« 雨の夏至 | トップページ | オオカミとサギ »

2007.06.22

呆れた○○

「君子は、何事に臨んでも、
 それが道理に合っているか否かと考えて、
 その上で行動する。
 小人は、何事に臨んでも、
 それが利益になるか否かと考えて、
 その上で行動する」
  吉田松陰より

今、テレビ・マスコミの話題はミンチ偽装問題
日替わりメニューのように目まぐるしく変わるニュースの話題。
昨日はコムスン、今日ミンチ、そして明日は???

耐震偽装が遠い昔のような錯覚を覚えるくらいアレコレと闇に蠢いている者達が、
少しづつ陽が当たりだし、あぶり出されて来ました。
尤も、それとて氷山の一角で、本当の巨悪は自分の大きさで影を作り出すから、
おいそれとは形を出さないのでしょうが、、、

それにしても、
あぶり出されて来る者達は、
矢張り、と思うほど卑小です。
松蔭述べるところの「小人」を地でいっているようです。
===
小人は、何事に臨んでも、
それが利益になるか否かと考えて、その上で行動する
===
記者会見なるものを見るにつけ、納得。

時に我が総理。
同郷の士ということで、何かと松陰先生を引用されていましたが、
この頃は、そんな余裕も無いのか、松陰先生も引っ張り出されませんね〜〜〜
よかったね。松陰先生。
そりゃ、松陰先生としてもこんな呆れた自民党の総理から引用されれば片腹痛しというものでしょう。
なお、片腹痛しとは「傍ら痛し」の文語読み「かたはらいたし」を、「かたわら」ではなく「かたはら(片腹)」と読んだことからできた新しい言葉です。傍ら痛しが、「(そばにいて)いたたまれない。気の毒だ」という意味であるのに対し、片腹痛しは専ら「ちゃんちゃらおかしい」「笑止千万だ」を表すそうです。ここでも松陰先生は「ちゃんちゃらおかしい」と草葉の影で笑っているのでは、という意です。
さてさてもう一つ松陰先生の真骨頂をご紹介します。
〜〜〜〜〜〜〜
「人が横逆をし向けてくれば、
 みずからのうちに、
 不仁無礼のところはないかと反省し、
 反省して無く、しかもなお
 横逆をしむけて来るならば、
 さらにみずからのうちに
 不忠のところはないかと反省する」
〜〜〜〜〜〜〜〜

横逆がたとえその身になくても、
自らを反省し、反省し、省みてそしてそこから凛と立居住まいを正すことをよってたつものとした松陰先生にとっては、上のような「呆れた」自民党の文章は唾棄すべきものではと推察します。
まぁ、松陰先生ならぬ凡人の私は、唾棄するよりは大いに自民党の横逆の本質を突っ込みまくりたいところですが、
読み返す度に、その品のなさに、こちらが赤面します。
ねぇねぇ、作った人ってマジ???
と、自問自答。
度し難し、ということか。
なんというのか、貧弱なんですよね。人への捉まえかたが。
「国民はこれくらい書けば騙されるだろう」という思いがプンプンと臭ってくるのです。
誠実ではないのです。

最後の呆れた一文、極めつけの一文。
思わず笑いました。
「みなさん。怒ってください。その怒りを自由民主党は糧とします。そして、敢然と戦います」
だって====さぁ。
〜〜されど、誰一人、握りしめたる 拳 こぶし に 卓 たく をたたきて、 'V NAROD !'(ヴナロード)と叫び出づるものなし。〜〜
さしずめ啄木の胸中???自民党のこのアジテーションを書いた方は???
やれやれ。

と、言うことで凡人である私は、
欲にからんだ偽装屋さんや、政治屋さんをしっかりと見抜く目を持ちたいものです。
そうそう、松陰先生も人を見る目の大切さを今に伝えています。
もうすぐ参議院選挙。
よくよく心せねば。

|

« 雨の夏至 | トップページ | オオカミとサギ »

コメント

あの呆れたビラを作ったのは、片山さつき議員のようですね。
わずか10年前のことについてすら、自分たちの責任を認めようとしないのですから、戦争責任から目をそらし続けているのも当然と言えば当然なのでしょう。

投稿: かつ | 2007.06.22 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/15519921

この記事へのトラックバック一覧です: 呆れた○○:

» 「疑似公務員制度」という人的資源の「新旧勘定分離」について [晴耕雨読]
>>「ブラックボックス」がきちんと作動しない根源的要因は、利潤獲得が経済活動の目的であることと通貨が銀行制度を通じて供給されていることだと考えています。 >ここまで言い切ってしまうと、既に「世界同時革命」が必要という結論に至るので、利潤獲得と銀行制度を是認する議論を想定しています。おっしゃる意味は、これまでのあっしらさんの投稿で分かっているつもりです(異論もありますが)。 私的所有や所得格差は認めた上での利潤獲得と銀行制度に対する否定は、「世界同時革命」は必要ないと考えています。(銀行制度の... [続きを読む]

受信: 2007.06.22 19:50

» 反安倍の追い風は吹き始めた。 [平和のために小さな声を集めよう]
(参院選は夏休み。期日前投票が簡単に。出かける人もまず投票!) このブログを運営していて、毎日、アクセス数のチェックをしている。また、どこを経由して訪問してくださるのか?検索エンジンを使って来られる方はいるのか?などもチェックできるので、見ている。 一..... [続きを読む]

受信: 2007.06.23 03:29

» 外交の嘘 二枚舌 [とむ丸の夢]
人気blogランキングへ  参院選まで頑張ろう、と思っています。                     ご協力をお願いいたします。                     ありがとうございます。 m... [続きを読む]

受信: 2007.06.23 13:26

» blogランキングに参加します [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
このところ、アクセス数、コメントが増え、今まで私が知らなかったブログからもトラックバックをいただくようになりました。また、アクセス解析の検索キーワードを見ると、「村野瀬」とか「村野瀬玲奈」とか「秘書課村野瀬... [続きを読む]

受信: 2007.06.23 22:19

» 暗いトンネルには必ず明るい出口 [ブログ blog で 情報交換]
自民党、公明党が「100年安心年金」制を構築したと胸をはったのもつかの間、今、日 [続きを読む]

受信: 2007.06.26 16:00

» 年金、怒り続く92% [ブログ blog で 情報交換]
朝日新聞が23、24日に行った世論調査で、年金記録問題への怒りが「まだ続いている [続きを読む]

受信: 2007.06.29 20:29

« 雨の夏至 | トップページ | オオカミとサギ »