月に国会に提出され、5月衆議院通過、6月に参議院で可決されて成立しました。 この時7月の参院選を控えて○○学会員が... [続きを読む]

受信: 2007.05.09 19:49

» 「民主政」確立に共通する面白さは、被支配的庶民を戦争に動員しなければならないときだったということ [晴耕雨読]
>ただフランス革命及びそれに付随した民主主義に関して言うと、前近代(自然秩序)に対する近代(啓蒙思想)の勝利という見方がありますよね。 それは確かにその通りだと思うのですが、それに参加もしくは支持をした大勢の一般庶民には「自らの暮らしを守るために圧政者(注)を倒す!」という現実認識があったのだと思います(その認識の正否は置くとしてですが)。 啓蒙思想が“生の自然”を捨象し抽象的な観念世界に人々を取り込もうとするものであったとしても、前近代が自然秩序だったとは思っていません。 (啓蒙思想は、生きる活... [続きを読む]

受信: 2007.05.09 20:56

» 「9条を語れ」 何のための、誰のための改憲か [とむ丸の夢]
大津留公彦さんのところで、You Tubeにアップされたクローズアップ現代「9条を語れ 平和は今」を見ました。 見逃していたので、大津留さんに感謝!  それにしても経済活動を支えるために自衛隊を海外に派遣すべきだ、と... [続きを読む]

受信: 2007.05.10 19:52

» 先日のNHK「クローズアップ現代」見逃した方へ [お玉おばさんでもわかる政治のお話]
国民投票法案、11日に採決 14日成立へ  という大事な話が本当はあるんです!!なのでここの記事にじゃんじゃんTB下さいお玉経由で大事なお話読んでね。 ああコギトさんの悲鳴が聞こえる〜〜〜 〜〜〜〜〜〜〜〜〜 5月7日のNHKクローズアップ現代「9条を語れ 憲法....... [続きを読む]

受信: 2007.05.11 15:19

» 「辺野古の闘い」…市民運動阻止のため自衛隊投入!!? [dr.stoneflyの戯れ言]
 昨夜MLで下のセンテンスが届き、ぶったまげた。をれは、  夏芽さんから「自衛隊と闘わなければならなくなった」と電話がありました。 という内容。  え、どういう意味やねん……、拙ブログ「辺野古の闘い再び」にも追記したのだが、意味不明だ。信じられないニュースのため新たにエントリーする。... [続きを読む]

受信: 2007.05.11 18:08

» 赤ちゃんと平和 [喜八ログ]
先ごろ雨が降った日の夕方、混み合ったバスに乗っていると・・・。小さなお子さん2人を連れたお母さんが、途中のバス停で乗車してきました。下の子はまだ1歳くらいの乳幼児です。そして、この子がわんわん泣いているのです。「うるさいガキだな~」、すぐ近くにいた私(喜八)は思わずイライラッとしました。けれども、あることに気づき、そのイライラは一瞬にして雲散霧消しました。その「あること」とは何か? ... [続きを読む]

受信: 2007.05.11 20:35

« 米兵問題 | トップページ | 改憲法案 通していいのか »