« 基地調査に自衛隊? | トップページ | 突貫内閣 »

2007.05.22

ククーシュカ ラップランドの妖精 を観て

ククーシュカ ラップランドの妖精と言う映画、ご存知ですか?
実は私は知りませんでした。
先日、友人と観に行って来ました。

とても素敵な映画でした。
あらすじは公式サイトなどに出ていますので、ネタバレにならない程度にここにも書きます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
第二次世界大戦末期、スカンジナビア最北の地、ラップランドではロシア軍、ドイツ軍、そしてドイツと同盟を結んでいたフィンランド軍が戦っていた。フィンランド軍の狙撃兵ヴェイッコは、非戦闘的な態度に怒った戦友らから罰としてドイツの軍服を着せられた上、鎖で大岩に繋がれたまま置き去りにされる。その頃、ロシア軍大尉イワンは軍法会議にかけられるため車で護送中、味方の戦闘機に誤爆されてしまう。命を落としかけた敵味方ふたりの兵士を救ったのは、その地でひとり暮らす女性アンニだった。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
と、言うことで言葉の通じない三人が繰り広げる奇妙な生活がラップランドの自然を背景に展開されます。
さて、この映画のテーマ、
私はズバリ「生き抜く」ことと見ました。
フィンランド軍の狙撃兵ヴェイッコは鎖に繋がれ置き去りにされるのですが、
彼は鎖を引き裂くためにあらゆる努力をします。
メガネのレンズ外して組み合わせる。そのなかに水を入れて凸レンズをつくる。
木を集めレンズで太陽光を集め火を燃やす。岩に打ち込まれた金杭の上で小枝を燃やす。水をかける。繰り返す。
何度も何度も繰り返す。
鎖で繋がれた彼の姿が大きく夕日に映る。
次の日、また同じことを繰り返す。
さらに今度はライフルの薬莢だろうか、それを集め、小さな爆発を試みる。
試みる、、、、
その目からは絶望は感じられない。
ひたすら杭を外すことのみに徹する姿からは「いきぬくこと」のメッセジー以外伝わらない。
そして、
遂にその思いは通じ杭は外れる。
生き抜くことへの第一関門を彼は通り抜けたのです。

ラップランドの女性、アンニの生き様は美しい。
自然に抱かれ、自然に逆らわず、
が、したたかに生きるアンニ。
自然人とは死にも生にも敬虔なのだと思わせる「確かさ」がありました。
死に行こうとする魂を呼ぶ寄せる術。
原始的で呪術なのだが力強い。
ラップランドの人々の魂の考え方がよく現れていました。


ロシアのイワン。
彼もまた戦争に翻弄され、人を疑うことが身に浸みていたそれまでの生活。
やがて大地に足をつけて、自分が「ここに生きる」ということを学んで行く姿からは、
人への信頼とは言葉ではない、宗教ではない、「心」なのだという当たり前のことが伝わってきます。

時々に映される背景のラップランド。
山と森と湖。
深い色をした自然の中にあって、
さらに深い人の情がとても嬉しい。
生きることの原点を問うこの映画からは、戦争がもたらす不幸と終わった喜びも伝わってきました。
もの悲しくも美しいラストシーンは、
未来への躍動でもありました。

淡々とした流れと押しつけがましくない展開に、
終わった後はミントのような清々しい気分に満たされました。
本当に素敵な映画でした。
まだ観ていない方は是非、ご覧になることをお勧めします。

|

« 基地調査に自衛隊? | トップページ | 突貫内閣 »

コメント

なんかよさそうな映画ですね。
機会あれば見てみようと思います。

もしよければこんなのは?
「友情」   フレッド ウルマン

舞台は第二次世界大戦前のドイツ
ユダヤ人のハンスは、学校でコンラディン(名門のドイツ人)と出会い強い友情で結ばれるようになります。学校は平穏でした。
 
ナチスが勢力の伸ばしてきました。ハンスの父は母国はドイツという意識でドイツのためにがんばろうという人でした。(当時ドイツは大変な状況でした)
良識あるドイツ人はナチスを選ばない。私はイスラエルには参加しない。という考えでした。 (何らかの形でユダヤ人の多くは参加
しららしい)
 
ナチスが政権をとり、学校は変わりました。歴史はドイツ人の優秀さ、ユダヤを悪くする授業にかわりました。イジメが公然とおこなわれるようになりました。
 
 ハンスはアメリカに行く事になりました。友情は終わってしまいました。両親は自殺に追い込まれました。

時がたち、コンラディンがナチスに怒り、ある事をしていた事を知りました。
(ネタバレになるんでここは内緒)

以上あらすじです。
気が向いてどこかで見かけたらどうぞ。

投稿: あゆ | 2007.05.24 20:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/15165403

この記事へのトラックバック一覧です: ククーシュカ ラップランドの妖精 を観て:

» サマータイムなんて、冗談じゃない! [とむ丸の夢]
忙しさに新聞もゆっくり読めないこの頃、ふと目にしたテレビで御手洗経団連会長が画面に映っていました。何事か、と思ったら、「サマータイムを導入してくれ」と言っていたようです。 昨日21日の、経団連「自民党と政策を語... [続きを読む]

受信: 2007.05.22 20:58

» 鉄筋が打ち込まれて行くサンゴ礁が無残 [ブログ blog で 情報交換]
沖縄の美しい海、豊かなサンゴやジュゴン、そして沖縄の人たの平和と充実した生活を最 [続きを読む]

受信: 2007.05.23 21:07

» 大阪市健康保険組合解散 [医療制度改革批判と社会保障と憲法]
大阪市健康保険組合解散5月23日の日本経済新聞朝刊第一面に、地方公務員健保の本人負担 12組合「5割未満」 公費での優遇 今年度も継続 という見出しで、地方公務員の健康保険組合の本人負担割合が、5割に達していない12組合をあげ、その負担割合が示されていました。その優遇批判の根拠は、地方公務員等共済組合法で、労使折半とされているにもかかわらず、50%を超える公費での優遇が残っているとしています。名指しされている公務員健保は、健康保険組合であり、1962年(昭和37年... [続きを読む]

受信: 2007.05.24 02:46

» 世界経済支配層(国際金融家)が「社会主義(産業国有化)政策」に向かうわけ [晴耕雨読]
関連記事:『ほとんどの政治勢力は代理人ではないとしても世界権力の補完物』 あっしら:「それどころか、産業資本制近代が終焉を迎えようとしている今、国際金融家が、社会主義化(産業国有化)を通じて産業資本と労働者の対立を解消する政策を打ち出すはずですが、それの意味するところも理解できず、当然のことながら対抗することもできません。」 シジミさん:「再び社会主義化(産業国有化)の時代が訪れるとお考えなのでしょうか?」 シジミさん:「何故、そのような政策をとるようになるとお考えですか?」 まず、「近代... [続きを読む]

受信: 2007.05.24 17:00

» 「ヤスは歴代最高の首相」 [喜八ログ]
ロンさんによるとヤスさんは「歴代最高の日本の首相」らしいのですが・・・、これってホントでしょうか? 中曽根政権を同時代に経験した民草《たみくさ》の1人として言わせていただければ、どう考えても「歴代最高」という気はしませんね。... [続きを読む]

受信: 2007.05.24 20:43

» 政治屋再生(井戸端?)会議(2) [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
玲奈「みんな、ご飯食べた?では、さっそく第一回の会議の続きを始めましょう。」 シロ「まず、質問主意書のことから話すニャン。」 ムル「おいらたちがぐずぐずしているうちに、天木直人さんが質問主意書新党のことを具体... [続きを読む]

受信: 2007.05.26 22:36

» とくらたかこさん徳山駅前事務所開設! [喜八ログ]
今日(2007-05-27)、民主党公認候補・戸倉多香子(とくらたかこ)さんの山口県徳山駅前事務所が開設されます。オープニングは午後01時30分だそうです(雨天決行)。 [続きを読む]

受信: 2007.05.27 12:26

» グローバリズム(新自由主義)か、国民経済主義か [晴耕雨読]
>日本経済の供給力や貿易黒字の問題ですが、産業の空洞化にともない、供給力や貿易黒字が減少化するのは、避けられないのではないでしょうか? 個別企業(経済主体)の利潤獲得活動を称揚する自由主義経済価値観が多数派で国策もそれを基礎にするものである限り、避けられないと考えています。 それどころか、自由主義経済価値観を基礎にした国家社会の運営は、産業の空洞化すなわち供給力や貿易収支黒字の減少を加速化します。 この間の日本経済のようにGDPが縮小する状況が続けば、個別企業(経済主体)は、自分のところの利潤... [続きを読む]

受信: 2007.05.29 12:42

» サンタクロースが住むラップランド [森と湖の国フィンランド]
ラップランドについてまとめてみました。 [続きを読む]

受信: 2007.10.05 15:55

« 基地調査に自衛隊? | トップページ | 突貫内閣 »